2011年07月04日

ハワイ島不動産事件被害者の皆様へ

ハワイ島プナ地区の不動産を巡る日本サイドでの多くの被害者の方たちと接するうちに「現実」について思い知らされます。 

234266301.jpg

ハワイ島プナ地区は、ホノルルの喧騒とは無縁の、本当のハワイの地、、、、。

アロハの気持ちを今尚抱く、たくさんの気持ちの優しいロコたちが暮らす地上の楽園。
 

240894311.jpg

不幸なこれらの事件は全て日本で起こったこと、、、。

そしてそれは今尚止まずに起こっているという現実、、、。 


多くのハワイ生活にあこがれる人たちを陥れ、更にはこのハワイ島プナ地区のイメージまでゆがめ、、、、  

そもそもの共通項として、被害に会われた日本の皆さんは、ハワイの、この本当のハワイの地での生活を夢見ていた方たちで、、、、

しかもその目的が現実のものとなりかけていた方たちで、、、、、。


244068301.jpg

ですからこの機に及んでもやはり、、、、何とか今後の現実の中で、何とか折り合いをつけれるのなら、、、、、誤解を恐れずに敢えて言わせてもらうと、、、、やはりもう一度ソコを目指していて欲しいと心から思います。

243519304.jpg

この先の人生の中で、何としてもあの空気と気候の中での生活を、是非とも何としても体験して欲しい願います。  

あの不幸な事件の後、、、、、でも、その後紆余曲折はありながら、でもやはり計画を再開した人たち、、、、そして今現実に向こうでの生活を送っている人たち、、、、。


しかしそれに対して、今尚あの時の状態のままでいる人たち、あの不幸な事件後と今との状況が変わらない人たち、、、、。

こんなこと言うのは酷なのは承知しております。

でもやはり、その顔が、表情が、、、当時は同じ被害者であったはずの両者が、今ではまったくに違っています。
 



243638312.jpg

現実には更なる持ち出しはありました。

それでもやはり最終的に現実にハワイ生活を始められた方たちは、過去と今に、もちろんそれは完全にとはいえませんが、ある種の境のようなものができていますが、、、、、、しかしあのときのままでいる方たちは、場合によってはテレビなどで流れるハワイのことにすら目を背ける、そういう風に、知らず知らずのうちに今まであれだけ大好きだったハワイのことまでを忌み嫌うようになっている方だっています。 



もともとは皆同じだったはずです。ただあの地が好きで、、、、、あの地で暮らしてみたくて、、、、そこがシンプルなスタートだった人たちです。 


だからこのままもし、ハワイを特別な目で、ともするとトラウマのようなモノにしてしまうのは、あまりに不幸です。    



240746310.jpg 

本来我々業者は、例えばハワイ島プナ地区の大きな特徴でもある、アフォーダブルであること、リーズナブルであること、を最大限クライアントへインフォームし、、、、更には、土地を買ってそこに家を建てて、、、という日本式のそれではない、アメリカ式の不動産常識をアドバイスし、、、、、非居住外国人である日本人のためのハワイ生活そのものをトータルで提案することが仕事なはずです。


例えばこのあまりに不幸な事件に巻き込まれた人たちに対してだって、、、、結果は持ち出しにはなりますが、、、、でもなるべくそれを最低限に抑え、、、、更には今度は資産としての不動産として(でもあくまで値上がりのみに執着するのではなく、ましてや投資をあおったりするのでもなく、当たり前のこととしてソコソコにその価値をキープしてくれたらいいかなくらいで)、そういうことをも含めて、そしてこれからの向こうでの生活自体のことも含めて、トータルで提案していけるはずです。   


020.JPG

ただ話を伺った結果、結果的には、もう今後使わない、そういう結論に至る場合も現実の中では当然あります。

とするならば、ましてやそれは空き地で、賃貸にも出すこともできない、また何かあったとしても(たとえば不法投棄とか)遠隔地の非居住外国人として直ぐには対応できない、その上ランニングコストだけ今後も変わらずかかってくる、そういう不動産だったら、やはり早くに売却なりして手放したほうが良いと、僕も考えます。
 



