2012年11月01日

ハワイ島で一ヶ月たっぷりのんびりゴルフ三昧の滞在がしたい(でも安く)!

ホノルルは何度か訪れているけど今回初めてのハワイ島、そこで思いっきりただゴルフ三昧の生活をしたい。

02d4a5fd-8bbc-4d19-a9ac-80183665b129_1.jpg 5c03eaea-d16f-4f44-b230-ee28a3e1b1db_1.jpg


40年以上真面目に働き、そして引退した今は本当は大好きなゴルフをしながら静かにハワイで過ごしたいところですが、先立つものも考えなくてはなりません。
 
そこで今回30日から45日程度をハワイ島でゴルフをしながら滞在できる安くて快適なアパートを借りて生活してみたいと思います。 
ついては家賃の例、光熱費、水道代、WIFI代などかかる費用を知りたいと思います。 

当方のスペックは、ハワイ島は始めての訪問、日常英会話は大丈夫だと思います、アパートは小さくて質素で古くてもいいから安価なアパートかコンドミニアムを希望します(1ベッドルーム+シャワー+キッチン+レンジ+冷蔵庫があれば十分です)、尚滞在目的はゴルフだけで観光は不要です。

それからできればゴルフ場とスーパーマーケットに歩いて行けるアパートがありましたら紹介下さい。
ゴルフ場は観光客向けの所謂高級なところではなく一般市民公共ゴルフ場などを教えて下さい。
そしてゴルフ場のプレイフィーの相場を教えて下さい。
   


5db2ba1f-061d-4d08-9fb1-bd09dd57597f_1.jpg 7bb9ddf3-60c8-4f30-adc9-762cbd24ac70_1.jpg


なるほどなるほど。

約1ヶ月間のビッグアイランドでのゴルフ三昧の滞在とは素敵ですね。

しかも初めてのビッグアイランドへのご滞在、そしてその際にはホテルではなく賃貸住居を利用したいとのことで、きっと今までの想像していたのとまったく違う感覚と体感と景色を味わわれることと想像します。

わくわくしますね。
 
それでは百聞は一見に如かず、少し候補を私の方でも具体的にご紹介したいと思います。

尚その際に確認しておきたいことがありますが、ビッグアイランドへの滞在は主に西側東側どちらへの興味がより強いのでしょう?

実はビッグアイランドでは西側と東側ではコンドやバケーションレンタルの金額の相場に相当に開きがあり、例えば東側のヒロ市郊外の3〜2寝室くらいの普通の敷地面積が500坪程度の戸建を1ヶ月バケーションレンタルで借りようとすると、(ピンきりは当然ありますが)、1000ドルくらいからでも一軒家の賃貸物件を探すことができますが、でももし同程度の物件を西側で探すとなるとキャップクック以南まで行かないとまず見つかりませんし、またリゾート地のサウスコハラや、観光地のカイルアコナは東側の相場の(あくまでざっくりとですが)倍はします。

なのでまずは地域の選択、せめて西か東、あるいはワイメア辺りとか、ナーレフ辺りとか、もしくはいっそ地域ではなく金額によるとか、少し絞ってから探した方が良いです。
(それからまたこの時期12月はハワイで一番の繁忙期で且つ金額も最高値の時期なので余計に予算も選択肢もタイトになります)
 


またビッグアイランドにはヘリオンバスという公共バスがありますが、しかしこれが走っている路線はかなり限られていて、ですから長期滞在の場合にはこの島ではレンタカーは不可欠に思います。
(ただこのヘリオンバスはついこの前まで何と無料で、今でも片道たった1ドルですので、例えば滞在中にこれを使いヒロからコナへ日帰り旅行は、何とたった2ドル!で可能ではあります。)
  


尚ビッグアイランドはゴルフ場の数が実にたくさんそれも多種多彩にありますので、場所場所で雰囲気がまったく違い、飽きることはないと思います。

ただもちろんプライベートのそれは金額も相当にはるので(それでも日本よりは安いですが)あれですが、ちなみにコナ側のパブリックのそれでコナCCの山側が85ドル(55歳以上)、ビッグアイランドカントリークラブだと僅か59ドル(事前ネット予約)です。
また東側のヒロではムニンシバルが44ドル、また高地のキラウエア火山にあるボルケーノゴルフは55ドルとなっています。
ちなみにプライベートでは日本の皆さんにも有名な海越えのコースがあるマウナラニで215ドルです。

でもでも、、、、、実はこの金額もビッグアイランドのゴルフ場事前予約サイトなどを使って時間別に細かく載っているそれから直接オンラインにて予約をすると、時間帯によっては、もしくは空き人数によっては、例えば40%オフとかという記載もあったりするので、そういうのをうまく活用するとぐっとお得になりますので、相当にお得にプレーを楽しめますね。
  


