2014年10月06日

ハワイ島の火山(溶岩流情報)と観光

ハワイ島火山の溶岩流の最新情報は↓

Twitter https://twitter.com/hawaii96720 ←クリック




ハワイ現地時間の日曜日の今日10月5日、溶岩流は昨日から約90m北東へ進みました。

状況としては、先週水曜日頃から多少活動を再開しているここ数日間という様子です。

10月3日.jpg ←現地時間10月3日の溶岩流地図

当初専門家の予想では、9月23日、24日頃にもパホアの街へ届くとされていた溶岩流でしたが、しかし予想に反して勢いを弱めたり分劣したり方向を変えたり、はたまた再び活動を再開したりと実に気まぐれです。そしてそれでも遅くても10月3日頃にはパホアのごみ集積所のあたりへ届くだろうとの再度の専門家の予測にまたも反して、今日現在もまだごみ集積所まで2キロほどの距離のところに居座っています。

でもしかし、それではこの辺りで終息なのかといえば必ずしもそうではないようで、ここ数週間ゆっくりゆっくりとなって日にせいぜい30mほどの歩みだったのが、先週の水曜日頃からは多少まだ活動をしはじめ、そしてその後4日ほどの間に今日まで合計400mほど進んでいます。


この先のことは、、、、、、誰にも分かりません。

Now no one is predicting anything.  It is a wait and see time.


もちろんいろいろなことを言う人もいます。

そして各々様々なことをする人もいます。

パニックになる人もいます。もちろんそうならない人もいます。

八つ当たりをする人もいます。自分のことはさておき隣人を慰める人もいます。

遠方の隣人へ逐次新着情報を送ってあげている人もいます。それの際に悲観を込めて伝える人もいます。あるいは真逆に楽観的に伝える人もいます。

今日もまたいつもどおりに起きて、食事をし、庭にブローをかけ、別の日には除草剤をまく人もいます。

とっくに庭いじりをやめ、雑草がやたらに目立ち始めている庭もあります。


誰にも分からないのです。

言えることは、、確かなことは、、、今日この時までの事実だけです。

明日以降のことは誰にも分かりません。

 南プナ地図.jpg ←南プナ地区全体図

現状この溶岩流はゆっくりです。

正にその名前(The June 27th lava flowのように6月27日噴火の溶岩流です。

なのにまだこの歩みです。

そしてこの先進むだろうと予想されていたパホアの街、130号線、、、そして更には海へ向かうとして、ハワイアンパラダイスパークとハワイアンショアーズの間辺りを進む(かも?)その頃までには、しかし噴火してから今日現在まで進んだ距離よりもその倍以上まだまだたっぷりあります。

今現在の辺りで留まりやがて休止するかもしれません。あるいはやはりパホアの街へやってくるかもしれません。

誰にも分かりません。


場合によっては、このまましばらく留まり、しかし鎮静化もせずの状況でしばらくこのままの状態が続く可能性だってあります。

そうなった時どうするか。

あるいはそういう膠着状態なストレスな状況下から、さっさと抜け出し、まったく新しい場所で一からスタート、という選択肢ももちろんありです。

あるいは、こうなれば現実に本当に溶岩流がやってくるその時までは今まで通りの生活を続けよう、という選択肢ももちろんありです。


長期戦になりそうです。

幸いハワイの火山はこういう性質のものですから、突然の悲劇というのはなかなかありません。(一方日本では今回の本当に気の毒な御嶽山の災害のように、急速で激烈でその被害は大きなものとなりがちです。)ハワイのと日本のでは同じ火山という名詞ですが、まったく種類が違っています。今回のハワイのそれはいまだ負傷者も建物消失もありません。


それからこれは多分にお国柄ということかもしれませんが、現実的な対策や行動が次々に取られているのもアメリカという国らしいと、改めてとても心強く頼もしく感じています。(こういう場合我が日本なら、制度のせいなのかそれともそもそもの気質のせいなのか分かりませんが、残念ながらいつもなかなか対応策が決まらずに、全ては後手後手になり、、、、という感があります。)


予想を憂いていても仕方ない。まずともかく今現実的にやれることをやろう。今すぐに。

アメリカにはそういうシンプルな発想が今なお確実にあります。

困っている人が目の前にいる、なら助けよう。例えばそういうシンプルな発想です。


現実に、130号線まで溶岩流が届いた場合に備えて、この唯一の幹線道路が万一寸断されるとそれ以南の地域が陸の孤島となることもあり、ナナワレからハワイアンショアーズへ、ハワイアンショアーズからハワイアンパラダイスパークへと繋がる2つの迂回路(海側のと昔のサトウキビ畑時代の線路道を利用して)を急ピッチで工事し、溶岩流がもたもたしている前に突貫工事で猛スピードで完成させてしまうのですから、これはさすがアメリカです。

