2013年02月04日

桑港の語学学校

今から二十年ほど前(もうそんなに経つんだなあ、、)暮らし始めたサンフランシスコで、いわゆる「語学学校」というところに通っていた時期があった。


サンフラン家.jpg 

実はこの前年、約2ヶ月に渡りニューヨーク、LA、アルバカーキー、サンフランシスコと点在しながら放浪旅行をして、そして気候や文化、雰囲気が一番気に入ったサンフランシスコを暮らす街と決め(最後までNYと迷ったけど寒さがどうしても苦手で、、)、その上で調べに調べてI―20をきちんと発行してくれる中で学費の一番安い学校を探した。

サンフラン家2.jpg


2ヶ月の旅行を終え帰国後、さっさと住んでいたアパートを解約し、そして翌月から長野県の高原野菜農家へ住み込みで1シーズンを過ごし金を貯め、改めてF-1ビザを5年分もらい片道切符でサンフランシスコへ向かった。


P1030494.JPG


サンフランシスコの語学学校には結局数ヶ月で行かなくなった。

幸い仕事が決まり
E―2という種類の働けるビザを取得できたからだ。


学費を支払ってI―20を維持していく必要がなくなったということだ。


P1030686.JPG


そういう短い語学学校の体験ではあったけど、それでも初めての海外生活での、初めの語学学校体験だったから、その数ヶ月は新鮮で印象的で驚きだったことは今でもよく覚えている。




語学学校での最初のクラス分けペーパー試験で僕はインターミディアという真ん中のレベルのクラスに振り分けられた。

でも最初の授業で先生の言っていることがまったく聞き取れず、即二時間目からビギニングのクラスに変えてもらった。


P1030690.JPG

サンフランシスコという土地柄かクラスメイトの過半数がアジア系の人たちが多く、年齢層も実に様々だった。

当時20代だった僕などのちょうど母親世代のクラスメイトも相当数いて、そして彼女たちはかなり拙い言葉で、でも堂々と積極的にクラスの唯一のアメリカ人である先生に質問を繰り返していた。


時には授業は進まず、先生は苛立ち、でも彼女たちはそんなことにはまったく動ぜず、何度も何度も繰り返し繰り返し必死に言葉を身に付けようとしていた。

彼女たちの英語のレベルは実際に相当に低かった。


P1040055.JPG


海外でサバイバルしていくためには、自身の欲しいモノを相手に伝える力が特に必要になってくる。


相手に懸命に自身を伝えること、そして相手を懸命に理解しようとすることが、とても重要なことなのだ。




「まあ、いっか。」

それ
では生き残れない。




P1030502.JPG


戻る場所のない彼女たち、一族で協力し合いながら、一人ずつ海を渡ってくる彼女たち。


一族の一人が働ける別のビザを取れるようになれば、次はその家族ということで取得可能となるビザでまた他の人間が海を渡ってくる。

よりよい生活を求めて。家族が一族が生きていくため。




P1040046.JPG



きっと彼女たちにとっての「ふるさと」とは、「場所」のことではなく、「家族」であり「一族」のことを指すのだろう。


だから家族さえしっかりしていれば、例え政治情勢や国際事情の変化で住んでいた土地にいられなくなっても、その土地を離れざるを得なくなっても、それでも生き延びていく、家族で支えあって生き抜いていく。

土地を離れることは悔しいことではあるけれど、でも家族さえ無事であれば、家族さえいてくれれば、また新し地でそこをふるさととしてみせる。


そういう強さたくましさを感じる。


P1030600.JPG



サンフランシスコには大きなチャイナタウンがある。

そこはいつも活気に満ちていて、そしてそこだけサンフランシスコでありながらあたかも別の街のようでもある。


彼らはそこでクリスマスも働き正月も働き、そして旧正月を盛大に祝い休む。

海外の日本の二世三世がどんどん日本語を解さなくなっていくのに対して、彼らは例え外地で生まれても母国語と英語をどちらもきちんと解する。そういう教育を施す。


もしかすると日本人は「場所」に吸い込まれていくのだろうか。



P1030899.JPG


サンフランシスコには実にたくさんの街がある。

もともとカリフォルニア自体が多民族州であるけれど、更にもっとこの街は顕著だ。


チャイナタウン、イタリア人街、ロシア、日本、グリーク、コリアン、ヒスパニック、、、、他に国や民族ではないけど、ゲイ、ヒッピー、ニューエイジ、エトセトラエトセトラ、、、狭い面積のこの街に実に多種多彩の人が混在しているのがこの街のおもしろさだ。