26cf0a6c-3398-4f2a-a1a8-e63a33330f45_1.jpg 33df0747-dd41-43fc-a0bb-1e28868da63e_1.jpg


ともかくその名のとおりにビッグアイランド、大自然の大きな島ですので、ともかく滞在の場所をまず最初に決めから探さないと、同じ島でも相場がまったくに違うし、そもそも同じ島なのにその雰囲気がまったくにがらりと違います(実際に行かれると実感されます)。

でもだからといってもしレンタカーをやめ、数の限られたヘリオンバスのみを利用する滞在だと、滞在地の選択肢はぐっと狭まり、せいぜいが(よく観光ガイドにも載っている)コナのアリイドライブ周辺とか、コハラリゾートのようなリゾートコロニーくらいしか選択肢はなく、もしそいうところで良いのならアレですが(もちろんこれは私の偏見ですが)わざわざビッグアイランドへ行く意味が、、、、うーん、、、というところです。  




11303f93-c93b-4fe6-b15a-a10ca9c902a8_1.jpg 



早速ご丁寧な回答誠に有り難うございます。
できれば滞在は東側で小さくてももっと安価な部屋がいいです。古くても全く気にしません。
1ベッド+1キッチン+1シャワーの1ルームでいいです。

東側のムニンシバルと高地のキラウエア火山にあるボルケーノゴルフを主戦場とし、ときどきビッグアイランドカントリークラブに足を伸ばすという程度にしたいと思います。(あとでそのお得な予約の仕方を教えて下さい。)

なのでアパートは本当はムニシパルの歩いて行けるところにあって、更に近くにスーパーがあれば最高ですね。

やはり100ドル以上もするゴルフ場には度々ゆく訳にはいきません。
 


今回はお金のかかる観光が目的ではありませんので、あくまで質素なゴルフ三昧としたいです。
また将来的にもっと長期にわたるステイをした場合の、今回はその一歩としてどのようなところかを体感したい。
気温、湿気、物価、現地の方の気質、などを体感したい。そういう希望です。

勝手なことばかりでを申し訳ありません。以上のことに合うようなものがもしあればいいのですが、よろしくご回答御願い致します。


92578604-badc-4514-8841-893630e099bc_1.jpg 



早速にビッグアイランド東側のご希望に合いそうな滞在先を探してみましたが、如何せん良いなというそれは12月のクリスマス期間のためほぼ既に予約済みとなっていて、なかなかこのハイシーズンは難しいものがあります。 

それでもあちこちあたってみて3つばかり、今日現在の時点で空きがある、またかなりアフォーダブルな価格で且つ質も良さそうなそれらを見つけましたのでまずは取り急ぎ下記にご紹介いたします。

それから、これは提案ですが、もし滞在を一つところに限定しないで、移動しても良いということであれば、例えばクリスマス期間だけ一旦別の場所へ宿泊し、そしてそれ以外をもっと条件の良い場所へ、、、ということも可能だと思います。 


@場所:Honomu, HI (ヒロ市内から19号線で15分北上したのどかな地域)
新築アパートメント(1寝室1浴室家具食器生活用具付)家賃:月契約の場合1700ドル、週契約の場合週650ドル。(光熱費など全て込み) 

A場所:Pahoa, HI (ヒロ市内から11号線で30分南下したジャングル地域)
戸建(1寝室w/アルファー1浴室家具食器生活用具付)家賃:週契約595ドル(光熱費など全て込み) 

B場所:Mountain View, HI (ヒロ市内から11号線で20分南西下した農園地域)
コテージ(1寝室1浴室家具食器生活用具付)家賃:週契約400ドル(光熱費など全て込み)   




b0f7f11c-36b2-4c6e-968c-da7760d19cc5_1.jpg b2b15c82-2ec3-4ee8-8180-97380d5c6730_1.jpg



迅速真摯なご回答ありがとうございます。

頂いた賃貸可能物件の家々の写真は、トムモリスが住んだような、私の理想とする質素な部屋で、どれも大変いいです。

そして確かに滞在中によりよい条件の場所に移り住んでゆくことは大賛成です。というよりそれは願ったりです。

なので希望条件を訂正し明解にします。

滞在希望を年末年始をはさんだ1ヶ月間とし、可能なら西側にも滞在してみたいけど、しかし予算の関係上ハワイ島東側だけでも十分です。

また現地では、地元の人に融けこんだような生活をしたい、ハワイの気候風土を体感したい、優先順位はゴルフーハワイ生活の体感―観光の順です。
  


f42c3db5-eacb-4568-8432-627afab1dffb_1.jpg garden_5.jpg 




宿泊期間が1ヶ月あるなら、せっかくですので、もし宜しければ例えば15日を東へ残り15日を西側へ、というようなことでまずは探してみましょうか?

