2009年08月09日

ハワイ島からの手紙


マサ君
お久しぶりです。

思いかけずのホノルルからの電話、そしてこちらでは手に入らない貴重なお菓子、どうもありがとうございます。
ポールと二人でおいしく頂きながら、マサ君の噂話をしておりますよ。
 


今は、世界中大変のようですね。
先週、名古屋の弟と話しました。
とても不景気で、会社も皆週3日になってしまったそうです。


こちらハワイ島でも失業者がかなり増えています。
特に建設業は苦しいようです。

僅か3年くらい前までは、まるで日本のバブル期のような建設ブームでした。
アメリカ本土から大勢の大工さんやコントラクターが移住してきました。
1年待ち、2年待ち。手に余るほど仕事が溢れていて、業者がお客様を選ぶ、そんなご時世でした。

ところがたった数年が経ただけで今では少ない仕事の奪い合いです。
大勢の大工は本土へ帰り、多くの業者は潰れました。


土地や家の価格もかなり落ちました。
ピークの時の半分以下、もっとかもしれません。それがまだまだ下げ止まっていません。

私たちも土地を売りに出していますが、しばらくは売れないでしょう。
ですから、わずかの貯金をあまり使わないよう気をつけて暮らしています。


そんなとっても暗くなりがちな毎日ではありますが、ともかく五体満足に生活できる事に感謝して一日一日を過ごしています。
ポールとは常に、”Put our heads down and keep our legs moving”(今をじっと耐え忍ぼう、でも決して歩みを止めずにいよう)と言い合いながら今を生きています。
耐えながらでも休まずに時を待っています。そしてその時はきっと来ると信じています。
 


マサ君からの電話とても嬉しかったです。

とにかく元気でいてください。そしていつかまた会えますね?

ノリコ


  コドモ.JPG コーラ.JPG P1030686.JPG



ノリコさん

親身なって心配してくださり、とても感謝しております。

確かに世界中大変なことになっているようです。

そしてそれに比べれば大したことないのですが、お察しのように僕も今冴えない状態です。
 

ホノルルでも、各ショッピングセンターでのテナントの空きが目立っていましたし、やはり一頃に比べても観光客の数もぐっと少なかったです。

暮らしている人たちとしゃべっても、求人が少ない、昔ならバイリンガルなら、引く手あまただったのに今では皿洗いの口すらない、とこぼしていました。
事態は深刻そうでしたが、でも何となくあの太陽の下、何かそれ程の悲壮感は無かったような気もします。


人間気分が滅入ることが一番よくないんだなあとつくづく思います。

昔の人の言うととおり、暗い顔をしていては幸せはやって来ないようです。
とにかく元気でごはんをいっぱい食べ、たくさん運動し、目の前のやるべき仕事をする、そういうあたりまえのことをあたりまえに繰り返していくことが大切なんですよね。

ノリコさんのいうように、今はじっと耐えながらそれでも休まずに賢明に生きていかねば、、。

諦めずに、でも今このときを乗り切るため、いろいろ柔軟に物事を考えて、、、、そしてそのときを信じて、やってみます。 


アドバイス感謝します。

それからいつもこんな時だけ電話してしまいごめんなさい。 


今日はいつもの変わり映えしないお菓子じゃなくて「1Q84」同封してあります。
久しぶりのムラカミ、たまには昔みたいにどっぷり浸って読んでみてください。(でも昔のようにハマルかな?)
 

元気、ありがとう。
マサ

追申:来年は何とかしてハワイ島まで足延ばせるようにしたいと思います。

P1030494.JPG P1030668.JPG
タグ:ハワイ島 1Q84
posted by 海外ロングステイ相談室 at 15:21 | ホノルル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○and others

2009年08月21日

ハワイ島プナ地区の土地、、、高価買取致します。

ハワイ島プナ地区の不動産を皆様からたくさんお預かりしております。
そして大切な不動産を一番高値で売却するために、現地の特定地域に特化した専門の不動産業者を選び、そしてMLSにて売り出しております。

217489301.jpg


同地区同程度の不動産のCMAをにらみ、過去半年間の売買履歴を参考に、その上で現在売り出されている物件よりほんの少しだけ安い価格で、MLSの売り出しリストの一番上に来るように、一番目立つところに掲示できるように、お預かりした物件をお出しするようにしています。

以前ならその方法で、ほんの1ヶ月のうちに、購入希望者からのオファーは届いたものでした。


しかし今では2ヶ月、3ヶ月経っても、何の声もありません。

MLSのリストは膨大な長さになっていき、物件毎に出る掲示日数は三桁が多くなっています。(掲示後100日経過している物件がほとんどということです)

