2021年01月06日

コナ・スノー

コーヒーチェリーが赤く色づきマウナケアの山頂に初雪が舞う頃、ハワイ島は秋から冬へと向かっていく。

春になり高原のワイメアでは甘いイチゴが実り、夏にはジャングルのプナでマンゴーが旬を迎え、ホワイトパイナップルを堪能し、香しいコーヒーの実りの秋が過ぎる。

やがて海辺でクジラの姿を頻繁に見かけるようになり、また冬が巡る。

その後フアラライ山に「雪景色」が現れる。季節は春、ちょうど日本では桜が開花する頃、島にコーヒーの花々が咲く。

真白いコナ・スノー(コナの雪)。限られたわずかなとき、二つの花はこの上なく美しく咲き誇り、そして散っていく。


厳冬あるいは酷暑の夏、ハワイへ出かけるときは特に心が踊る。

きっとあんなにも年中快適な場所はなかなか無いだろう。

同じ米国の西海岸LA辺りでも、ハワイ同様ビーチがあり椰子の木が生え、多分に温暖なイメージがある。しかし冬ともなればそこそこに寒い。ビーサンにショートパンツでその辺フラフラとはとてもいかない。

また同じ西海岸でも北部のサンフランシスコだと、元々が夏であってもかなり寒い。インディアン・サマーと呼ばれる暑い一週間を除けば年中秋のような気候なのだ。


それらに比べたとえ真夏でも、ハワイとは実に快適な場所だ。

貿易風のお陰だろうか?暑さの中に涼しさをも同時に感じられるのだ。たとえばかき混ぜていない風呂の中、熱い湯と冷たい水が同時に当たる感触に少し似ている。真夏にビルの中からのエアコンの冷気が一筋肌に触れる、たとえばそういう感覚が自然の中にあるのだ。



日本とは全然違う気候の外国に出かけて行くと、普段できない服の着方を楽しめたりする。

たとえば先ほどのサンフランシスコでは、Tシャツに厚手の革ジャンを一枚羽織ってみる。日本でだと蒸れるか、はたまた寒いか、奇跡的な数日間以外かなり難しいものがあるだろうが、ここではしっくりと馴染む。

このサンフランシスコは、全米の住みたい街ランキングで常時トップ5に入る人気の都市として知られている。

しかし繰り返すが、ここは涼しく寒いところだ。真夏でも上着は必須、もちろんビーチでは裸では泳げず、しかも水温も低いのでウエットスーツがないととても海に入ることなどできない。

今この街はNYを抜き全米一家賃の高い都市となっている。

古くは西部劇の時代、ゴールドラッシュの街として知られ、現在もそんな時代のロココ調やビクトリア風の建築物が存在している。(エレベーターは重い格子扉との手動式の二重扉になっており、デジタルではなく針で階数を示すアレが付いている。各部屋には暖炉の他に温水給湯のパイプが張り巡らされていて、高温となりカンカンけたたましく鳴り響くあの街ならではの朝の日常がある)あと、坂道だらけの街であったからこそ誕生したケーブルカーや、きっとそれと同じ理由で生まれたのだろうマウンテンバイクの発祥地としても有名だ。フォーティナイナーの時代にはブルージーンがここで産声をあげ、その時代に莫大な財を成したスタンフォード氏が創設したパロアルトの大学出身者たちの手により、今のシリコンバレーは飛躍的に発展し、現在に至る。

一方南部のLAは元々は砂漠地だ。当然雨はほとんど降らず、そのため撮影のスケジュールが組みやく、ここにハリウッドができた。背後には大水源のロッキーが聳えており、この街で暮らす人間たちを潤している。


旅行の計画時、先々の天気のことまではわかりようはない。だから結果その一週間がずっと雨だったということも十分にあり得る。でもたとえばこういうLAのような場所でなら、そういう確率もグッと少なくなることだろう。

そしてこのハワイ島でも、後方に大水源のマウナケアを持つサウスコハラのリゾート地でなら、貴方の旅行中楽しいゴルフの最中も、頭上の空はずっと青いままだろう。

日々決まった時間にスプリンクラーによる放水が行われ植物らを潤す。年中暖かく、芝は眩い緑で、南国のカラフルな花々が道道に美しく咲き乱れ、その様は正に楽園の姿そのものだろう。

