2010年04月05日

ハワイ不動産取引被害者に成らないために

その問題が解決したら「海外ロングステイ相談室」のことは、出来るだけ早く、すっかりさっぱり忘れてください。


0bd95ebd0ba95fb1f4c56150f36fc02ee43b03e4.jpg 


相談室を訪れる実に7割の方々は、海外不動産取引(主にハワイ島不動産)や海外生活でトラブルや災難、詐欺被害や搾取にあわれた方たちです。

残りの3割の方たちが「ハワイ不動産を購入したい」、「バケーションレンタルに泊まりたい」、その入り口として相談室を訪れてくれています。


IMGP0744.JPG

ここが「相談室」である以上、訪問者の動機の多くがネガティブな理由となってしまうことは否めません。

でもそれ以上にこれほどまでに海外不動産取引に関わる被害者が多いことに驚かされます。


IMGP0499.JPG
 

「サイン」をすることに日本人はあまり警戒しません。

サインをする習慣そのものがないことがひとつ、

あとは業者を信頼し過ぎることがひとつです。


特に担当者という営業マンを信頼し過ぎる気がします。

その担当者が貴方の業務のすべてをやり、且つ、その担当者が貴方という顧客に対する会社の方針をすべて決定できるなら、まだ多少理解も出来ます。しかし、、、、

ハワイの不動産取引です。
そこはハワイ州の法律だけが適用される世界です。
ですから米国の商習慣として、サインをするその紙に書かれている内容について、契約とは正にそれだけのことです。

ですから貴方が把握しておくべきことは、担当者の言うことではなく、その紙に書いてある内容です。
その内容に対してサインするのです。

ですから、内容を知らずに逆にその紙へサインする権限を業者へ委任するなど、決してしてはならない行為なのです。

「英文、異国の商取引、分からないこと」、だからサインする権利を業者に全権委任するのははく、だからこそ業者に説明させねばなりません。

また説明の出来ない担当者や業者など、、即座に切り捨てる、、、そのくらいに考えてもらって構いません。

説明の出来ない担当者など必要はないのです。

それははっきり言って「知らない。出来ない。」担当者なのです。

そんな輩に貴方の貴重な財産貴重な時間を預けてはなりません。

ましてやそんな輩に委任状など論外です。
 


我々業者の大きな仕事は「説明義務と行動義務」です。

説明し、選択していただき、行動することです。

スーパーマンでも神様でもないので、出来ること、最大限に出来ることをまずは必死で探し出し、それを分かりやすく説明し、お客様が選択したそれを今度は一途にやり遂げる。
それしかないと思います。
 


特に我々業者の仕事とは、最初と最後に必ず必要となりますが、お客様がもっとも楽しまれている真ん中の時間には本来必要のないものです。

そして出来るだけ必要がなくなるようにアレンジしておくことが、よい業者の証だとも思います。
我々が必要な時には、問題がある、そういうことだからです。


IMGP0633.JPG

不動産売買手続き一つに関して、例えばその購入時、日本では契約というと売主(もしくは業者)が作成した既に完成している契約書の内容に対して判を押すようですが、あちらでは買いたい人が自分オリジナルの購入希望内容で売主へと希望書を提出します。(これをオファーといいます)

希望書にたくさんの希望内容をこれでもかと書き入れます。
希望金額はもちろん、例えば、「自分は現在日本に住んでいるので物件をまだ見ていない。だから2週間以内にそちらに行くので、そして見て気に入ったら買います。」、そういう要項がのっていることも有りますし、他には、「測量費用、清掃費用、シロアリ検査費用、登記費用、その一切について買主は負担しない」、そういう一方的とも言える記載だってあります。
(この辺りが、言わなきゃ損、なアメリカ式ですね)
つまりこのオファーの場合には、売買金額がいくら高くても売主の手取りは相当低くなるということになります。

(だから逆に売却時にも、そのオファーに対して、金額以外の面も全てチェックする必要があるのです。)


オファーする時には白紙を埋めていくわけではなく、一応定型契約書があります。
しかしそこに予め記載されている買主希望要項だけでも既に70項目以上あります。
その上別紙にて、それぞれの購入希望条項を当然のようにつけてきますから、全て読むだけでも一苦労です。

