2012年12月01日

ハワイ島ヒロに住む。さてヒロ市内かヒロ郊外か、、、。

 

ハワイロングステイの候補地を、さてホノルルにするか、マウイにするか、はたまたハワイ島にするか、、。


散々家族会議して決めたハワイ島。


でもその後でまた、それではハワイ島、コナにするかヒロにするか、、、。



更なる話し合いで決めたヒロ。


さて、、

それでは家を探しますか、、。
 

ところでその家は、ヒロ市内?それとも郊外? 


もうしばらく家族間の話し合いは続きます。 



例えば下記にほぼ同じ金額で売り出されている家の写真があります。

254019301.jpg 254019303.jpg
ヒロ市内の戸建


最初のは、ヒロ市内の家で、3寝室2浴室です。

尚こちらは1921年の建築でシングルウォール工法となります。
 



257699305.jpg 257699318.jpg
パホア村の戸建

そしてもう一つの写真はパホアの家で、3寝室2浴室の、2012年完成の新築です。

こちらは主流のダブルウォール工法となります。
 


ちなみに
価格はどちらも約18万ドル(約1400万円)ほどです。 




さてこうなると、選択の決め手はそもそもの貴方の「目的」です。

貴方は、そもそもハワイでどういう生活をされたいのか?どういう風に過ごしたいのか?です。
 


235935318.jpg 235935320.jpg


家を選ぶ際には、日本でのそれと同じように、環境、便利さ、安全性、気候、地域性、等々、様々な項目から絞り選んでいくことになります。

もちろん日本のそれと違い、毎回毎回自身で行って確かめて、、は物理的にもコスト的にも現実的ではないので、我々業者からの情報をもとにある程度は決めていくことになるのでしょう。

なので事前にできるだけ家族間で常に具体的に現実的に話し合いをされ、そのイメージを具現しておく必要があります。

特に、優先順位、についてを、です。
 


235935326.jpg 




日本では当たり前と思っていたことがかの地では当たり前ではなかったりするので(外国なので)、そういうことにも注意です。

例えば、ハワイ島の東側の住宅には水道があることが必ずしも当たり前ではないということ(キャッチメント方式の住宅地と、いわゆる日本と同じ水道方式の住宅地があるということ)、分譲地の自治組合の権限が非常に強固であるということ(競売をかける権限もあったりしますので。でもその代わりその分譲地はとてもよく整備されることにもなるので、結果強い自治組合のある分譲地の方が治安面でも暮らしの面でもやはり安心です)。

更には日本と違い分筆はできませんし、たとえ自身の敷地内であっても居住目的の住居を複数建てることを禁じている分譲地が大多数です(景観を重視するあちら式です)。 


その他にもいくつかありますが、大前提としての日本とは違うということを改めて認識しながら(つまりそもそも当たり前だと思っていたことが実は当たり前ではないかもしれないということ)、候補地を絞っていくことが大切になってきます(なのでこの時点では第三者からの情報は不可欠になるでしょう)。 

 251049305.jpg


それからハワイ島では現実的に津波というもの対しても目をそむけずに最初に正確な知識を持っておくことも必要です。
(つまり根拠のない安心や不安は百害あって一利なしということです)


例えば貴方は売り物件を見るためにMLSをご覧になると思いますが、その時にこのMLSには「FLOOD ZONE」という項目も必ずあります。

実はこれは洪水に関してのレベルの情報開示です。

つまり万万が一の津波などの場合、地形により氾濫する地域、埋没する可能性が高い地域、あるいはもっと川のようになってしまい洪水の通り道となってしまう地域が、実はあの津波の被害の後ハワイ郡ではきっちりと細かく地域そしてもっと個々の区画ごとに調査され厳しく分けられています。

段階としては「まったく問題なし」の無印、「普通は問題なし」のX印、がまずあり、その次からAEからVEまで6段階でその危険度を示しています。
そしてこれは必ず開示されることになる情報です。もちろんこれによりその家が加入できる保険のタイプも変わってきます。
(ちなみにこういう具体的な開示は火山のそれのもあります)