そして楽園の周りには砂漠やラバ(溶岩)が黒々と広がっている。でもここから出なければ心配は要らない。楽園内の快適さのみを甘受して、ただ楽しんでそして帰っていけばいい。でもときに人はわざわざ不便極まりないボルケーノへもプナの奥地へも、はたまたワイピア渓谷にさえも望んで落ちて行きたがる。

五つ星ホテルに宿泊していながら、騒然のチャイナタウンを、雑多な人混みの中をかき分け歩きたがる。空調の効いた快適なラスベガスのカジノから、なぜも灼熱のデスバレーへ出かけたがるだろう? 



フアラライの裾野は涼しく、朝夕には霧が発生し湿度が常に保たれている。そんな場所だからこそあの美味しいコーヒーが採れるのだ。


大きな島、ビッグアイランドには結構涼しい(あるいは寒い)場所がある。

たとえば白砂のハブナビーチから車で15分ほどのワイメアの家々には、必ずと言っていいほど暖炉がある。ここは涼しい高原地域だ。ただ灼熱の太陽と海までの距離はほんのすぐ、この場所は同時に島で有数の高級住宅地としてよく知られている。

それから島の東のボルケーノ村は涼しいをとおに通り越し、もう寒いと言えるほどの場所だ。しかしここにも決して少なくない人間たちが暮らしている。雨が多いことで有名なヒロと比べ、ここは更に雨の多い地域だ。ショートパンツにTシャツ姿でいられる機会も極めて少ない。涼しく寒くどこかほの暗い場所、何よりボルケーノという大パワースポットのお膝元であるそこには独特の雰囲気が漂う。アーティストたちが多く暮らしている場所としてもつとに有名だ。

多種多彩の気候が混在するハワイ島では、地域地域の特徴も色濃くある。そういうのはハワイアン音楽の中にも描かれていて、水や緑、風、山、町々、自然の見方や捉え方、そういうのが様々に表現されている。だからこの島で聴くと余計に、そして素直に「あああ」と感じ入ってしまう。


短く限られた旅行でだと、どうしたって行きたいところややりたいことがたくさんあるから、自然の町へはとりわけ雨の多い地域への宿泊は避けたいところなのかもしれない。

でももし長期滞在でなら、、。

どれだけ計算を重ね作られたエアコンでも決して再現できない風を肌に受け、庭に生っている採れたてのパパイアをもぎ、それを食べる。そして夜には世界で一番美しい星空を眺める。

Tシャツとショートパンツだけでは肌寒い。だからとパーカーかトレーナーを一枚多めに羽織って戸外に出る。

その後はベッドで柔らかいブランケッドにくるまり眠り、雨音を聞きながら少し朝寝坊をしてみる。

そのうちにじんわり癒されていたりするのかもしれない。






「海外ロングステイ相談室」ができて、今年で14年目となります。
最初の頃と何も変わりません。ここは貴方の個人的な相談室です。
どうかお気軽に何でも訊いて下さい。

笹本正明


海外ロングステイ相談室

ホームページ https://hawaii-consultant.com
Eメール        aloha@hawaii-consultant.com
Twitter        https://twitter.com/hawaii96720


fullsizeoutput_c6c.jpeg 134467286_10216895726340108_1534787320988113265_n.jpg

posted by 海外ロングステイ相談室 at 10:37 | ホノルル ☀ | Comment(0) | ○and others

2020年11月23日

移民の島

アメリカ本土のとは様相は異なるにしても、ハワイはハワイで移民の島だ。

必ずしもそれは希望に満ちたものとは言えなかったのかもしれない。仕事を求めての、ただ食べるための、生きるための移民だったのかもしれない。

いずれにせよ貧しいまま海を渡った彼らだった。当然英語教育など受けているはずもない。したがって下働きの肉体労働しかなかったが、それだって仕事があるだけマシだった。

仕送りを待つ家族のため、できることならこちらへと呼び寄せるため、1セントでも多く稼がねばならなかった。だから時給が低い分は、時間を多く働いた。

身なりなどどうでも良かった。金を稼ぐことだけが主眼だった。家族を幸せにしたい。そのためにはどうしたって金だった。金がなければ食べさせてやることだってできない。彼らは寝る間を惜しみ、そして少しでも割高に金を稼ぐ方へと素直に向いた。