そして希望書を受取った売主は、買主に対して、今度は自分の希望を入れた修正案を提出します。(これをカウンターオファーといいます)


契約締結までにはそういうやり取りを何度も繰り返し、最終的に妥協案が見出せた時点でその書面に両者がサインします。

そしてこれが契約書となります。


ですからあちらの場合には、日本のような乙だの甲だのといったいかめしい文字で格式を保った、きれいに整った契約書ではなく、行ったり来たりが多い分たくさんの書類が添付され、いたずらに分厚くなったお世辞にもきれいとはいえない書類の束が、契約書となるのです。



このように契約ひとつとっても、このようにやり方がまったく違います。

ですから我々業者がお客様のためにすべきことは、オファー一つをとっても、まずは相手サイドに受け入れられそうなギリギリな線で、お客様優位なオファーをアドバイスすること。

その上で向うの文化面まで踏まえて、予め強く主張しておかなくては損をするかもしれないこと、そういうことをまで踏まえたアドバイスをしつつ、カウンターオファーを繰り返し、マクロでそのやり取りをお客様優位に持っていくお手伝いすることが我々の仕事と捕らえておかなくてはいけません。

(ただ翻訳文をお客様に渡しても意味はないと思います。他言語で書かれたものには必ず文化風習面での解釈の違いがあり、そこまで翻訳することは困難です。だからこういう時だけは、敢えて踏み込んでアドバイスしなくてはならないと思っています)


IMGP0202.JPG

留学先一つ選ぶにしても、たとえば60歳のあなたと、19歳のあなたでは学びたい内容も違うでしょうし、そもそも学校そのものに求めるものが違っているかもしれません。

ある人にとっては、学校とは学問の追及そのものであり、ある人には人との出会いの場としてであったりするでしょう。

そういうことを踏まえた上でスクール(とそれに付随するナニか)を探すこと、たくさんある中から、そこを見つけ出すことが私たちの仕事の本筋でしょう。


更に、学校探しだけでは完結しません。

住居、ビザ、などもコーディネートしなくてはいけないでしょう。


海外ロングステイです。

学校だけ、不動産だけ、そういうことではなく、お客様の目的の遂行のために必要なら、学校も、不動産も、です。

でも、まずは最初に目的ありき、です。



いずれにしても、

ロングステイが順調にまわり始めたら、我々はもう必要ありません。


お客様が現地で友人をつくられ、新しくオープンしたレストランに行かれている頃、我々はまた新たなお客様の土台をコーディネートしていることでしょう。

ですからもうその時にはすっかりはっきり相談室のことはお忘れください。


ここは海外ロングステイ相談室です。

海外への入り口と出口、そして困った時には、どうか気楽に、どうかそのまんまで、安心してお寄りください。

そして解決後は、そんなこともあんなことも相談室のこともすっかり忘れてしまい、ただ思いっきり海外を楽しんじゃってください。


IMGP0222.JPG
posted by 海外ロングステイ相談室 at 15:44 | ホノルル ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○海外ロングステイ相談室から

2010年04月07日

Condo Sales Spiked in HI!!(コンド市場が急上昇!)

たまには英語で、、、

IMGP0758.JPG IMGP0763.JPG

Aloha, All
According to the article on this morning's Honolulu Advertiser (page B5 of business section), biggest Hawaii Newspaper, see the increase in condominium sale in Kauai and the Big Island.
And, the other article on the front page of the same newspaper 2 days ago. It was a reseach done by University of Hawaii. They are prediciting the prices of real estate in Hawaii will start to rise soon for not many new construction permits issued. No permits to build means shortage of housing units soon.
Mahalo,
Kaigai-Longstay.com

訳文
アロハ皆様
今朝4月6日付けのホノルルアドバタイザーという新聞のビジネス欄に、カウアイ島とハワイ島でのコンドミニアムのセールスが顕著に増加しているという興味深い記事がありました。是非ともご一読ください。
そういえば2日前の同新聞の一面記事にはハワイ大学でのハワイ不動産に関する調査結果が記載されていましたね。その記事ではハワイ不動産市場は今後数年に渡り価格急騰が始まるとの結論が示されていました。つまりそれは水道管整備などのインフラ供給が間に合わず、つまり建築許可がなかなか下りない、だから今後は慢性的な物件不足が続くと見られていると、、、。
マハロ
海外ロングステイ相談室