もともとまずは最初に土地を買って、そのうちに十年後くらいに建物を、、、という発想は、土地重視の日本式の発想です。

もともと米国では生土地に不動産価値を見出しませんので、だから生土地として放置したまま長く所有し続けるという発想自体がありません。 



日本と違うのです。

米国の土地は生土地なのです。

インフラも何もそれを整備するのはオーナーの役割なのです。

ですから買った時点でははっきり申してただの荒地かジャングルです。
そこには水道も電気もなく、その手配は建築する段になって初めてオーナーの負担で進めるのです。

だからこそ米国ではたとえ30年物の建築物でも値上がるということが普通に起こるのです。

つまり不動産とは人の手がかかったモノである、というのがアチラの考えなのであって、人の手がかかっていない生土地というものは、そもそも不動産として流通しにくい、、そういう認識があるのです。
    



224586322.jpg 224586312.jpg

さて、例えばハワイ島プナ地区のある分譲地、、、、、。 

ハワイアンエーカーズという分譲地について今日は少しだけお話します。

まずは特徴として、この分譲地には自治組合がありますが、しかしこれはハワイ州裁判所で正式に認可されているものではなく、だから組織としては今は公的組織ではまだありません。

だから毎年オーナー宛にこの組合から道路修繕費の請求書が届くのですが、でも支払いは任意となっています。
つまりこれはあくまでドーネーション(寄付)としての道路修繕費ということです。


ですから、この費用は仮に延滞などがあった際にも、売却の際にエスクローを通じて強制的に清算される種類のものではありません。
つまりはっきり申しますと、支払わなくてもペナルティーのない種類のものということになります。 
※もちろんこれはあくまで2011年6月末現在の時点でのことで、この先裁判所から正式に証書が発行されたら、他の分譲地の組合同様に、支払いが義務ということになり、延滞は債務となることもあるでしょう。)


IMGP1740.JPG IMGP1738.JPG



現実の中で売却されることに決断された時には、必ず担当のセールスマンの言葉よりもまず校正中立な数字を、つまりMLSデータを事前にご覧になるようにしてください。


そのMLSデータには上に”COMPARABLE LISTINGS FOR SALE”とあり、ここには「売り出し中」の区画リストが記載されていて、下には”COMPARABLE LISTINGS THAT HAVE SOLD”とある項がつまり実際の「売却済み」の区画リストが記載されています。


ですから現実を知るためには、特に”COMPARABLE LISTINGS THAT HAVE SOLD”つまり「売却済み」の区画リストだけを注視する必要があります。   

そうして現実的な売却売り出し金額を決め、MLSへ掲示し、まずは1ヶ月ほど様子をみてもしオファーが届かないときには、売り出し価格をそのときには思い切って変え、そしてその後はじっと待つ、ということも大切なことだと思っております。  


経験的にオファーが届くのはMLS掲示後1ヶ月以内というのケースが最も多く、理由はよくわかりませんが、掲示後100日を越えた物件へは問い合わせ自体が急速に少なくなります。
理由は分かりませんが、探している人の心理として、なぜか人は新着情報からチェックしていきがちのようです。
  

ですから売り出しにあたっては、1ヶ月を一つの目安にして、何か手を打っていくことが必要となります。    


IMGP1741.JPG IMGP1726.JPG IMGP1720.JPG

本当に不幸な事件です。
被害者の人生を根本的に変えてしまったのです。決して許されるものではないし、決して風化させられるものでもありません。


事件は既に起こってしまっています。

そして未だに解決もしていません。

でも一方で、皆さんの本来のシンプルな目的は、やはり向こうでの生活だったはず、、、、。  



テレビや雑誌のハワイ情報や本を昔はあんなに楽しく見ていたのが、一転、そういうものが視界に現れた途端目を背けたくなる今、、、。

やはりそんなのは悲しすぎます。




スーパーマンはいません。だからもちろん無理難題はできません。
だからといってあきらめるのは少し待って下さい。

現実を、経験的にひとつひとつ丁寧に、きちんと対処していけば、必ず出口はあります。

ましてやここはハワイ島プナ地区、もともと、驚くほどにアフォーダブルでリーズナブルな地域です。



どうかあきらめないで下さい。

方法はいろいろあります。


上げ膳据え膳はもうありません。

贅沢三昧のハワイ生活もありません。

でもやるべきことをやっていく、それをしていけば必ず道は開けます。
早く、そしてなるべくコストをかけずに。


それがそもそものハワイ島生活の醍醐味でもあったはずなのです。 

 海外ロングステイ相談室


IMGP1595.JPG
posted by 海外ロングステイ相談室 at 10:58 | ホノルル ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ○海外ロングステイ相談室から

2011年07月15日

ハワイ島プナ地区で家を建てる。

ハワイの普通の一軒家に泊まった事ありますか?


