2014年05月26日

ハワイアンショアーズ

「お知らせ」

6月11日から7月17日までハワイ島へ滞在しております。

誠に勝手ながらその間は日本で使用している携帯電話は通じません。

なのでご連絡の際には、ハワイで使用している携帯電話(808)375-2440宛に国際電話をかけていただくか、もしくはいつもどおりに aloha@hawaii-consultant.com 宛にEメールを送ってください。

(PCだけは世界中どこにいても常に持ち歩いておりますので、各所のWIFIホットスポットから随時返信していきます。)


2014-02-24 14.51.19.jpg 2014-02-24 14.49.09.jpg 2014-02-24 14.49.05.jpg


さて、、、

今回の滞在先の一つでもあるハワイ島パホア村「ハワイアンショアーズ」の、、、下記は今現在のMLSです。


戸建住宅の売り出し物件のインフォメーションリストです。


(↑ここをクリックすると別ウインドウへ移動してハワイアンショアーズの戸建て不動産の売り出しリストを見ることができます。※当該URL閲覧有効期限、2014年7月15日まで。)


さて興味のある方、もしくは土地をお持ちの方、あるいは既に家をお持ちでそして売却を考え始められた方、、、どうか上記URLをクリックして、そして今のありのままの市場を是非ご自身の目で実感してみてください。



URLをクリックすると、最初に地図が表示されます。

地図の右上側が海で、左下が130号線側となります。


分譲地地図の色が微妙に違っているのがお分かりでしょうか?


実はこの分譲地は正確には4つの分譲地からなります。

まずは緑色の部分が、ここはハワイアンビーチズという分譲地です。

そしてその下の少し青み掛った部分がハワイアンパークスという分譲地、この分譲地は真ん中の「Kahakai Blvd」という大通りまでとなり、そのカハカイ大通りの下がハワイアンショアーズということになります。

更にはこのハワイアンショアーズにもカハカイ大通りに近い部分は実は管理地ではなく、なので管理地であるハワイアンショアーズ・レクレーショナルエステートと2つに分かれるということになります。


今回の地図上には、いくつかのAのマークが見えますが、これがハワイアンショアーズで今売り出しの戸建て住宅の場所ということになります(なので今回のリストにはハワイアンビーチズやパークスは含まれておりません)。


地図の下に、実際の物件リストがあります。これが今現在のMLSです。


具体的にこのMLSの見方を知るために、とりあえず一番上の物件を参考に見てみましょう。


まずは読み方は左から順番に、MLS番号271718、RES A (戸建住宅)、MLS掲示58日目、TMK:3−1−5−104−74、FS(所有権)、売り出し額115000ドル(約1千2百万円)、住所 15-2795 Iao St、敷地面積15077平方フィート、建坪1056平方フィート、3寝室2浴室、の物件というように読みます。


尚詳しい情報を見たい際には、MLS番号をクリックしてみてください。更にはその右上のカメラマークをもクリックしてみてください。実際の物件写真も見ることができます。


他にも建築詳細などもこのデータから見ることもできますし、物件の売買履歴も知ることもできます。

まずはいろいろクリックしてみてください。日本にいながらにして、詳細な写真もデータも見知ることができます。

※尚もし見方などで疑問質問がありました際には、何でも訊いてください。



2014-02-24 10.20.13.jpg 2014-02-24 10.20.10-2.jpg


土地を買って一から建築を、、、というのも素晴らしいことです。


そしてこういう既にあるものをそのまま購入するという方法も、それはそれで素晴らしい方法です。


更には購入せずに必要な時に借りて、という方法もそれはそれで素敵です。


こういうものは須らく、自身のライフスタイルに合わせて決めるべきことです。


ロングステイのやり方に決まりはありません。



あなたが向こうで、何をしたいか、それ次第です。


そのための、やり方は、当然人それぞれです。



2014-02-22 11.49.01.jpg 2014-02-22 11.48.58.jpg



ハワイ島東側に土地だけを長年所有している日本人が多いので参考までに土地や建築のことを少しお話しておきます。



例えば建築費用に関しては、、、、今のハワイ島東側なら、、、そうですね、、、標準タイプのごく一般的なスタイルの3寝室2浴室の平屋で、、、15万ドルから20万ドルくらいで建つかな、、、もちろんこだわりを入れていくとあっという間に20万ドル後半から30万ドルへとなってしまうのは、ハワイに限らずどこでも同じことですね。




土地はいくらハワイ島東側と括っても、例えばヒロ市の最高級地であるサンライズリッジなどは今15万ドル前後くらいから20万ドルくらいで、、でもここだけは特別に高すぎるのであまり参考にはできません。


他のどちらかというと一般的なヒロ市内だと、5万ドルから8万ドルあたりで十分良い土地を見つけることはできます。それでも以前から比べると随分お高くなりました。


なのでもし、あなたが日々の通勤のことを考える必要ないリタイア組だとすれば、いっそお高いヒロ市内から離れて郊外へ、はどうでしょう?