でもよおーく見てみると、自身の国をそのまま持ち込んでくる傾向の強い民族と、逆にその国に同化しようとする民族があるように感じる面が少なからずある。



近年この街の日本人街の規模が小さくなっていること、そしてそれは何もこの街にだけ限ったことではないことを想っても、日本人の中には「郷に入れば郷に従え」の感覚が割と強い民族なのかな、ともふと思ってみたりもする。


P1030505.JPG

今の僕は仕事柄ハワイの現地で暮らしている日本人と会う機会が割とある。


彼らの風貌は概ね現地の景色にすっかり溶け込んでいるように僕には見える。


まるですっかりハワイで生まれ育った人のように見える。


同化力が高いのかな、とまた思ったりもする。


でも一方では、そんな風貌なのに、日本人としての想いを忘れていない人たちもこれまた多い。



逆に日本に住んでいる日本人の想いとはまったくに比べ物にならないほどに、その想いは相当に強い。


真っ黒に日焼けし、ビーサンを履き、ショートパンツに
Tシャツ姿で、でも日本を語る。母国を論じる。相当に強く。


遠い海の向こうから、ヤシの木の下で、あるいは金門公園で。


同化力と右傾化、、。

相反するものが共存している。

押し合い引き合い。自らの中でバランスを取ろうとしているかのように。実際そうなのだろう。


IMGP0150.JPG


20年前桑港(サンフサンシスコ)の語学学校に数ヶ月通った時に、よく作文の授業があった。

これは英語の勉強という技術的なことだけでなく、この作文には自身の考えを相手に伝える主張するという意味合いが強かったと思う。

そのことはつまりそもそも主張するべきものがないと、英語の語彙の問題以前となるということであり、僕はいつも頭が痛かった。


IMGP0158.JPG

英語を使い何をするか、せっかく共通語として英語を使うのだから、その内容は「もともと相手も知っている主題をベースに」か「相手に理解できるような説明の仕方」を学びたい。



もともとのベースがないところでいきなり歌舞伎の十八番について話をしてもそれはなかなかうまく伝わらない。まずは最初に歌舞伎とはなんぞや、という辺りから話していく必要がある。


文化風習の違う相手へどういう風に伝えていくか、それはまず相手を想像するところから始まるのかもしれない。

日本にいると皆が当たり前のように「空気」を読み合うので、言葉を省略したり、前置きは省いたりするけど、でも省いたそれが海外生活では実は必要となることが多い。


外に行くと「空気」は読んでくれない。そもそも始めから同じ空気を共有していないのだ。



だから懸命に自身を伝えなくてはならない。

懸命に相手を理解しなくてはならない。


そうしないと異文化で育った人たちとはうまく交流ができなくなる。


交流できなくなると、せっかく海外にいるのに「空気」を共有できる人たちとだけつるむようになる。

それではせっかくの海外生活が、実にもったいない。



IMGP0212.JPG



「空気」を読むことは日本に置いておいて、海外生活ではまず、人と人との基本の基本、「ともかく目の前の相手をよーく見る、そしてよーく想像する」ことから始めたい。



20年前の桑港の語学学校で出会った、あの空気を読まない、でも生きることに、生きていくことに懸命なおばちゃんたちから僕は、現実を見る、目の前だけを見る、「今この時を生きる」、その重要性を学んだ。