ただその場合最初に気をつけるべきは飛行機とレンタカーのこと、つまり行きと帰りが違う空港からの発着となる場合にはその料金も違ってきますので、その辺は予め要チェックですね。
(特にもし最初がヒロ空港からの場合、帰りもたとえコナ側へ泊まっていても簡単にヒロから帰ると考えられていても、実際にアノ島は大きな島でまた追い越しの出来ない道路も多く、更にはこういう便は朝の便であることが多いので極めて危険ですので)
 

ちなみに今日は西側の2つと東側の3つを下記に記しました。

そして大変失礼かもしれないと思ったのですが、特に西側のそれは今現実予約可能な中での価格面を重視したそれだけをあえてピックアップいたしました。

さてこの先は、まず感覚でかまいませんので、前回のも含めて1位から3位くらいまで候補を頂き、そして私が実際に各物件のオーナーに個別に連絡をして、詳細の金額、予約可能かどうか、予約の手順、などを訊き、その上でそのどれかを(あるいはその中から複数を※場所を途中で変える場合※例えば最初の1週間Aへ宿泊しその後はBへ、、、など)決めて絞ってまいりましょう。 

尚スーパーなどの生活関連施設は最後にどこかに決定した時にまたいろいろ情報をご提供いたします。
(といいますのも、そもそもコナの観光地以外では近所から歩いていけるような直ぐ近くににそういう施設があるところというのはまずないのがこの島なので、、、、でもその代わり例えば曜日によっての各地域での朝市はそれはすごいので、、、日本での生活の視点と変えるとなかなか面白いものです。)
 


@場所:Keauhou, HI (コナ空港から車で南に35分ほど。コナ市内からは車で南に5分程度。※コナカントリークラブの隣のコンドミニアム。)
コンドミニアム(1寝室1DEN2浴室家具食器生活用具付)※敷地内にプールやタブなどの施設有り。
家賃:30日以上滞在の場合一泊83.33ドル、1週間以上の滞在の場合一泊100ドル。(光熱費など全て込み)
※(尚このレートはクリスマス期間の最高額レートとなっており、閑散期はこの83.33ドルが一気に50ドルまで落ちます。)
 

A場所:Kailua-Kona, HI
戸建(コテージ)内の別棟ワンルームに専用浴室付の部屋で一泊49ドル。 

B場所:Mountain View, HI (ヒロ市内から11号線で20分南西下した農園地域)
コテージ(1寝室1浴室家具食器生活用具付)家賃:週契約400ドル(光熱費など全て込み) 

C場所:Keaau, HI (ヒロ市内から11号線で10分ほど南下した農園地域)
敷地内のコテージアパートメント(1寝室1簡易浴室、家具食器生活用具付)
家賃:週契約377ドル(光熱費など全て込み) 

D場所:Akaka Falls, HI (ヒロ市内から19号線で10分ほど北上した農園地域。)
コテージ(1寝室1浴室、家具食器生活用具付)
家賃:週契約520ドル(光熱費など全て込み))※1泊の場合は75ドル 


追記;やはり時期が時期なだけに、空いている物件は少なく、しかし金額は一年で一番高い時期なので、あまり選択肢はありませんが、でもその分滞在場所を決められた後でも有意義な情報だけはできるだけご提供し、快適なハワイ島滞在をお送りいただきたいと思います。    






202.jpg 201.jpg (カラパナ)



最終的に決まったのは、12月中ごろからの半分をハワイ島東側のカラパナのオーシャンビューのコテージワンルーム
(専用キッチン及びバスルーム付ワンルーム)で、ただここに関しての唯一の欠点はその距離です。

ヒロ市内からだと車で南へ40分ほどもあるので、そういう長時間ドライブを強いられるその疲労がやはりネックです。

ただそれ以外は環境といい、家の中身といい、金額といい、申し分ないアフォーダブルな宿だとは思います。

ネットも無料の高速WIFI完備ですし、何といってもその宿泊料金がこの最繁忙期に14泊合計で税込みわずか590ドルのみの請求なので、やはりこれはお得です。 

尚ここから通うゴルフ場へはヒロムニンシバルへが車で30分ほど、ヒロのナニロアへが40分、またボルケーノ(火山)CCへは45分、ハワイ島の最南端のブラックサンドビーチCCへは50分ほどとなります。 




garden_clip_image013.jpg garden_clip_image016.jpg (カイルアコナ)