例えば車で南に20分から30分ほどのプナ地区のケアアウのハワイアンパライダイスパークあたりなら1エーカーの土地が、何と2万ドルから3万ドルでも購入できます。(約250万円程度です)


1エーカーも必要ない、そんなに広くなくてもいいという人なら、そこから更にもう少し南のパホアの(前途MLSの)ハワイアンショアーズでなら、何と1万ドル、もしくは1万ドル以下でも土地を購入できます。(100万円以下です)



しかし土地はヒロ市内よりぐっとお求めやすのですが、しかしここはプナ地区で田舎です。


実際に建築となった場合、建築資材の輸送費とか労働者の通勤とかの分、そういうもののためにヒロ市内で同じ家を建築する場合より、建築費用に関しては逆に割高となってしまう可能性が高いです。


更にはもっと、、、、ここプナ地区はいわゆるジャングル地域でもありますから、、、、つまり原生林がたくましく生い茂る地域であり、そういう区画の土地であるので、、、、、例えばあなたがハワイアンショアーズの良い環境の土地を9000ドル(約90万円)で購入できたとしても、いざ建築となると、木々の伐採、造成、もしくは岩盤を削るなど、区画によってはおよそヒロ市内で建築する時にはあり得ない作業がここでは加わることになるかもしれませんので、事前に十分注意をしておく必要があります。(安いという理由だけで安易には買わないことですね)


そもそも高い木々がびっしりと生い茂っている土地なので、これは造成してみないと実際の土地の形状すらもわからないのが現実で、一概に土地の安さだけで選ぶとあとあと大変ともなる場合もあるということです。



それに建築をして、それで終わりでは、もちろんありません。

それだけではまだ暮らすことはできません。


さて庭はどうする?

家具は?



90万円でハワイアンショアーズの土地は買えるけど、実際に住めるまでには、造成費、建築費、庭、家具、、、その他もろもろ、、、、と、あっという間に20万ドル以上がかかるのも現実ということです。


2014-02-20 12.22.38.jpg 2014-02-20 12.22.40.jpg


それでもヒロ市内に一から家を建てることに比べると、確かに割安です。


ヒロ市内ならまず土地を、8万ドルで購入し、そして、造成費用こそプナ地区に比べて割安となるけど、それでも建築費用は15万ドルは最低限かかるでしょうから、土地と建物との総合計で最低限25万ドル以上は見ていなくてはということです。



2014-02-22 09.26.58.jpg 2014-02-19 12.36.06.jpg 2014-02-19 12.35.58.jpg


ならばいっそのこと、もし程度のいい中古があれば?

とは思いませんか?


実はこれがアメリカの住宅不動産の考え方で、これが(日本とは違う)中古住宅市場の在り方です。


既存住宅なので当然造成は済んでいます。なのでもちろん土地の形状は最初からわかります。

当然出来上がりのイメージも何も、まさに見たままです。


更には庭も既にできている。ヤシの木も植わっています。



2014-02-19 12.26.48.jpg 2014-02-19 12.22.58.jpg 2014-02-19 11.53.10.jpg


土地を1万ドルで買ったとしても、いざ建築には何だかんだで20万ドル近くがかかります。


それならば、、、、


じっくりと前途のMLSをもう一度チェックしてみてください。


中には「家具付き」物件もあります。初期費用が抑えられます。


売り出し掲示から相当日数経過している物件もあるので、売り出し金額に関してもネゴシエーションも十分可能でしょう。



2014-02-19 11.40.50.jpg 2014-02-19 11.40.45.jpg 2014-02-18 11.26.49.jpg


何も拘って拘って、計画に計画を詰めて、何十年も経て、やっと家を建てる、、、、そういうことをしなくても、もしあなたの目的が、環境の良い地域で素敵なアロハのご近所さんたちとの普通の暮らしならば、もっと視点を変えて、、、、、選ぶべきポイントを、もっと合理的現実的に、それは、周りの環境であり、使いやすい家であったり、あるいは、ただ感じがいい、ということであったり、何より便利、そういうことでもいいのかもとも思うのです。



そして極端なことを言えば、住んでみてもし嫌ならその時は売ればいいのです。



買って売って、は米国の文化でもあるので、嫌なら売れば済むことなのです。


売ってまた別を買えばいいのです。


(だって、誰しもどんなに考えを巡らせたところで、とどのつまりは、やってみなくてはわからないもの、でしょう?)



逆にあまりに偏った、拘りの家は、市場では売りにくいもの。

そういうものをわざわざ建てなくても、、、。



ある程度スタンダードなタイプの既存の家を市場から買い、時期が来れば、売る、そういうことでもいいのではとも思います。


それ自体がアメリカのハワイの文化をまさに体験することでもありますし、、、、更にはもしうまくアフォーダブルな家を購入できれば、さんざん使い、そして売却時には期待もしなかった大きな売却益をも得ていた、、、実はこれもハワイ不動産ならではの特徴です。


2014-02-16 15.12.08.jpg 2014-02-16 12.53.59.jpg


何十年もかけて、やっと念願がかない、でも体験できたのがたった1年ではさみしいです。


できるだけ、元気なうちに、できる範囲で、無理なくはじめて、その上でやりながら修正していってもいいとも思います。(嫌になれば売ればいいのです)


(↑クリックすると別ウインドウへ移動しハワイアンショアーズの戸建て不動産の売り出しリストを見ることができます。※当該URL閲覧有効期限、2014年7月15日まで。)


今ハワイアンショアーズではこういう物件が、今リアルタイムで売りに出されているという現実。


まずは写真でも見てみてましょう。


そしてもしトキメクものがあれば、、、、、、、、その時にはお気軽に何でも訊いてください。


2014-02-16 14.28.45.jpg 2014-02-16 14.32.51.jpg 2014-02-16 14.33.00.jpg


お気軽にリクエストしていただければ滞在中に現地から詳しい情報を直接Eメールにてお送りします。


アロハ

笹本正明

ホームページ:http://hawaii-consultant.com/


タグ:ハワイ建築
posted by 海外ロングステイ相談室 at 10:13 | ホノルル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○ハワイ不動産の購入