ホテルではなくコンドでもなく、普通の普通の一軒家、、、、。


IMGP1502.JPG

一軒家に、特に郊外の一軒家に滞在していると、時が経ちふと気がつくことがあります。

「あれっ、そういえばエアコン使っていないや、、、」と。


日本に比べて夏は格段に涼しいハワイでもやはりホテル滞在では空調完備なものです。 

でも、いざ郊外の一軒家に泊まっていると、エアコンつけていません。

家を訪れ、窓を開け放つと、風がそよそよと入ってきます。

網戸と室内スリッパはハワイ式、素足でペタペタ、そしてそよそよとどこからか絶え間なく流れる風に、リラックスして、気がつくとラナイで昼寝しています。
 


ワイキキのエアコンの快適さは急速すぎます。
5分もすると寒くて、足が痛み出します。

でも窓を開けてもビルばかりですから風が流れません。
だからやはりエアコンをつけざるを得ません。
しかたなく上着を着るはめになります。
    



240993308.jpg

ハワイの家の建築のポイントはすべからく風です。

風の通り道をうまく作ってやること、、。


もちろん他にも押さえておくべきポイントはあるのですが、でもまあここさえうまくやっておけば、少なくても快適な穏やかな毎日を送ることができます。
 

玄関ドアには鍵つきの網戸ドアを特注で取り付けておけば尚快適で安心です。

ハワイならでの貿易風の通り道と、島国ならではの海風と山風と、地形の高低さと亜熱帯の木々の生え方、、、そういうものをうまく組み合わせて、うまく風の抜ける家を建てたら、そこにエアコンは必要ありません。


特に郊外の、昔からの居住地だった地域では特にそうです。
(大規模開発によりできたリゾートエリアはもともとが砂漠地だった地域が主なので風も強風過ぎて、しかも日光をさえぎる自然がなく照りつける日差しが直接過ぎるので、やはりエアコンは必要です。)

日本の建築は、南向きの日当たりの良い空間を、、、とか、梅雨、高温多湿、低温乾燥、台風、地震という、一年を通じての厳しい自然環境にある日本独自の風土にあった家作りが、、、、だから相当なレベルのものが求められます。 

でもそれを同じようにハワイでも、、、はもちろん当てはまりません。 

世の中の常として、レベルが高ければよいものとは限らないのです。

過ぎたるは及ばざるがごとし、なのです、やはり、、、、。  

南向きの日当たりの良い空間はあちらでは逆に敬遠されますし、(ハワイの家には涼を求めますので、、) つまり何事もその場所にあった、そこだから必要なモノ、カタチ、があるのだと思います。 


ハワイ島ヒロに「合掌造り」は不要ですし、北海道釧路市に「高床建築」では風通しが良すぎます。  


モノ、カタチ、だけではありません。 

カンガエ(考え方)、そして、ヒト、も同じだと思います。

どんなに優秀なヒト(技術者)でもマッチしない、そういうケースは多々あるのです。  

世界でも指折りの建築技術を持った、世界でも指折りの自然環境の脅威を抱えるこの日本で教育を受けた建築関係者の技術力はすばらしいです。

梅雨、秋の長雨、高温多湿な夏、極寒乾燥の冬、台風、地震、、、、、好むと好まざるとに関わらずこうした厳しい自然環境に暮らす日本人、その住環境を支えてくれる建築関係者はやはり世界でも相当に高いレベルの技術者なのだと思います。 