253319302.jpg


一番良くないのは、何の根拠もデータもない安心の押し付けと、その反対のイメージ先行の漠然とした不安です。
 

順番としてはまずは何より物件への第一印象が何より大切で、しかしその後は必ずその物件の客観的データを調べる必要があります。   


253319320.jpg


ちなみにヒロ市内で昔から一番の住宅地と呼ばれている一つは「サンライズ・エステート」という分譲地で、場所は大学の西上に位置し、ここにはヒロ市の財界のお歴々のお屋敷が並んでいます。
(そして彼らのほとんどがコハラやワイメアにも別荘を持っていて、平日はこのサンライズ・エステートにて暮らし、週末に島の西側へ、、、という生活を送っている人たちが多いです。)

ちなみにこのサンライズ・エステートの平均住宅価格は1ミリオン以上で、コナ辺りでもあるまいし、言っては悪いがヒロ市なのに随分と高いのでは?と思われる方も多いかもしれません。
しかし何といってもヒロ市はハワイ州第二の都市で(もちろんハワイ島では第一の都市です)、そしてこの市は別荘地ではなく、都市機能のある地にて、そういう意味でも実はこの島で一番高額な不動産価格となっています。

高台に位置しているので景色が良いことはもちろんで、その名の通りヒロ湾からの日の出がきれいに見える場所です。

ちなみにこれは一般的なアメリカならではの特徴なのですが、あちらでは富裕層ほど山の上、高い地域に家を作ります。
何とかヒルという名の付いた高級住宅地が多いのもアメリカの特徴です。
そして
このサンライズ・エステートや大学の上の地域は今も尚開発が行われていて、更なる高級住宅地も造られることになっています。


253319325.jpg


尚対照的にアメリカでは、街の中心部であるダウンタウンには、昔からの古い家(相当に古いです)が並び、そしてそこにはどちらかというと中間所得層以下の人たちの居住区となっているケースが多いです。
(これはハワイでも同じです)
 

なので先ほどのヒロ市の3寝室の住宅は、1921年建築で、しかもシングルウォール工法とありますが、、、実はこの住宅だけがそうなのではなく、今尚ヒロ市内の特にダウンタウンにはこのような古い住宅が実際に多くあります。

一方1970年以降に開発され、そして2000年以降に本土から新しい層が更に流れ込んできた郊外は、その住宅工法も当然のようにダブルウォールで、且つ様々なアプライエンスも最新式です。


256766312.jpg


例えばハワイ大学へ通うなら「便利さ」を追求し、それでもヒロ市内というのも良いです。

ただこの時には同時に、買った家の「修繕費用」のこともきちんと業者から情報を取っておくべきで、また家というのは単体では存在しないので、つまり隣近所の家の環境や住んでいる人にも十分に具体的に情報をとっておく必要もあります。
 


258819313.jpg

いずれにしても大切なのは、想像で決めないこと、必ず具体的な情報を知ること、その上で、最後はあくまで好き嫌いで決めた方が良いということ、です。
これって矛盾するように感じるかもしれませんが、要はバランスです。
主観と客観のバランスがやはり大切だと思います。
 


最後はやはりエイエイヤー、でもその道順には正確な数字と具体的な情報を。

始めてしまうと必ず楽しいハワイのロングステイですが、そのためにすべきこともこのように結構あります。

ただそれも楽しみながらやると悪くないものです。
家族で話し合い、皆が同士です。
 
もちろん私もです。


マハロ&アフイホウ
笹本正明
@海外ロングステイ相談室
http://hawaii-consultant.com/

256766319.jpg
posted by 海外ロングステイ相談室 at 10:29 | ホノルル ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ○ハワイ不動産の購入

2012年12月19日

メレカリキマカ、そして ハウオリマカヒキホウ !

2008年2月にこの「海外ロングステイ相談室」をつくり、間もなく5年が過ぎようとしております。

今年もまたこのブログ、ホームページ、ツイッターなどを通じて、本当に素敵な人たちと出会うことが出来ました。

心から感謝いたします。
 


garden_clip_image013.jpg 

都内近郊の方々以外は、最初から最後まで結局一度もお会いすることもなく、メールと電話だけで、何ヶ月、何年もの間ずっとお付き合いさせてもらっている相談者の方々もたくさんいます。
 

254070317.jpg

まだ具体的になっていない最初の気軽なハワイ視察の際には、物理的にも経費的にも合理的にということで、案件にピタリな現地の仕事仲間や各種専門家を探し手配し、あとは詳細打ち合わせから実際の相談者視察時の通訳の問題まで全て遠隔手配にてアレンジし、、、ということも、今ではそういうことも普通に可能な時代となり、ますます低コストで高品質な選択肢は増えてきました。


