2019年06月03日

ビザ取得‼️

今日真新しいビザが貼られたパスポートが米国領事館から届きました。

面接日は5月24日だったので、到着まで実に10日も掛かったということ。
でもそもそもここまでに約2年が掛かっていたので、10日くらいでどうってことありません。
「ビザが取れた‼️」それだけでとても嬉しいのですから。

あれは2017年の6月2日でした。
思いがけない「入国拒否」でした。
あの日から早いものでちょうど2年が経ったわけです。

その後1度ビザ申請して、しかし「ビザ発行不許可」となっての今回の再申請でした。2度目の挑戦でした。
入国拒否→ビザ発行不許可となれば、相当に厳しいことは承知の上です。
でも正当性を信じ、弁護士と共にやるべきことをやるだけと、そう思って、信じて、あとはもう粛々と淡々とです。

この2年で新しく学んだこと実際たくさんあります。
仕事柄、これは悪くない経験です。
そもそもホノルル空港の裏道をくぐった経験のある人はそう多くはいないでしょうし(苦笑)

グリーンカードなどの移民ビザと大きく違い、学生ビザや就労ビザや商用観光ビザなどのいわゆる非移民ビザの場合、なんと言っても「日本へ帰国するための理由付け」が大切と言われています。
領事やCBP(入国管理官)の立場では「全ての人は米国へ住み着こうとしている、米国で働こうとしている」という前提のもとにビザ発行や入国の許可を決めているとも弁護士から改めて説明を受けました。
だからあくまでこちらは「目的が済めば速やかに帰国しますよ」という確固たる証拠を彼らに示す必要があるわけです。
住み着かないし、とっとと帰りますよ、とそういう彼らが納得できる証拠を提示するわけです。
例えばそれは日本での事業証明(仕事は日本でちゃんとあるんだよ)であったり、不動産所有の証明(家も日本にあるんだよ)であったり、家族だったり、恋人や友達だったり(日々関わっている、待っている人たちがいるんだよ)するわけです。

時に若者の一人旅で入国審査で止められて別室で調査されるということを聞きますが、それはCBPはその若者がそのまま米国に住み着くのでは働くのではと疑っているわけですね。
だからそういう時には、帰りのチケットを持っていることはもとより、滞在期間中の十分なお金を持っていること、日本で仕事をしていること(休暇で訪れていること)、滞在先の予約があること、そういうことをきちんと説明することにより、CBPの疑念を晴らすことができるというものです(彼らだって本当は疑念を晴らして欲しいのです。晴らせないから入国拒否と判断せざるを得なくなるわけですね。)

それから商用と就労は最も線引きが難しいところです。
シンプルに米国で収入が発生しているか否かが鍵だろうとは思うのですが、でも入国審査の段階で現実にそこまで調べることはできません。なのでそこでの質疑応答でどう答えるかが全てとなります。
つまりそこで誤解を与えてしまうと厳しくなるということですね。
加えてそこへ、現地の運転免許を持っている、銀行口座を持っている、家まで持っている、名刺や携帯まで現地のものを持っているとなれば、これはもう疑うなという方が難しくなってくる状況でしょう。

入管では状況証拠はクロとなります。疑わしくは罰せずではなく、疑わしくは入れません、なのです。
そしてあくまでCBPは独任官庁なので、もうそこでダメならダメです。
そういう時には争わないで、素直に帰国し、改めてビザ申請した方が良いです。
争えば、そのことも記録に残ります。ついカッとなって暴言など吐いてしまうともっとまずいです。その後にとても悪い影響を及ぼすことだって十分あり得ます。
素直に帰国して、その後のことは米国ビザ専門の弁護士さんと相談することをお勧めします。

「海外ロングステイ」の中では、わからないことは実にたくさんあります。

もちろん中には、幸いそういうことに当たらずして、ずっと楽しく過ごせている人たちも大勢いることでしょう。
それはとても素敵なことです。

ただそうじゃないこともあります。人生と同じですね。
事故もあれば病気だってあります。

ならないように気をつけることは大切です。
でも避けようのないことだってあります。

その時にはもう、特に自分だけでできないことはできる人へ素直に助けを求め、やるべきことをまずは把握し、あとはそれを粛々と淡々とするだけです。そう思います。

でも精一杯やっても、結果ダメだったということだって当然あり得ます。
その時は諦めます。そして次へ向かいます。
他の扉の向こうにも、また別の何かがありましょう。そう思います。