IMGP0757.JPG IMGP0756.JPG


<後記>
個人住宅建築と違いコンドミニアムの建設は大規模開発です。またその多くはゾーニングの変更も伴うため、余計に許可が下りるまでに多くの時間がかかるしハードルも高くなります。
更には許可が下りたからといって明日明後日に建築が完成するということではないので、ですからこの物件不足は、昨年今年に許可が下りたコンドが完成する2年後3年後には確実に起こり得る可能性が高い問題ともいえるでしょう。
 
posted by 海外ロングステイ相談室 at 14:35 | ホノルル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○海外ロングステイ相談室から

2010年04月13日

ハワイ不動産に関する新聞記事

またホノルルアドバタイザー一面に「Home prices, sales up again」と載っていましたね。 


IMGP0768.JPG

やっぱり国民性の違いなのでしょうか。

自国は必ず復活すると100%信じ込んでいるアメリカ国民と、もう駄目かもしれない、、、などとつい考えてしまいがちな我が国。

復活すると信じているからイケイケの経済政策を次々に示す政府とそれにどんどん乗っかる国民。

片やデフレーション真っ只中の我が国、そしてまたしても高くなった貯蓄率。
正に悪循環。

どんな政策もどんな具体策も、結局は行う人の心で到着場所が変わってしまうもの、、、。

所詮物事は人がそう思ったように成ってしまうものかもしれない、、、。

ネガティブに思えばネガティブな結果になり、希望を信じればそれは必ず叶うもの。
どうもそんな気がする。

大丈夫、大丈夫!で、あのバブル景気は起こり、大丈夫かな?大丈夫かな?で、この高貯蓄となっている。

結局は「気持ち」。

やはりシンプルに、そうなのだと思う。
  

IMGP0821.JPG


ハワイ生活を送っている人は普通の人です。

ハワイ不動産を所有している人は貴方の近所の人です。

ハワイと日本を行ったり来たり、ロングステイを楽しんでいるのは、貴方の同僚です。 



考え過ぎて、動けない。 

行きたいけれど、でも不安が募って、なかなかその一歩が踏み出せない。  

それが貴方。 


でも、 乱暴に聞こえるかもしれませんが、暮らしてしまえばあとは何とかなるものです。


肝心なのは最初の一歩だけ、

ここさえ踏み越えれば、あとは流れに乗るだけです。
 
あれよあれよという間に、気がつけばハワイの我が家で日光浴しているものです。 

でも、
その一歩、この一歩だけが最も困難なのです。



貴方は長年この厳しい日本社会でサバイバルしてこられた方です。

そんな貴方が、この楽園で、ハワイという楽園で、暮らせないはずはありません。


不安なのは英語ですか?
 

それとも登記とか申告とか、そういう各種手続きですか?


こっそりお伝えしますが、こういう手続きも、何もかも本当は貴方自身で出来るのです。

インターネットがこれだけ発達してしまうと、ほとんどのことは自身でできてしまうのです。 

英語にしても、翻訳ソフトなどいろいろあります。
支払いにしてもペイパルとか便利なものがいろいろあります。


でも心の優しい貴方は、そういうことは出来るだけ覚えないでいて下さい。


そういうことには出来るだけ触らないでいてください。
 

だって
それが本当は簡単に出来ることが分かってしまうと、実にあっさりと出来ることが分かってしまうと、それでは私の仕事が無くなってしまうのです。
それでは私が困るのです。



IMGP0769.JPG

「その一歩」がなかなか踏み出せない方には共通の特徴があるようです。 

どうやら自分で勝手にまだ暮らす前に勝手に無理だと思い込んでしまうようなのです。

英語、手続き、そういうことから募る、「不安」、それがどんどん自分の中で大きなものとなってくるみたいです。

たった一歩を踏み出し、その流れにさえ乗ってしまえば、皆が言うように先人たちが言っているように、あとはあれよあれよという間に気がついたらここにいた、となっているはずなのに、です。


OKAY。

行きたい、でも不安、という方は、まず「その一歩」の「そのまた前」からはじめてみましょう。


例えばバケーションレンタルを借りてとりあえず2週間ほど過ごしてみましょう。

そしてそれがうまくいけば、もし楽しかったら、、、、その次は、、、、

などど今考えてはいけません!!