IMGP0160.JPG


今日も桑港の中華街では「ニーハウマー」と20年前のおばちゃんは大声で言っているだろう。


おばちゃんはもう英語は話さない。

その代わりその地で生まれた彼女の息子と娘が、彼女の代わりに流暢な英語を話し、そして家やコミニティー間では厳しく躾けられたマンダリンを話す。

前向きに、現実的に、そして今を生きる、ただ懸命に。




20年前の桑港の語学学校で出会ったおばちゃんたちからは、たくましく生きるとは何ぞや、そういうシンプルさをまるごとに見せてもらった気がした。


だからその前年一人で米国を横断し放浪したことなど、あっという間にふっとんだ。

僕の放浪はただの自己満足な内向きな旅行でしかなかったとその時に気がついた。

風景を見て、自分と語り、貧しさを疑似体験し、自分を褒め、大柄の米国人に囲まれて自分までその一員になれたような高揚があり、、、、でもそんな子供じみた感覚が、恥ずかしく思うと同時に、ようやくに何かが吹っ切れたようにも感じた。

IMGP0323.JPG

たくましく生きる、ただ目の前の今を生きる。


きっとそんなおばちゃんたちが今日もまた、桑港の語学学校で米国人の先生を質問攻めにしているのだろう。


何しろただ英語が話せないだけで、そもそも背負っているものや覚悟が違うのだから、先生には覚悟してもらわなきゃね
 
 



ニーハウマー
笹本正明     
@海外ロングステイ相談室
http://hawaii-consultant.com/ 

IMGP0104.JPG
posted by 海外ロングステイ相談室 at 10:10 | ホノルル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○海外ロングステイのエピソード

2013年02月11日

カウコーヒーとアップルバナナのある土地

そうですか、まだそちらでは暖炉をお使いですか?

501 2.jpg

多くの方の持つイメージとしてカリフォルニアは温暖な土地と思われがちですが、そこサンフランシスコだけは違いますからね。


まるで年中秋のような気候で、上着は夏でも必要な街ですものね。 


例えば同じシリコンバレーの街街から101でシティーへと北上する際には、サンフランシスコの入口はまるですっぽりと霧のドームとなっていて、大げさではなくそこに車ごとに突っ込んでいくという感覚になります。

ドームの中と外がもうすっかりと別世界、天気がまったくに違っています。(何より寒い、、。)


2008-04-25.jpg

そこは霧の街サンフランシスコ。

特に朝方の霧は本当にダイナミック、今では当たり前になった車のヘッドライトが自動で付くアレ、実はこの街発だったことが実感できます。
(ついでにあのマウンテンバイクも、やはり坂の街であるこの街発です)
  


506.jpg

そういう街へ、昨日まで2週間ハワイにいて戻られては、、、、、またすぐにハワイが恋しくもなってしまいますね(笑)。  



69.jpg

確かサンフランシスコはパシフィックハイツにお住まいでしたね? 


nomo1.jpg

ハワイでお会いした時に言いそびれましたが、実は僕もその昔、かれこれ10年近くベイエイリアで暮らしていた時期がありました。
 

ただ僕の場合はそのほとんどをシティーではなく、サンマテオとか、ミルブレーとか、バーリンゲームなどの、いわゆる郊外で暮らしていたのが長かったので、だから実際にシティーで暮らしていたのは最初の3年程でしょうか。 


パシフィックハイツに暮らしているなら、もしかするとユニオン通り辺りで日常の買い物を多くされているのでしょうか? 


当時僕は坂の向こうのユニオン通りではなく、逆の、手前側のフィルモア通りで多く時間を費やしたものでした。


フィルモアの坂道をパシフィックハイツへと上っていくにつれ、通りの景色やお店は次第により瀟洒になっていくのが非常に面白かったです。


正にサンフランシスコの「坂道の理論」がそのまま反映されていた感じがしました。

「坂道の理論」というのは、もちろん勝手な造語です。


この街のアップダウンのアップに位置するブロックは良い地域で、ダウンのブロックはあまり、、という、ざっくりとした乱暴な区分が言い伝えられたものです。

ただ物理的に高い位置にある地、例えばパシフィックハイツやノブヒルやロシアンヒルなどは確かにその名前のとおり高台にあり、確かに昔からの良い地域ではありますので、目安にはなりますね。 