さあ、
ビザが取れたこともあり、早速に7月にもハワイへ向かおうと思います。

16099378865_3d1cf05a4b_o.jpg

「海外ロングステイ相談室」ができて、今年で12年目となります。
でも最初の頃となーんも変わってはいません。
いつでもここはあなたのための個人的な相談室です。

どうか何でもお気軽にご相談下さい。

笹本正明


海外ロングステイ相談室
ホームページ  http://hawaii-consultant.com/
Eメール        aloha@hawaii-consultant.com
Twitter         https:twitter.com/hawaii96720

15442547357_346c2bb89e_o.jpg

posted by 海外ロングステイ相談室 at 14:51 | ホノルル ☀ | Comment(0) | ○ビザ

2019年04月17日

タイムシェアの売却

訪れたハワイ旅行で、まるで魔法にかかったように購入したタイムシェア。

「またここに来よう」「毎年来よう」「金額も割と手頃だし」と。

もちろん最初のうちは良かったです。
毎年利用しました。
利用できない時にはポイントの振替もできました。

特にハワイに別荘を持っていた時には、使い勝手も最高でした。
90日間の滞在中、例えば都内から軽井沢や熱海へ向かうように、ヒロからコナへと月一で通ったものです。

でも今ではもうそれほど使っていません。というより全く使っていません。
ポイントの振替だけです。
ハワイの別荘はもう売却してしまい、だからそれだけのために毎年行くことなど考えにくいですし。


もちろんそれでも費用は発生しています。
毎年毎年数千ドル、所有している限りそれはそうなります。

ただそのお金があれば、例えば日本国内で旅行もできます。
近場の海外旅行だって行きたい時に行きたいだけ行けるでしょう。
でも本当はいっそ老後の蓄えに回したいです

 IMG_1506.JPG IMG_1505.JPG

タイムシェアは確かに不動産です。
でも体感としてはゴルフの会員権のようでもあります。
だってせっかくのハワイ不動産としてのその価値は上がっていかないのですから。
逆に再販時には買った金額に到底及ばない価格での売却となるのですから。

何しろその市場は閉鎖的です。

一般のハワイ不動産市場の場合だと、世界中から広く買主を募るシステムがあります。
透明性があり、開放的で、誰もがどこからでも、全ての売り物件を探すことができます。
その上手続きだってシンプルです。
極端に言えば、DEEDと呼ばれる権利譲渡証書が登記所で登記されれば、それでもう所有権は移転されるくらいにシンプルなのです。

一方のタイムシェアの場合には、広い市場など存在していません。
個々の街場のタイムシェア再販業者がそれぞれに商っているだけです。
だから例えばマウイのカーナパリのある大手会社のタイムシェアを売却するためにと、たまたま見つけたホノルルの再販業者に預けてもいつまでも売れないことだって十分あり得るのです。だってその業者は、また別の大手の、例えばワイキキの虹色のタワーを持つタイムシェアの再販を得意とする業者だったりするのですから。

更にはタイムシェア再販時には、これまた一般不動産の売買時には無い手続き過程を踏むことにもなります。
売り出しをし、買主よりオファーが届き、そして合意となり、しかしそのまま登記へ進むわけではなく、まずはタイムシェア会社が拒否権を行使できるのです。そして場合によっては拒否権を発動し、買主がタイムシェア会社自体となることもあり得るのです。
それは売買の時のみならず、例えば売買無しで権利をご子息などへ譲渡する際も同様です。
例え譲渡人と譲受人同士で合意していても、しかし第一拒否権はタイムシェア会社にあるのが、このタイムシェア不動産の特徴なのです。

また売買無しの名義移転の際には、各タイムシェア会社により様々な決まり、手続き方法、そして負担金などあります。
それは一般のハワイ不動産の名義移転のそれに比べて、あまりに煩雑で、且つその費用は安いものとは言えません。