そして年末以降から1月中ごろの帰国までは、カイルアコナのコテージ内敷地内の別棟ワンルーム一泊49ドルで決まりです。

この時期のお楽しみ、コナだとニューイヤーイブの花火など、楽しみも多そうです。

尚これは余談ですが、このコテージのオーナーと話しましたところ、彼の息子さんは今大学生で一緒に暮らしていて、なんとその息子さんは日本語を話せるそうなので、滞在中よかったらいろいろ訊いて下さい、と言ってくれました。 

またこれも偶然ですが、、、実はこのオーナーさんのはこの12月3日で68になられるという、、もしや同い年ですか?
もしくはこのオーナーさんが言われているように、やはり彼がいつものごとくまたこの家で一番年上(笑)?
何かのご縁でしょうから、夜などは庭で、日本語が話せる大学生の息子さんを交えてのおしゃべりも楽しそうですね。 



garden_clip_image021.jpg

私は12月11日で68歳になります。なのでオーナーさんよりかなり若いことになりますね(笑)。

ところで改めて笹本さんのブログを最初から拝見しました。

米国で苦労されたけれど、米国に愛着をもっておられるようですね。
実は私も笹本さんと同じです。
私は20代の時に2年、そして50代になってからシリコンバレーに3年おりました。ただ私の滞在は会社がらみの仕事で苦労のないもので、でもお陰様でカリフォルニア北部のゴルフコースはほとんど全て行きました(昔からゴルフが大好きなので)。
そして退職後はアジアの各所に何度となく訪れたりしたのですが、やはり私の場合には英語圏の心地よさが忘れられないということです。
なので今回は「ずっと希望していた念願のハワイにロングステイする」ことを笹本さんにご相談して、それがとうとう実現するするわけです。

欧米の物価高はアジアの安さに比較しようがありませんが、それでも米国本土の温暖な西海岸やハワイに住むという夢をあきらめたわけではありません。

実は今回は夢のカルフォルニア、夢のハワイに少しでも近付くためのジャーニーです。     


garden_clip_image018.jpg



最初コンドミニアムのようなアパートメント滞在を希望されていたのが、最終的には東も西も戸建への滞在となったわけですが、実はハワイ島の特に東側は、ヒロ市とハワイ郡が建物の高さ制限をしているため、もともとコンドミニアムの数が少ない地域なのです。

それはこの島ならではの、マウナケアの天文台のため、つまり世界一きれいだといわれる星の観察のための、ネオンの妨害を防ぐためでもあります。
だからここに行かれて、そしてヒロ空港でまずはあまりに建物の低さに驚くことでしょう。

そして更にその夜あまりの星空の美しさに驚くことでしょう。


北カルフォルニア、シリコンバレー、、ですか?
私のブログにも書いてありますように、私自身が2002年の帰国まで10年近くを過ごした場所もこのベイエリアです。
ドライブしながらの101の景色、280からの景色。カーラジオからの音楽、、、。

ご年齢から逆算すると、きっと私がサンマテオやバーリンゲームに住んでいたときと少し重なりますね。

当時はカーラジオから「ドットコム!!!」というIT関連のCMがたくさん流れていましたね。
ITのメッカの地ですから、本当に特に90年代はアノ地域の日々の変貌はすごかったです。
活気に満ちていて、、、、でも同時に古いものが無くなり、どんどん再開発が行われ、、、そういう端境期でもありましたね。

サウスオブマーケットも今ではすっかり高級地域です。ワールドチャンピオンのジャイアンツは、当時LAの新人だった野茂も投げた風の強いキャンドルスティックからはとうに移転しています。
バートも便利になりました。

でもあの坂はずっとあります。あの気候も匂いも変わらずそこにあります。
景色が例え変わっても、匂いや肌に触れる空気で、唐突に思い出は蘇ってきます。
 

話しが脱線しました。




ともかくあとは楽しんで下さい。
でも車の運転だけにはくれぐれも気をつけて下さい。
ロコの人たちは親切でやさしく道を譲ってくれますし、また車間距離も十分とっていますけど、問題はレンタカーを運転してる人たち、、、派手なオープンカーとかが近くに来たら、なるべくやり過ごして、のんびりゆっくり安全運転でどうか楽しいビッグアイランド生活をして下さい。
そしてもちろん滞在中もメールをいただければ、遠隔で行きたい場所や知りたい情報をいくらでも提供しますので、どうかお気軽にメールして下さいね。

マハロ&アフイホウ
笹本正明
@海外ロングステイ相談室
http://hawaii-consultant.com/

250155313.jpg


posted by 海外ロングステイ相談室 at 10:45 | ホノルル ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ○ハワイの杜