そうして遂に念願叶い、努力が実り、家族を呼び寄せることができた。ハングリーなのだ。嫌だったらダメだったら帰国すれば良い。そんな富める時代や国からやって来たものたちとは元々の地体力が違っていた。

そして今、そんな1世たちから生まれたアメリカ生まれの2世たち以降の時代となった。

彼らはアメリカ生まれのアメリカ市民として流暢な英語を話し、アメリカで教育を受け大人になった。

同時に子供の頃から勤勉な親たちを見、貧乏にも耐え、家族で協力し合い育った。おまけに母国との強力なコネクションだってあった。

そんな彼らは現在アメリカで最も活躍している層の一つとなっている。

時は経ったのだ。そんな今、たとえばチャイナタウンのような街など、その役割を終えたと言えるのだろう。そのうちには歴史的位置付けとしての、ただの観光名所として形骸化していくのかもしれない。

チャイナタウンのみならず、ハワイではあちこちで再開発が行われている。かつて混沌とした怪しげなエリアだった場所が、大規模資本で丸ごと真新しいコンドミニアムや商業施設へと一変していく。

街が消え、味わいのある景色が無くなっていく。もちろんそれはただのノスタルジックな感傷だ。どうしたって日々の暮らしの便利さに勝るものなどないのだろう。感傷は一時的な抽象的なものであり、生活は日常的な具体的なものだからだ。

時代は変わっていく。テクノロジーのお陰でますます世界は狭くなっていく。遠くの誰かと瞬時に情報の共有をすることは今では容易い。もはや片道切符で、今生の別れで外国へ旅立つ必要などない。気軽に行けるし、気軽に帰っても来られる。驚くほど安価にだ。

スマホの通話アプリで、世界の果てから愛を語ることだって、今は至極簡単だ。しかしまだそれほど遠くないほんの一昔前までは、手紙でそれをしていたのだ。国際郵便は届くまでに長い日数がかかったし、時には届かないということだってあった。そしてそんな些細なことで今生の別れに繋がったことだって普通にあった。

ノスタルジックだけで、過去を愛でることなどできやしない。不便な時代に戻るのは、片道切符の貧しさの中に、あの下働きの重労働の毎日に戻ることは、やはりもうごめんなのだ。

英語ができないから自立できない。そもそも金がないから教育を受けられない。だからせめて同じように海を渡った同胞たちで力を合わせ何とか生き延びようとしていた場所。そこはたとえば異国にある駆け込み寺のような場所だったのだろう。

そういう場所はチャイナタウンに限らず、ジャパンタウン、イタリア人街、メキシコ人街と、移民の国アメリカには其処彼処にあった。でも今は名こそあれ、実態は既に形骸化している。

ジャパンタウンでの日本食レストランのオーナーたちの多くは、コリアンだったりチャイニーズだったりする。もうただの観光地ジャパンタウンなのだ。当初の駆け込み寺という目的など遠の昔に終わっていたのだ。

言葉や文化も変化していき、日本人としての、あるいはアメリカ人としてのアイデンティティーだってだいぶと違ってきている。たとえば料理一つとっても、今ではフレンチやイタリアンで当たり前のように醤油を使うこともある。魚でカルパッチョだって珍しくない。和食でトリュフやフォアグラを使いワインを合わせることも日常となっている。何しろこれだけ世界が狭くなってきているのだから、そんなのもう当然のことなのだ。逆に輸送や保管技術が発達した現代で、四川だからパリだからといって、大昔の料理法を頑なに守り続けるという方が、いささか頑固過ぎるというものだろう。