一例としてある大手タイムシェア不動産の場合ですが、名義移転時にはまず最初に第一拒否権の解除をリクエストする証書を作成しそれを提出することから始まります。その費用が約70ドルほどです。ただしこの証書には本人認証が必要となるので日本側で別途公証役場での費用が11500円かかることになります。

更にはギフトトランスファー(無償譲渡)であることの宣誓供述書も必要で、これにも日本で公証役場での手続きがあります。

この後は別途自身でハワイ弁護士に依頼しDEED(権利移転証書)を作成してもらい(別途費用がかかります)、日本の公証役場で手続きし、そして一旦ハワイ州登記所で登記した後で(別途費用がかかります)、その後現在のDEEDや新所有者の情報なども全て含め、タイムシェア会社へ郵送することになります。その際には再び、このタイムシェア会社の場合には、約400ドルの事務手数料を求めてきます。

尚これで終わりではありません。
晴れて新所有者となったオーナー宛に挨拶や説明の通知の他にまた新規としての費用請求もあるのです。

IMG_1415.JPG IMG_1413.JPG

買う時とは大違いです。
気軽に手頃に買えるのですが、しかし手放す時にはとても厳しいです。

そもそも一般の不動産と違い、どの業者を通じて売却したら良いか、まずそこが困りどころです。
的外れの業者に依頼したら、ただでさえ売れにくい狭い市場のタイムシェア再販です、もう延々売れなくなります。

何しろ次から次へと新しいタイムシェアが売り出されているのです。
再販を大々的に扱ってしまうと、成長が止まってしまうのです。だからタイムシェアの再販市場は常に日陰です。狭く小さいのです。

その上に手続きはやたらに煩雑です。しかも思いの外に経費もかさむのです。

そして極め付きは再販業者の手数料の高さです。
一般不動産の場合、ハワイ不動産の場合、戸建で6%、安い土地でも10%がせいぜいです。しかしことタイムシェア再販の場合20%とか25%というのもザラなのです。それくらい売れない、売れにくい市場ということなのですね。

タイムシェア再販の場合、どの方法が良いのかについては、一言では本当に言い難いです。

どこの島のどの会社のどういうタイプのタイムシェアなのか、譲渡が良いのか売却が良いのか、はたまた、、、。




どうかお気軽にご相談下さい。

「海外ロングステイ相談室」ができて、今年で12年目となります。
でも最初の頃となーんにも変わってはいません。
いつでもここは、あなたのための個人的な相談室です。

笹本正明



海外ロングステイ相談室
ホームページ   http://hawaii-consultant.com/
Eメール          aloha@hawaii-consultant.com
Twitter          https:twitter.com/hawaii96720



posted by 海外ロングステイ相談室 at 10:17 | ホノルル ☀ | Comment(0) | ○ハワイ不動産の売却

2019年02月01日

エスクロー

不動産登記手続きにエスクローを通すことが、ハワイでの一般的なスタイルであり、これによりかなりの部分安心安全を担保してくれているわけではあるけれど、でも時にこのシステムがあるが故に厄介となることだってあります。
(※尚エスクローを通せば、全てにおいて安心安全ということでは必ずしもありません。エスクローはあくまで契約書の内容に則って、これに忠実に進めて行くので、つまり最も重要となるのは、根本の契約書の内容そのものとなります。)

例えば「瑕疵」が見つかったときなどそうです。
それもこの瑕疵は必ずしも物件に関するものだけではなく、売主や買主に関するものも含まれます。

一例として、サトウイチローさんという日本人所有のハワイ島土地不動産の売却時に、エスクローからの最初の報告書の中に、サトウ A イチローという人物の訴訟やあるいは国税滞納の記録が出てきたとします。この場合、このサトウ A イチローという人物と自身とが同一人物ではないという証をしない限り、エスクローは当該登記手続きを進めることはしません。登記手続きが止まってしまうのです。

