2010年04月13日

ハワイ不動産に関する新聞記事

またホノルルアドバタイザー一面に「Home prices, sales up again」と載っていましたね。 


IMGP0768.JPG

やっぱり国民性の違いなのでしょうか。

自国は必ず復活すると100%信じ込んでいるアメリカ国民と、もう駄目かもしれない、、、などとつい考えてしまいがちな我が国。

復活すると信じているからイケイケの経済政策を次々に示す政府とそれにどんどん乗っかる国民。

片やデフレーション真っ只中の我が国、そしてまたしても高くなった貯蓄率。
正に悪循環。

どんな政策もどんな具体策も、結局は行う人の心で到着場所が変わってしまうもの、、、。

所詮物事は人がそう思ったように成ってしまうものかもしれない、、、。

ネガティブに思えばネガティブな結果になり、希望を信じればそれは必ず叶うもの。
どうもそんな気がする。

大丈夫、大丈夫!で、あのバブル景気は起こり、大丈夫かな?大丈夫かな?で、この高貯蓄となっている。

結局は「気持ち」。

やはりシンプルに、そうなのだと思う。
  

IMGP0821.JPG


ハワイ生活を送っている人は普通の人です。

ハワイ不動産を所有している人は貴方の近所の人です。

ハワイと日本を行ったり来たり、ロングステイを楽しんでいるのは、貴方の同僚です。 



考え過ぎて、動けない。 

行きたいけれど、でも不安が募って、なかなかその一歩が踏み出せない。  

それが貴方。 


でも、 乱暴に聞こえるかもしれませんが、暮らしてしまえばあとは何とかなるものです。


肝心なのは最初の一歩だけ、

ここさえ踏み越えれば、あとは流れに乗るだけです。
 
あれよあれよという間に、気がつけばハワイの我が家で日光浴しているものです。 

でも、
その一歩、この一歩だけが最も困難なのです。



貴方は長年この厳しい日本社会でサバイバルしてこられた方です。

そんな貴方が、この楽園で、ハワイという楽園で、暮らせないはずはありません。


不安なのは英語ですか?
 

それとも登記とか申告とか、そういう各種手続きですか?


こっそりお伝えしますが、こういう手続きも、何もかも本当は貴方自身で出来るのです。

インターネットがこれだけ発達してしまうと、ほとんどのことは自身でできてしまうのです。 

英語にしても、翻訳ソフトなどいろいろあります。
支払いにしてもペイパルとか便利なものがいろいろあります。


でも心の優しい貴方は、そういうことは出来るだけ覚えないでいて下さい。


そういうことには出来るだけ触らないでいてください。
 

だって
それが本当は簡単に出来ることが分かってしまうと、実にあっさりと出来ることが分かってしまうと、それでは私の仕事が無くなってしまうのです。
それでは私が困るのです。



IMGP0769.JPG

「その一歩」がなかなか踏み出せない方には共通の特徴があるようです。 

どうやら自分で勝手にまだ暮らす前に勝手に無理だと思い込んでしまうようなのです。

英語、手続き、そういうことから募る、「不安」、それがどんどん自分の中で大きなものとなってくるみたいです。

たった一歩を踏み出し、その流れにさえ乗ってしまえば、皆が言うように先人たちが言っているように、あとはあれよあれよという間に気がついたらここにいた、となっているはずなのに、です。


OKAY。

行きたい、でも不安、という方は、まず「その一歩」の「そのまた前」からはじめてみましょう。


例えばバケーションレンタルを借りてとりあえず2週間ほど過ごしてみましょう。

そしてそれがうまくいけば、もし楽しかったら、、、、その次は、、、、

などど今考えてはいけません!!


そんなことを実際に滞在する前に考えてしまうことがそもそもいけないのです。

だからまっさらに、何も考えないで、まずはその2週間をただのんびりと過ごしてみてください。

ただの
楽しみとして、そして自身への、家族へのご褒美として、楽園へとただ気軽に出かけてみてください。

             
posted by 海外ロングステイ相談室 at 11:48 | ホノルル ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○ハワイの杜