そんなことを実際に滞在する前に考えてしまうことがそもそもいけないのです。

だからまっさらに、何も考えないで、まずはその2週間をただのんびりと過ごしてみてください。

ただの
楽しみとして、そして自身への、家族へのご褒美として、楽園へとただ気軽に出かけてみてください。

             
posted by 海外ロングステイ相談室 at 11:48 | ホノルル ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○ハワイの杜

2010年04月24日

ハワイ島の物件紹介

今回は物件紹介。

ハワイ島ワイコロアビーチリゾートのコンドミニアムを、こじんまりとご紹介します。

234199327.jpg 234199304.jpg

以前に一度知人リアルターが所有していたホノルルのコンドミニアムをご紹介したことがありましたが、今回のそれも同じような状況です。

知人リアルターが近々にリタイアを予定していて、そしてこの機会に自分の所有不動産を整理したい。

しかもどうせ税金で持っていかれるだけなのだからキャピタルゲインはもう必要ない。
だからといって現地で破格値で即売してしまうと他の部屋を所有しているオーナーたちの迷惑になってしまう。(せっかく勢いの戻ってきたハワイ不動産市場です。でもたとえ一軒でも極端に安い値で市場で取引されてしまうと、それがその地域、そのコンドミニアムの取引基準を下げてしまうことになってしまうのです。)
 

そういうわけでまずは現地市場ではなく、もし非公開のうちに水面下で譲渡できるなら、、、、、、それなら喜んでアフォーダブルな条件で提供させていただきたい、、、、ということで日本の僕に声がかかってきたということです。

234199331.jpg 234199313.jpg

そういうわけでまだまだ詳細な条件は決まっておりません。
 

でも間違いなく、日頃皆さん自身でネットなどで調べられている現地で実際に売られている価格などと比べると、驚くほどお求めやすい条件で交渉に応じてくれるはずです。

234199317.jpg 234199318.jpg

ただし定期的なオープンハウスなどもやっておりませんし、そしてご連絡はお気軽に、、、、とも申せません。

何よりハワイが好きな人、そして本当に興味がある方だけ、ご連絡下さい。

  

234199337.jpg 234199316.jpg


そもそもハワイ島南コハラ地区、ワイコロアビーチリゾートと言ってもピンとこられない方は多いのかもしれません。

でもその割にはここを訪れた方は意外と多いものなのです。

ここワイコロアは、敷地内をボートやモノレールで移動するあの巨大なヒルトンホテルのあるところ、、、と言えば「あーあそこ!」と思い出される方もいらっしゃるかもしれませんね。

234199336.jpg 234199308.jpg

クイーンズ・マーケットプレイスとキングス・ショップの大きな2つのショッピングモールや、前途のヒルトンホテルとそしてマリオットホテルという2つの有名ホテル、LPGAツアーが開催されるゴルフコースが2つ(キングスとビーチ)、そしてAベイこと、ベストサンセットビーチの常連のアナエホオマル湾のビーチ。

コナ空港から車で約15分北上して右手にヘリコプター基地が見えたらそこを左に海に向かって曲がります。

そこがここワイコロアビーチリゾートです。
 

234199309.jpg 234199307.jpg

物件はビスタワイコロアといいます。部屋はその最上階の三階です。

そしてゴルフ場を望む眺望が多いことで知られるこのコンドミニアムではとても珍しいオーシャンビューの部屋が今回の物件です。

家具付の2寝室2バス、しかもエレベーターも付いているのでどの年代の方にも安心できると思いますよ。

A Hui Hou!
 


下記URLをクリックしていただけるとビデオを見ることができます。

            




                       海外ロングステイ相談室

posted by 海外ロングステイ相談室 at 09:49 | ホノルル ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ○海外ロングステイ相談室から