この報告書は全米の記録全てから照会されます。そこには国税滞納以外にも、幼児虐待、性犯罪、麻薬等々、様々な犯罪の今が照会されます。仮にもし売主か買主がその人物本人なら、問題の訴訟の解決まで不動産登記手続きはペンディングとなるのです。

この場合もちろん、日本在住の日本人のサトウイチローさんにとっては、全く関係の無い話です。
ただの同姓同名です。まるで出会い頭の交通事故のようなものです。
でも文句を言ってみたところで、エスクローは聞いてはくれません。そういうルールがあり、ルールに厳格に則って進めるのがエスクローというところなのですから。

こういう場合には宣誓供述書(アフィダビット)を作成することになります。
私はこの人物ではないことを宣誓するわけですね。
この宣誓供述書はハワイ州弁護士が作成します。費用は数十ドルです。
そして宣誓は公証役場で行います。尚ハワイのエスクローには公証人の資格のあるエスクロー官が多いので、オフィスへ赴き、そこでサイン認証をするのが一般的です。そしてこの場合認証費用は無料となる場合も多いです。
しかし、サトウさんは日本に住む日本人です。
そうなると米国領事館でか、あるいは最寄りの公証役場でこの手続きをしなくてはなりません。
日本の公証役場での費用は、こういう場合今現在一通につき11500円かかります。
全く関係の無い、たまたま同姓同名の人間が起こした犯罪に対して、まさに理不尽な出費です。
しかし致し方ありません。耐え忍び甘受するより方法はありません。

IMG_2111.JPG  IMG_3023.JPG

こういう納得しきれないルールは他にもいくつかあります。

例えばランドコート式(土地裁判所式)とレギュラー式(標準登記式)とがあるハワイ州の不動産登記システムの違いによるものもそうでしょう。

日本人所有者の多いハワイ島プナ地区のハワイアンパラダイスパークという分譲地は前者のランドコート式の登記システムとなります。
そして同様に日本人所有者の多い同じプナ地区のハワイアンショアーズは後者のレギュラー式です。

もし夫婦共有名義形態でハワイアンショアーズの土地を所有していて、配偶者が亡くなったことを機に売却となった場合、このレギュラー式の場合には、故人の死亡証明の原本と訳文のみの提出でエスクロー手続きを進めていくことが可能です。
しかし一方のランドコート式のハワイアンパラダイスパークではそうとはなりません。
所有者の申請書と翻訳者の宣誓供述書が必要となります。そしてこの二通には公証役場でのサイン認証も必要となるのです。
つまりこの二通をまずハワイ州弁護士から作成してもらうための費用と、日本の公証役場でかかる2件分の費用がランドコート式の地域では余分にかかってしまうということなのです。

「そんなの知らなかった」、「そんなの聞かされていなかった」と言っても、既に所有者である以上もうどうにもなりません。受け入れて、粛々と進めるしかありません。



実は今現在、売り出し依頼のあったプナ地区の土地を調査しようとして、しかしそこに廃車が不法投棄されており、売り出しをペンディングとしています。
当たり前です。こんなものがあってきれいな写真は撮れませんし、そもそも買主だってつきません。

受け入れて、そしてやるべきことを粛々とするだけです。
まず最寄りの警察に手紙を出し、車の所有者へ通知してもらうように手配しました。
見つかれば良いです。
しかしマン万が一、所有者が見つからない場合には、こちらで廃車の撤去をしなくてはならなくなります。
もちろん納得などできるはずはありません。
でもこれもやるしか他に道はありません。

IMG_2631.jpg

本来はそうなる前に、、、、、、

言われなくたって、そんなのわかっています

もちろん、

でも、




「海外ロングステイ相談室」ができて、今年で12年目となります。
でも最初の頃となーんにも変わってはいません。
いつでもここは、あなたのための個人的な相談室です。


笹本正明

海外ロングステイ相談室
ホームページ    http://hawaii-consultant.com/
Eメール           aloha@hawaii-consultant.com
Twitter           https:twitter.com/hawaii96720

TV Output-10.jpg TV Output-11.jpg
posted by 海外ロングステイ相談室 at 11:42 | ホノルル ☔ | Comment(0) | ○ハワイ不動産の売却