それでもこれがワイキキ辺りでお預かりしている物件なら、そして少し離れてマキキ辺りでも、対策さえきっちり立てて、相場をシビアに判断すれば、今でも1、2ヶ月のうちに何らかのオファーは入ってくるものです。



225400303.jpg 216237303.jpg

しかしこのハワイ島プナ地区に限っては、日増しにどんどん、ますます購入希望者の数が少なくなっているような気がしてなりません。


事実そうなのかもしれません。


話は少しずれますが、この時代、幸いなことに悪徳業者の戦法に引っかかるお客様の数は少なくなってきています。

インターネット全盛の時代、現地の相場は少し調べればわかるもの、、あこぎな利ざやはもう甘い汁ではなくなってきているようです。

もちろんそのことはとてもすばらしいことなのですが、、、、一方では実はこのことが購入希望者の更なる減少に繋がっているとも言えるのです。


皮肉なものです。

事実この悪徳業者の多くは、現地不動産業者から正規な手段で、現地価格で不動産を取得します。

それを日本で、自分たちの利益を加算して、つまり現地とは大きくかけ離れた価格で皆さんへ売りつけるのです。



ですから別の見方をすれば、悪徳業者は現地業者から見ればお得意様なのです。

この地域の不動産を、現地で人気があるとはお世辞にも言えないこのプナ地域の土地をたくさん購入してくれる大得意客なのです。

しかしその大得意客は、今や昔です。

ましてやこの景気です。

今となってはいったいどのような方たちがこの辺りの土地を買うのでしょう、、、、。


DSC01477.JPG DSC01619.JPG


さて、、

現地と同じ価格で売る。

一番高価な価格で売る。


お問い合わせいただいた方たちのプナ地区不動産に関しては、購入された時の事情が事情なだけに、せめて売却時くらいは、、、と思い、現地と同じ条件で最も高い金額で売ってみせよう。
そう考え、専門業者を通じMLSに掲示するお手伝いをさせていただいてきたのですが、ここまで売れない現状ですと、やはり現実問題もっと別の手も考えなくてはなりません。時間ばかりが過ぎていきます。



日本のあのバブル後。
誰もが思うように「少なくともあの頃のような不動産価格には奇跡でも起きない限りもう戻ることはないだろう」、そしてその考えはあちらでも同じです。

3、4年前のアメリカの住宅バブル、今の大不況の発端は、そのバブルが
はじけたことです。

そしてやはりもうあの頃の価格には戻らないでしょう。



更には、悪徳業者の衰退、これはもちろん好ましいことではあるのですが、売却を考えられている方には大打撃です。

何しろプナ地区の不動産を一番購入していた買い手が今や消えてなくなろうとしているのですから、、。


ハワイ島プナ地区不動産、購入者のいない市場。

ハワイ島プナ地区は今その道へ確実に向かっています。



このあたりはほんの20年ほど前までは、誰も買わない広大なそして只みたいな価格の土地だったのです。

だからこそ日本の悪徳業者は目をつけたのです。




じっくり売りに出したい方には今までどおり、きちんと相場を読みMLSの一番上に来るような価格設定で売り出すお手伝いは続けていきます。

しかしながら現在1年2年を経るごとに所有者自身がお亡くなりになるケースも増えてきました。

そうなると今度は相続手続きやら無用なお金と時間が余計に費やされることになります。



それよりはいっそ、現金で即決で買い取ってもらう、しかもハワイの現地不動産業者に買い取ってもらう。


でもだからといって相場以下では困ります。

あくまで価格は相場どおりで、買い取ってもらう。


そういうことを行う現地の不動産業者を見つけました。

価格は要交渉ではありますが、最終的に決まった価格は、相場からほぼ外れてはおりません。
(MLSの一番上に掲示されている物件に、もうあと一声頑張ってもらったくらいの価格です)

しかしながら当然全ての土地がその対象になる訳ではありません。


でももしそれが可能なら、これで肩の荷は下りるはずです。


ともかく、相見積もりくらいなら取ってみてもいいと思います。

その業者さんの希望地域内なら、間違いなく皆さんがご存知のどの業者よりも、一番高値で現地の相場どおりに即買い取ってくれるはずです。

220343304.jpg 217779301.jpg 217779307.jpg 


こんな土地でも、あんな土地でも、興味のある方はまずはご自身の土地のTMKだけでいいので、それを記して下記までEメール下さい。


 





 


 

posted by 海外ロングステイ相談室 at 16:43 | ホノルル ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ○海外ロングステイ相談室から