2008年02月14日

ハワイ不動産 その現実#2

ハワイのお役所で嘆願書が認可されました。

約2ヶ月執行が猶予されました。言ってみるものです。

植田邸07.JPG

それから車専門の引き取り業者から見積もり届きました。
知り合い価格適用してくれました。
思った以上に良心的な値段に、ひとまず安心と感謝です。(車にタイヤが付いていたらもっと負けてあげれるんだけど、、と言ってくれるウイズリーに、また感謝です。)
何でもこの廃車を良い金に替えるツテを見つけたようです。こちらとしてもこの価格で引き受けてくれてウイズリーにも喜んでいただけたら、嬉しいです。

ただし、もちろん今週一杯他の依頼している見積もりは待ちます。ビジネスですから。それを期限にゴーです。
タイミングがずれてもしウイズリーに他の仕事が入って、こちらの猶予期間を超えても困りますので。

次は支払い方法の交渉です。希望は、半分前払い、残金は完了後。
これで決まれば御の字です。

売却、支払い、よしできるだけ全てを同時に進めてみましょう。
今週末所有者と打ち合わせをして、業者見積もり詳細を詰め、そして売却金でこの費用を賄えるように、そしてプラス金が所有者に入るように、進めましょう。

ところで、
もちろん、裁判はしません。(100%負けるそうです。)
それからナンバープレートから捨てた人をも探しません。(お金持っている人、こういうところに捨てないでしょう。だから探しても探すだけ支出が増すだけです。)

ハワイ、現実には本当にいろいろなことが起きます。
海外ロングステイ、様々なことが起こります。

でも、必ず解決の方法はどこかにあります。

話しは、更に続きます。

posted by 海外ロングステイ相談室 at 14:42 | ホノルル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○海外ロングステイ相談室の事件簿