ただ(ご承知のように)この街だって何も坂道だらけの土地ばかりではありません。

観光で訪れる人達の多くは、ダウンタウンやフィッシャーマンズワーフの辺りのこの街の東部で過ごすことが多いので、坂だらけという印象を受けてしまうのでしょうが、実は坂道は、フィルモアから西へ、リッチモンドとか、ゴールデンゲートパークの辺りには、もう坂はありません。(尚風は強いですけど。)

ビーチ1.jpg

そうそう第2のチャイナタウンと呼ばれるクレメント通りなどは、中心部の本当(?)のチャイナタウンに比べて、真っ平らで散歩にはもってこいだし、観光色もないのでもっともっと濃くローカルで面白いですよね。
(実は僕はこの辺りの8番通りのアパートメントに住んでいたことがあります)


そしてこのクレメント通りと並行してロシア人街があり、グリークがあり、この辺りは小さな小さな面積の地域の中で、実に多種多彩な国際色が味わえる地域でもありますね。



P1030482.JPG


更にはこの光景が、国際色が顕著なのはきっとコインランドリーの中、、、。
  

アメリカのアパートメントの多くは、特にサンフランシスコのそれは、昔ながらの50年100年前の建物を今尚現役で改装しながらに使用している建物が多いので、だからどうしても配管のメンテ上、各部屋に洗濯機を置けないという構造上の事情があります。
(でもその分、昔ながらの張り巡らされた温水のパイプでセントラルヒーティングが完備されていたり、がっしりとした暖炉と煙突が備わっていたり、窓枠が美術品のようだったり、あるいは手動開閉式の二重の重厚なエレベーターが日常仕様で現役だったりと、暮らすおもしろさも満載ですね)
 



だからアメリカのコインランドリーはさながら国際社交場の趣でもあります。 

またコインランドリーはカフェなどを併設している大規模なものも多く、そうなると本当の意味での社交場であり、また何しろ雰囲気があるので、その空間にいることが苦痛ではなく、どちらかというと居心地がいい。
(そもそも必要不可欠な施設なので、発展の仕方が日本とは違ってきます。)
 


P1030566.JPG


そこで洗濯機を回しながら、パンケーキを食べ、カリカリのベーコンを食べ、コーヒーを飲み、クロニクルの分厚い日曜版を読む。

この街でのまっとうな休日の朝の過ごし方です。



そうそうこのパンケーキ。実に美味いです。
そば粉入りのもの、オーガニックのもの、フルーツふんだんに、メイプルたっぷり、実に美味いです。
 


P1030649.JPG


アメリカで暮らして(これはハワイもやはり同じ)驚くことの一つに「朝食文化」があります。
 


あまり食事で(残念ながら)外国の人にほぼ褒められないアメリカの中で、この朝食に関してだけはなかなかに評判が良い。たぶん自慢しても良いアメリカ食文化のひとつだと僕は思っています。 



特に最大の驚きはその時間です。 

何しろアメリカではほぼ24時間いつでも朝食を食べることができるのです。 


ファミリーレストランやダイナーは昼でも深夜でもブレックファーストのメニューがありオーダー可能で、小さなお店だって日本のように朝11時までというのではなく、もっとたっぷり例えば午後4時までとか問題なく朝食メニューを選べます。 



今では日本でも知られてきましたが、そもそもアメリカでは昔から朝食専門のレストランというのが相当数有り、休みの日のブランチには評判のお店には長蛇の列ができ、そこで休日の昼日中パンケーキやらワッフルやらを家族団欒でほおばるのです。
(こういう文化が昔から根付いているので、今日本に上陸しているパンケーキの流行も、そもそも時間の問題だったということなのでしょうね。)
  