ただそれをそのままハワイでも、、、は無理があり過ぎます。

やはり過ぎたるは及ばざるが如しです。 





こうした日本の技術者がそのままハワイで、ハワイの建築業者と打ち合わせをすると、温度差が発生し、話し合いはややこしくなり、やがて大きく混乱が生まれだします。

最後には「ハワイはレベルが低い!」というお決まりの言葉が出て、そこからあとは上から目線、そして我慢大会です。


これでは顧客満足というプロとしての本来の目的は、、、どこにいってしまうのか、、、です。  



240049319.jpg 240049330.jpg 


ところで、「ハワイには地震がありません。」 

もちろんこれはデータ上まったく無いということではありません。

実際に数年前にもハワイで大地震が起こっていますし、その被害は甚大でした。



でも実はそのときの、現地で大地震とされた時の震度は、せいぜいが3とか、その程度なのです。

日本で震度3といえば、揺れは感じるけれど、大地震とはいいません。

しかし「地震のないハワイ」では震度3は大地震で、被害は甚大なものとなるのです。 



ハワイには普通地震はない、ないからはじめから耐震の建築もしない。

何事も0ということはありません。だから稀有な確率ではあるけれど震度2とか3の地震はいつかは起こります。
でもまあ、ハワイは日常的に地震のない地域ということです。

ただそういうわけで耐震のシステムがないので、たまたま震度3の地震が起こるとその被害がすごいのです。





240049312.jpg 240049308.jpg

日本で教育を受け、キャリアを経た優秀な建築関係者が、ハワイ島東側での日本人ロングステイヤーの家の建築工事を請け負うときに陥りやすいツボがあります。 

既に述べたように日本人建築関係者はその経緯から建築技術に関してのレベルは相当に高いものがあります。

対してもともと自然環境に恵まれたハワイでのそれはお世辞にもレベルの高いものとは言いにくいものがあります。

技術力、特に自然環境に対しての耐性技術に関してのそれは、日本は世界でも群を抜きます。 

でもだからこそ陥りやすい罠があります。


日本の優秀な技術者は、その優秀さゆえハワイの建築の理論もすぐに理解します。 

風の通りの理屈も直ぐに理解します。

優秀なのです。何事に対しても。 


そして優秀だからこそ、日本人である顧客の(ロングステイヤーの)希望を細かに取り入れようとします。

日本にいるときと同じように細かな提案をし、細かな配慮をしようとします。

更には日本式建築まで提案もします。

同じ日本人同士です。同じ日本の環境と技術力を知った日本人同士です。
話はどんどん進みます。

プラン上は既に、ハワイの地に、日本式の細やかな配慮を施された家が建っています。 


そして出来上がったプランをハワイ島現地の業者と打ち合わせします。
話の通じない箇所がたくさん出てきます。
訂正しなくてはならない点、妥協しなくてはならない点がたくさん出てきます。 

やがて、この優秀な日本人建築関係者は顧客にこう言わざるを得なくなります。

「ハワイですから、、、仕方ありません。」

そしてプランは大幅に妥協されます。

日本式の細やかな配慮のいくつかは取りやめになります。
 

もちろん不満はプラン訂正後にも訪れます。

そしてプラン訂正後の不満の方がますます大きなものとなっていくことでしょう。
気持ちと現実のズレは日に日に大きくなってくるでしょう。


そしてその度に、「日本だったら、、、」、「日本では、、、」という考えが頭をよぎるでしょう。 

そしてその感情がそのままネガティブなまま顧客に、「ハワイですから、、、」という返答に現れてしまうのでしょう。  


 233666324.jpg 233666322.jpg 231004336.jpg 

でも、よくよく考えてみてください。

もともとは建築業者であるあなたが不要な工事を顧客へ提案したのです。

あなたが顧客のためと称して、無用な日本流の工事を提案してきたのです。

201509304.jpg 201509307.jpg

ここはハワイです。

日本ではありません。
 


もちろんここには日本ほどの技術力はないのでしょう。 

でもそれは必要ないからなのです。 



ここには地震はありません。

梅雨もない、台風もない、うだるような灼熱の暑さもない、もちろん寒さもない、この地上の楽園で、いったいあなたはどういう建物を顧客のためにオーダーしようとしていたのですか?
   


日本の建築関係者に求められてるのは、日本人である顧客へ日本式のスタイルに沿った、日本式のルールの沿った提案をすることでもないし、ましてや日本流に近づけた建築物をハワイの地に建てることを提案することではないはずです。 

あなたの日本流を、顧客の為と言いながら、ハワイへそれをどうか押し付けないで下さい。  



それを強く推し進めればするほど、顧客&日本の建築関係者VSハワイの業者、という図式になってしまい、そこには、理解不足、混乱、しか生まれないでしょうし、だから完成品も当然満足のいくものにはなりません。  

日本の建築関係者に求められてるのは、顧客とハワイ建築業者とのちょうど間に入り、逆にハワイの建築の特徴を日本の顧客へ日本流に分かりやすく伝え、そのうえで顧客の知らなかったハワイならではの特徴を十分加味したものを顧客へ提案する、そういうことなのではと思います。

