2008年03月16日

逆ホームシックと逆カルチャーショック

突然ですが、逆カルチャーショックって理解できますか?

知らない国に暮らすようになると、ホームシックとかカルチャーショックとか、そうなる人は結構います。その場合周囲はそういう状況に一定の理解を示してくれます。
でも、この日本で、逆カルチャーショックになっている人に理解を示してくれる人は、あまりいません。

j0401950.jpg


自分の国に帰ってきて、「あれっ、こんな感じだったっけ?」

周りの人たちは自分と同じ言葉を話しているはずなのに、同じ文化を共有しているはずなのに、「いったい何のことを話しているのかよく理解できない」

多分誰もそれを理解はできないでしょう。そしてそれがよけい辛さを増しているのでしょう。

時間が解決してくれる部分は確かにあるとは思います。でも、それだけではない部分はやはりあります。

そして辛いからといって、元いた国に戻ってみても、今度は以前の景色が以前とは違って見えるあなたがそこにいるかもしれません。おそらくその時の方が、きっと何倍も辛いでしょう。
この地上で自分の居場所はどこにもない、そういう気持ちに襲われるかもしれません。

僕は今から4年前に帰国しました。だから貴方の気持ちがよくわかるんだよ、とはもちろん言えません。そういうのは一人一人違うものです。

ただ、気持ちの整理についてのことではなく、実際の行動についてならその経験を語ることは少しはできます。

まず、道路を横断する時には意識して、右を見て渡って下さい。僕達は無意識に車の来る向きを違えていますから、よく意識して渡ってください。
「ここは日本なんだ」
体が覚えている行動をする時には、努めてそう確認して、そして一呼吸入れましょう。

そして、とにかくゴハンをしっかり食べて、よく眠りましょう。
そのうち気の合う人を見つけることができたら時々おしゃべりしてください。
見つからない時は、カフェに出掛け、美術館に出掛け、本屋に出掛けましょう。
目の前のものに、目の前の人に、意識を集中してみましょう。

あなたには他の人にない経験と感性が身についているのです。自信を持ちましょう。

そして笑えるようになったら、元いた国に出掛けてみましょう。景色が、以前よりもっとよく見えるはずです。

posted by 海外ロングステイ相談室 at 18:01 | ホノルル ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ○逆ホームシック