P1030648.JPG

アメリカの「朝食」は美味しい、そしてそもそもこれはひとつの文化なのだと思います。 

ディムサム(飲茶)でのブランチも楽しいし、ベトナムでシュラントロ(香草)をたっぷりと入れたヌードルも気分です。 


アメリカでの朝食は、アメリカならではの国際色もそのままに、多種多彩の朝食を味わえることでもあるのですね。



コドモ.JPG

さてハワイ。

ハワイでの僕はマックで朝食を取ることも楽しみしています。


選ぶメニューはいつも決まっていて、いわゆるご当地マックの朝食メニューをチョイスします。

ハワイのマックの場合「ゴハンを2スクープにスパムとポルトガルソーセージと卵焼き」の朝限定メニューがあって、これに(行儀は悪いけど)ゴハンの上に醤油を数滴垂らして食べるのが、ハワイでの僕の朝の定番のひとつです。

のんびりハワイで、でもアポイントメントに追われた朝にはこういうのは実にありがたいです。
 



IMGP0239.JPG

そしてハワイでの休日には、特にビッグアイランドでの休日では、朝市を利用することが多いです。

朝市でお目にかかれるのは新鮮な地場の野菜や果物だけでなく、地場のコーヒーや、はちみつ、ジャム、パン、ソーセージ類なども多種多彩にあるし、更にはその場で朝食を食べさせる屋台もあり、そこでロコに混じり食事をするのもいいし、採れたての新鮮な食品を持ち帰り、ハワイのおうちでラナイでブレックファーストも良い。
 


P1040223.JPG

そしてせっかくビッグアイランドまで行ったのなら、朝食のコーヒーには、お土産用に買ったコナコーヒはそのままトランクに入れておいて、朝食用に朝市で買ってきた地場のカウコーヒーを飲んでみましょう。 

実はカウ地区の農産物の質の良さはビックアイランド内でも有名で、更にここのコーヒー(カウコーヒー)は、知る人ぞ知るロコが愛して止まない地元民のための美味しいコーヒーなので(でもあいにくまだまだ収穫量の問題でなかなか日本では手に入りませんが)、訪れた際には是非地場でじっくり味わってみてください。 

そしてその時には、是非これも、このカウ地区ならではの「アップルバナナ」を食べることも忘れずに。

ねっとり濃厚で、それでいてさっぱりとしたほのかに甘酸っぱさもある小ぶりなバナナです。

クセになる味です。
   


IMGP0478.JPG

今回の滞在はホノルルだけでしたが、次回は毛色を変えていっそプナへも行ってみましょう。

そこはいい意味で自然いっぱいの、悪く言うとジャングルの地区です。

ただビッグアイランドの西側と全く違う趣がありますし、そして当然朝市に並ぶものも違います。


気分的には「森林浴」というつもりがいいのだろうと思います。

シャワーも降るし、コキの声も賑やかで、真っ暗な夜の地域です。

その分、空気は爽やかで虹が綺麗で、寝やすく、星が美しく。

何より帰り際に癒されていたことを実感できる地域です。

正に森林浴で、自然の恵みです。
 


IMGP0807.JPG

サンフランシスコへ帰り、さて最初に何を食べましょう。


パホアのマイクのニューヨークピザもすこぶる美味いけど、ノースビーチのピザもやはり美味しい地元の味。

マイケルアンジェロのピンクソースも捨てがたいし、カフェローマのトニーのドピオも忘れられない。

迷いますね。
 



113505e4119504e8bdbe6a9ac6e316226580bd3d.jpg

でも朝食なら、、迷わず、そして定番で。 

例えばヒロに行ったら、とりあえず、ケンズに行って、そしてパンケーキにコーフィ(コーヒーを英語で発音するとこんな感じ)を注文。 

じんわりと懐かしい、ほっとするアメリカの朝食の定番です。 

マハロ&アフイホウ
笹本正明
@海外ロングステイ相談室
http://hawaii-consultant.com/           


IMGP0768.JPG  
posted by 海外ロングステイ相談室 at 11:49 | ホノルル ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○海外ロングステイのエピソード