少なくても、
日本式をハワイで強引にやることではありません。



顧客はただ知らないのです。

だから日本式を希望してきますし、日本式の建築の考えでものを話してきます。

でもあなたはそれに引きづられてはいけないのです。 

あなただけがハワイも日本もその両方を知っているのです。 

あなただけがどちらの良い面も悪い面も知っているのです。


ならばハワイの建築に関しては、あくまでハワイの特徴をベースに、あなたが日本流で話をリードすればいいのです。

そこには同じ日本人であるあなただからこそ、目の前の顧客の本当の潜在的な希望をつかむことができ、高い建築知識をもちハワイの建築にも精通しているあなただからこそ、あなたしか発見できないアイディアが生まれてくるはずなのです。
 


顧客は自身の希望を明確には伝えることはできません。
人は知り得ないことを求めることはできないのです。
 


日本の業者にはまず第一にハワイの建築を知ること、そしてそれをベースにして顧客に提案すること、つまりハワイ流建築を日本式対話でリードしてあげることです。 


まちがっても、顧客と一緒にハワイの業者と相対しては駄目です。 
日本式をハワイに押し付けては駄目です。
ハワイ流を自身の顧客である日本人用にアレンジするのです。

更にはハワイの業者を日本人顧客の味方につけるように仕向けることです。

それこそが日本の業者の存在価値です。
 

そうじゃなければ、そもそも日本の業者を間に入れる意味がないではないですか? 

ハワイの建築は、実際の工事内容も、そして制度上でも、日本の工法と異なる点が数多くあります。 

ですから、通訳だけをつけて、現地の建築会社と直接というのは、これはこれで相当に混乱を招く恐れはあります。 

専門家である建築業者だからこそ、ただの英語だけの通訳にはできないプロとしての説明やアドバイスができるのです。 

それなのに、顧客と同じ目線で、「ハワイはレベルが、、、、、」とか「日本だったら、、、」ということばかり言うのでしたら、そんな業者は必要ありません。


却って百害あって一利なしです。 


普通の通訳はあくまでただ言葉を訳するだけです。

ですから訳された言葉のその真意をつかむことも、そして更にはその後の対策を練るもの、最終的には全て顧客自身で、たった一人でやらなくてはなりません。
だって通訳は専門家ではないのです。専門知識はまったく持ち合わせていない人なのです。


しかし業者はただの通訳ではありません。


言葉ではなく本筋を伝えられるはずなのです。

だからたとえ建築業者の担当者の英語能力が拙くたって、そんなことは大事ではないのです。

確かな技術を持ったもの同士は言葉を超えて対話できます。

専門家同士だからこそ伝わるコミュニケーションがあるのです。
 

だから必要なのは、きちんと強く間に入れているかどうかです。

顧客サイドだけに立った、日本サイドにだけ立っている、そういう業者は、残念ながら顧客のためにはなりません。  


234329304.jpg 231004302.jpg 230727314.jpg


ハワイは日本ではありません。

ハワイに、ハワイ島にプナ地区に、日本人が家を建てるのです。

日本の専門業者に求められることは、顧客の知らないハワイの特性を伝え、ハワイの技術力と、ハワイの市場で可能な中から、目の前の顧客の潜在的な希望を同胞の目で掴み取り、それをプロとして現場へ明確に指示し、そのゴールまで確実に強い意志で導いて行くことが、ハワイと日本両方に精通した特殊能力を持ったプロとしての仕事です。   


230727313.jpg

ハワイ島プナ地区、、、、。

中途半端に日本風に建てられた10年もの20年ものの一軒家、、、、そういうものが今売買市場でたくさん売れ残っています。

不幸なことにそういう物件はどんなに金額を安くしてもオファーすら届きません。 


3寝室に浴室がたったの1つだけ、、、、、。

ガレージにはコンパクトカー一台分のスペースしかない、、、。

日本にある日本の家ならそれもいいでしょう。

しかしアメリカではそういう家では、マーケットで戦えません。
 


「売るに売れない不動産」、、、。

これはある意味、、、人災です。



本来
ハワイを知っているはずの日本の業者には、そういう点を事前にもっと強くに、顧客にどんどん知らせていく必要があります。

専門家として、顧客より知識を知り得ている人間として、時には決して迎合してはならないことはあります。

例えばそれが、我々日本サイドにいてハワイを扱う業者の、その存在理由の一つなのだと思います。
   


 



海外ロングステイ相談室


IMGP0370.JPG IMGP0711.JPG IMGP0718.JPG
posted by 海外ロングステイ相談室 at 13:50 | ホノルル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○ハワイ不動産の購入