254070327.jpg


お値打ちな道具や知識は使いこなさねばもったいないです。

(一昔前なら、言葉の問題、提携先の問題、などから極めて限定された中からしか、しかもそこそこ以上の金額の選択肢の中からでしか選べなかったのが、今では遠くにいても言葉がわからなくてもやり方次第で現地の人と同じ選択肢、もしくはそれ以上の選択肢だって持てるようにもできるのです。そしてますますそうしなくてはいけません。)
 


254070314.jpg


目的はいわゆる「旅行」だけではなく、「不動産」だけでもなく、「移民」のことだけでもなく、正に入り混じり、限定でない我々非居住外国人のハワイ滞在。
「海外ロングステイ相談室」は、
3泊5日のパッケージ旅行以上のものを求めている人たちへ、グリーンカードは持たない一回の滞在が90日未満で多くても年間180日以上は現地へ滞在しないだろう、いわゆるビザなし渡航の人たちへ、正にそういう人たちのための、様々な希望願望の具現化の場所、そしてその中で不幸にも起こってしまった(あるいはそれを防止するための)様々なトラブルの相談場所としての、ここはずっとそういう「場所」です。


33df0747-dd41-43fc-a0bb-1e28868da63e_1.jpg

僕は個人で一人で仕事をしていますし、東京にもハワイにも立派なオフィスを構えてはおりません。

パソコンと電話と
FAXにて、その時々の仕事での滞在先(ハワイ、カリフォルニア、東京)をオフィスとして仕事をしている一個人事業主です。

そしてこの仕事をはじめてからの、更には自身の米国居住時からの、現地の頼れる仲間たちと、且つ個人的にも長くお付き合いをさせてもらっているたくさんの相談者の方々だけが唯一の財産という人間です。


専門家として、相談者、依頼者のお一人お一人の事情に合ったきめ細かいサービス内容で、根気良く、タブーなく、多種多彩の選択肢を模索しながら、あくまで一緒にゴールを目指すというスタンスで、今までもこれからもクライアントの「喜びの実現」と「困ったの解消」について総合的にアレンジしていきたいと考えています。

必ずどこかにゴールはあります。

あきらめずにできることを地道に継続的にやり続けていけば、その先は必ずあると信じています。



250155313.jpg

ハワイ島プナ地区のご自分の土地の隣家から、「貴方の土地のアルビジアが折れ、それにより屋根が壊された」と苦情と被害請求の手紙を受けた
Aさん。
大ごとにならないうちに早期に相談いただいたお陰で、何とか無事解決して本当にラッキーでした。
 


ホノルルのカカアコ地区のコンドを所有のBさん。
以前のプロパティーマネージメント会社(管理会社)が撤退することになり、さて、、、という思いはありましたが、結果、以前の管理料より安く且つきちんとした新しい管理会社が決まったことは良かったです。
アクシデントは時として好転機となるものですね。
 


ハワイ島パホアの土地の所有権移転の件でトラブルとなったCさん。
複数回の離婚とお子さんのためにその後選択した姓のことでハワイの頭でっかちな判事からストップがかかり、またそれに対して日本の法律には不得手な現地の弁護士さんや間に入った無責任な日本の業者の狭間で、、、、時間はかかりましたが、
Cさんのご辛抱のお陰で、何とか無事解決でき、無事登記移転もでき良かったです。 



ハワイ島ヒロの家を昨年売却したDさん。
今年は一緒に溜池山王の米国大使館へ行き納税者番号の取得の手続きし、過払い分の源泉税無事還付でき、これで二年越しの売却手続きは全て完了です。
少々さみしい気持ちはよくわかります。
僕も10年前カリフォルニアから日本へ帰国した時にはそれこそ言い知れぬ喪失感と浦島太郎感を味わいました。
そしてそれは今尚消えずに静かにおりのように残っていて、どうやらなかなか時間が解決するものではなさそうです。

今後は時々、今度は旅行で気軽に行ってみましょう。
僕も今この仕事をしていて、そしてそのお陰で毎日ハワイの各種専門家たちとパソコンを通じてリアルタイムで仕事をし、且つ時々は幸運にも現地にも行くこともでき、、、多分そういう毎日を送れていなければ、とっくに喪失感に潰されていたのかもしれないと思います。
どうかまたハワイの空港を降りた時の、あの空気の心地よさをまた再び味わってください。
そうそう今度はバケーションレンタルへの滞在はどうでしょう?
ユニークな家が実にたくさんあるので、また別のハワイ体験もできると思います。
どうかまたいつでも気軽に連絡してください。
 