でも個性は残っているものだと思う。時代が変わろうとも、残る個性はさりげなくそこに残っているのだと思う。

今尚ハワイの人たちの食生活からポイは欠かせないように、サンフランシスコの人たちからサワドーは欠かせないように、個性とはなかなか一朝一夕で消えないものだと思う。

伝統的な昔ながらの日本食を食べなくなったと言われる我々日本人にしても、世界の人たちから見るとまだまだ全くの日本食だ。なんだかんだ言ってもたくさんコメを食べ、醤油味を好み、お茶を飲む。あくまで大昔の日本人と比べると少しだけ変わったというだけの話なのだ。そもそもが江戸前寿司にしろ、肉じゃがだって、天ぷらだって、すき焼きにしても、伝統的な日本食と呼ぶにはまだまだその歴史は浅過ぎる。でも今ではこれらこそが世界の人たちの知っているザ日本食なのだ。

きっとそれでいいのだと思う。ラーメン、うどん、カレーライス、それが今の日本食。そういうのが今の生きた文化。何も目くじら立てて、カビ臭い伝統を頑なに守らなくても良いのだと思う。

ハワイにも日本にもコスコはあるし、マクドナルドもスターバックスだってある。チェーン店だから皆同じかといえば意外と違っている。きっとそういうのこそ、そこはかとない個性なんだと思う。消えそうでいて意外と消えないもの、じんわり残って引き継がれていくもの、それが街の今の個性なのだと思う。

昔のようなヒッピーの匂いをサンフランシスコのヘイトに求めても、もはやそんなものありやしない。でもそれで良いのだ。だいたい我々自身がもうヒッピーではないのだ。髪を短く切り小ぎれいなシャツを着てそこを歩いているのだから。

ただそれでも、この今はあの昔とつながっている。隠そうにも隠しきれないモノがある。

サトウキビの時代の頃の建物はだいぶ少なくなってはきたけれど、でも今でもハワイでは盆踊りは盛んだし、ニシメもムスビも定番の日常食だ。歴史がなかったものが、ある日突然に現れることはないのだから、しっかりと今と昔はつながっているということなのだ。

今改めて2世以降の人たちを見る。今この時代を生きている彼らの姿を見る。

やっぱりそこには、面々と繋がっている1世たちの何かをどこからか感じられる。隠そうにも隠しきれないもモノがそこにはある。姿形こそ時代とともにどれほどスマートに洗練されていても、ちゃんとそれは受け継がれている。それこそが残るべきして残った大切なモノなんだと思う。




「海外ロングステイ相談室」ができて、今年で13年目となります。
でも最初の頃となーんにも変わってはいません。
いつでもここはあなたのための個人的な相談室です。
どうかお気軽に何でも訊いて下さい。

笹本正明

海外ロングステイ相談室

121257791_10158963900488738_6480222984072504435_o.jpg  IMG_0491.jpg
posted by 海外ロングステイ相談室 at 14:40 | ホノルル ☁ | Comment(0) | ○and others

2020年07月13日

コロナ渦のハワイ不動産2

添付は、ハワイ島プナ地区パホア村のハワイアンショアーズ・レクレーショナルエステートという分譲地の、今年4月13日以降の、つまり直近3ヶ月間の土地MLSのサマリーとなります。

最初の Comparable Listing for Sale 、つまり現在の売り出し物件については、当該地のそれの総数は56とある。
最安値売り出し価格は5,900ドルで、その売り出し日数は6日目。最高値売り出し価格は70,000ドルで、その売り出し日数は850日目。平均売り出し価格は18,040ドルで、その平均売り出し日数は202日間。中間売り出し価格は12,500ドルとなり、その中間売り出し日数は141日間となる。結果、同地の標準的売り出し価格は12,500ドルとなり、その標準的売り出し日数は121日間となる

続いて現在 IN ESCROW(登記手続き中)の物件については、その数は3。
最安値売り出し価格物件は8,900ドルで、その売り出し日数は90日間。最高値売り出し価格物件は12,500ドルで、その売り出し日数は440日間。尚該当物件が3つしかないので、平均と中間は省く。それからこれらはまだ売却手続き途中なので、実際の売買価格については発表されてはおらず、なので標準的価格はN/A(該当なし)となる。

最後の欄 Comparable Listing that have sold は売却済み物件となる。
6件あり、その最安値売却価格は11,000ドル。最高値売却価格は19,500ドル。平均は14,417ドル。中間は13,000ドル。結果当該地の標準的売却価格は11,000ドルとなる。