ハワイ島パホアに家を購入したEさんご夫妻。
この春には僕も交えて一緒に初めてその家に初めて泊まりましたね。
楽しかったです。まるで親子のように(失礼な言い方ですみません)三人で、あちこち行きましたね。
といっても、観光ではなく、ほとんどは事務手続きで、、、。
担当エスクロー官へ行き、銀行の支店長へ挨拶に行き、電気の自動振込の手続きをし、自治組合に登録に行き、その全てをご一緒したので、顔も名前も見知ったし、また本当の意味で「どこで何をする、何をしなくてはいけないか」ということが、たとえ最初は形だけであったとしても、しかし自身の体験としても経験できたことは良かったのだと思います。

何でもかんでもおまかせは絶対ダメです。
何でもまずやってみる、わからないから僕に訊く、そうしてください。

あくまで貴方のロングステイです。
苦労も解決した後には喜びとなっています。
手続きの後、隣近所に挨拶に行き、そして図々しく上がり込みましたね。
そこで話し、ふれあい、現地のロコの小さな子供たちがなついて、、楽しかったですね。
これから滞在の度にこの子たちの成長も見ることができる、そういう幸せ、、、もっと話したくてもっと聞きたくて英語だって勉強しようと、、、それこそがロングステイの醍醐味です。

旅行のような一期一会の出会いももちろん素敵です。
ただ、日本の他に帰る先が世界にもう一つあり、しかもそこがハワイで、またそこに隣人がいて、友人がいて、お互いに「お帰り、元気だった?」と言い合える世界がこの世にもう一つあるというのは実に幸せです。
これから何年もかけて、もうひとつの世界がハワイにできるわけです。
この春に会った隣りの小さな子供、ケイティちゃんが高校に上がる頃、結婚する頃、その成長をお隣のおばさんおじさんとして接していくのはまた嬉しいものです。
   


Fさん、Eさん、、、、、、、様々なストーリーが相談者の数の分たくさんあるのですが、きりがないのでこれ以後は割愛します。

この五年、毎回毎回、それこそ本当に幾種類もの相談事があり、皆本当に個人的で多種多彩です。

問題は海外のことなので、単純に不動産のことだけでは問題は完結しません。
全てに総合的に長期的にかかわらないとなかなか本当のゴールへはたどり着きにくいものです。
 

そして「問題」と「喜び」は表裏一体です。

突発的です。

だから、、、いつでもどうぞ。

個人だからこそ、いつでも
OKAYです。

皆さんと同じように海外に行きたくて行きたくてたまらなくて、そして実際に行き、でも案の定いろいろな目にもたくさん会いました。
でもその反面、幸運にも出会った良き人たちにたくさん助けてもらいながら10年近くサバイバルしながらしぶとく住み付き、帰国した今もやはり大好きな「海外」の仕事をこうしてしています。


254070301.jpg

ロングステイというのは本来相当に個人的なものです。

そしてその割には今後の人生の大部分を占めるほどの、これは個人的な一大事業です。


好きで好きで堪らない、行きたくて行きたくて堪らない、その気持ちを僕にはとても理解できます。  



247651316.jpg



今年のブログ更新は今回のこれにて終わります。(また来年早々にアップします。)
 


尚、ホームページの更新、ツイッター、フェイスブックの更新は今までどおり、ほぼ週一にて現地の耳寄り情報などを更新していますので良かったらそちらもどうぞ。 

ホームページ http://hawaii-consultant.com/ 

ツイッター(@hawaii96720)https://mobile.twitter.com/hawaii96720 


それから、、、、

今年も「海外ロングステイ相談室」の運営資金として、過分な寄付をお寄せくださった皆様に、本当に感謝いたします。

248648303.jpg



それでは貴方にとって2013年が素敵な良い年でありますように、そうお祈りしております。
  

Mele Kalikimaka me ka Hau'oli Makahiki Hou ! 

笹本正明     
@海外ロングステイ相談室
http://hawaii-consultant.com/   

255701311.jpg


posted by 海外ロングステイ相談室 at 10:57 | ホノルル ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ○海外ロングステイ相談室の誕生