※海側の物件が著しく平均を上げているため、全体としての数字となるとどうしても上にズレてしまうため、各項目の最後の標準的数字を注視すると市場は見やすいと思う。


Comparable Listings for Sale
 
Summary of Comparable Listings for Sale
 
 #LowestHighestAverageMedianMode
Listings56$5,900$70,000$18,040$12,500$12,500
DOM (Active/Contingent)566850202141121
Comparable Listings with Contingent Sales
 
Summary of Comparable Listings with Contingent Sales
 
 #LowestHighestAverageMedianMode
Listings3$8,900$12,500$10,467$10,000N/A
DOM (Active/Contingent)390440241192N/A
Comparable Listings that have sold
 
Summary of Comparable Listings that have sold
 
 #LowestHighestAverageMedianMode
       
MLS Sale 6$11,000$19,500$14,417$13,000$11,000
       
       
       

継いで同分譲地の、同じく今年4月13日以降の、今度は一戸建て物件MLSのサマリーとなります。

同様にまずは Comparable Listing for Sale 、つまりは売り出し中物件を。
当該分譲地での一戸建て物件の売り出し総数は15とある。
最安値売り出し価格は109,500ドルで、その売り出し日数は27日間。最高値売り出し価格は685,000ドルで、その売り出し日数は453日間。平均売り出し価格は282,480ドルで、その平均売り出し日数は153日間。中間売り出し価格は275,000ドルで、その中間売り出し日数は125日間。結果、標準的売り出し価格は220,000ドルとなる

続いて現在 IN ESCROW(登記手続き中)の物件については、その数は4。
最安値売り出し価格物件は199,000ドルで、その売り出し日数は43日間。最高値売り出し価格物件は399,000ドルで、売り出し日数は219日間。尚これもまた合計4つしかないので、平均と中間は省く。そしてこれまた同様に売却手続き途中につき、実際の売買価格は発表されてはおらず、なので標準的価格はN/A(該当なし)ともなる。

最後の Comparable Listing that have sold 、つまり売却済み物件については、12件ある。
最安値売却価格は160,000ドル。最高値売却価格は320,000ドル。平均は209,833ドル。中間は194,500ドル。結果、当該地の標準的売却価格は165,000ドルとなる。

Comparable Listings for Sale
 
Summary of Comparable Listings for Sale
 
 #LowestHighestAverageMedianMode
Listings15$109,500$685,000$282,480$275,000$220,000
DOM (Active/Contingent)1527453153125N/A
Comparable Listings with Contingent Sales
 
Summary of Comparable Listings with Contingent Sales
 
 #LowestHighestAverageMedianMode
Listings4$199,000$399,000$289,250$279,500N/A
DOM (Active/Contingent)443219120110N/A
Comparable Listings that have sold
 
Summary of Comparable Listings that have sold
 
 #LowestHighestAverageMedianMode
       
MLS Sale 12$160,000$320,000$209,833$194,500$165,000
       
       
       
売り出されている物件と、実際に売却済みとなった物件の価格の差、これらを去年の同じ頃と比べると、金額については随分と下落となってはいたが、だがそれ以上に、DOM(売り出し日数)の数字が、これが相当に大きくなっていることがよくわかった。

ただもちろんこれはハワイ州の中の、ハワイ島のプナ地区のパホア村の、ハワイアンビーチズ地域の中のハワイアンショアーズ・レクレーショナルエステートという場所の数字に過ぎず、なのでそれぞれについては個々の、自身の不動産の所有地の動向を注視することをお勧めしたい。




「海外ロングステイ相談室」ができて、今年で13年目となります。
でも最初の頃となーんにも変わってはいません。
いつでもここはあなたのための個人的な相談室です。

どうかお気軽に何でも訊いて下さい。


笹本正明


海外ロングステイ相談室


Eメール        aloha@hawaii-consultant.com

105580323_10158667315268738_6039564487622641407_o.jpg 105672316_10158691625898738_182280690168379078_o.jpg
posted by 海外ロングステイ相談室 at 10:53 | ホノルル ☁ | Comment(0) | ○ハワイ不動産の売却