緊急時の道.jpg ←緊急迂回路図


迂回路.jpg ←迂回路入口写真(緊急時までは立ち入り禁止)


そしてそれだけに留まらず、先週からはもっと大掛かりな工事を、迂回路としての Chain of Craters Rooad の工事まで開始されました。

本当に開始されるまで、正直にわかに信じきれませんでした。

しかし本当に彼らは始めたのです。

それはやはり必要だからです。困難だろうが何だろうが、やれることをやろう、というシンプルな発想からです。

ケノイ計画.jpg Chain of Craters Rooad の迂回路

ハワイ島のボルケーノ、キラウエア火山国立公園へ行かれたことのある人たちはご存じでしょうが、11号線から国立公園へ入り、そしてすぐ左へ曲がりずっと道を下っていくとそこが Chain of Craters Rooad という道路になります。そして海へ向かい下り、最後には道路は行き止まりになります。その行き止まりとなった道路の上には1983年から1990年の噴火で流れた溶岩流が張り付き固まり、ずっと向こうのカラパナの130号線の南端までの道をふさいでいます。(おそらくここを数時間かけて歩いたりしたことのある人も大勢いることでしょう)

今回する工事とは、何とこの溶岩流により寸断された道を今迂回路として蘇らせようとするもので、早々に許可が下り、そして先週から始まっているというのです。

工事は以前のアスファルトを利用するようにと、覆われた溶岩流をブルで押し剥がすという方法で行われています。


これによりもし130号線が寸断されたとしても、それ以南の住民にいくつもの迂回路が確保されているということにもなって、以前のようにとはいかないまでも、それなりに生活はできるということになります。

加えて、HELCO(ハワイの電気会社)では電柱耐熱カバー設置の工事も進めているし、その上ハワイ郡役所では今度は、いっそ溶岩流を川と見立ててその上に橋をかけてしまおうか、というまるでマンガのような計画まで地元新聞の一面に堂々と出てしまうくらいです。

確かにこういう国に住んでいたら、相当に心強い部分もありましょう。

 電柱カバー.jpg ←電柱用耐熱カバー取り付け


溶岩流の上の橋!.jpg ←溶岩流の上にかかる橋(画像加工のイメージ図)


さて今の現実のパホアの周辺の状況は、何しろこういうゆっくりゆっくりの溶岩流なので、今この「溶岩の中に消えゆく街(と言われている)」への観光客は多いです。

日本の火山噴火とは違い(到底同じ火山噴火という言葉では語れないほど実情が違い過ぎる)、今日明日でどうこうのはないので、このパホアの街へは今現在通常時をはるかに超える観光客がやってきては、「消えゆく街」を堪能し、「ラバセール(溶岩流のための閉店セール)」で買い物をし、満員のレストランで向こうの煙を眺めながら食事をし、その足で溶岩流の近くまで行き、(写真のようなおバカな)姿をSNSにさらしという状態だったりです。

 おバカ.jpg ←おバカな観光客


溶岩流閉店セール.jpg ←ラバセール


近隣の住民にしても日常生活自体はそれほど変わっていません。変わりようがありません。

例えばハワイアンショアーズ地域にはまだ避難警告はないので、そこの住民の生活で変化したことは、まず暑いこと(だから今クーラーが売れているそう)、毎週避難警報のテストが行われるようになったこと、マーケットに日々溶岩流の新着地図が貼られていること、それくらいで、それ以外は、やはり庭いじりをし、朝市に買い物に行き、ゴルフをし、釣りをし、海に行き、と普段の生活を送っている人が多いようです。

少なくてもおよそ火山が噴火し溶岩流の進路予想の先に位置している地域の生活ではありません。



現地に家を持っている日本人のロングステイヤーなら、この一見不思議な状況についてを感覚的に理解していることでしょう。

しかし他方ほぼ現地に行ったこともない(あるいは遠い昔に一度だけというような)不在地主の、土地のみの所有者である日本人所有者は、どうでしょう?

おそらくほとんどの方が、そもそもこの今の火山の噴火からなる溶岩流の現状のことを知らないのではと思いますし、またそもそも自身の土地がどこに位置するのかすら正確に認識していない、溶岩流と自身の土地の位置関係がまったく理解できていない人が圧倒的多数ではないでしょうか?


自身の所有地です。

当然きちんと知るべきです。

加えて、責任の範囲、義務の範囲、選択肢、現実、そしてこの先のこと等についてもやはり知らねばなりません。


その上であちら流に、やるべきことを、やれるべきことを、シンプルに、やる。

必要なものを必要な時に。

やれることを、早く。

そうしなくてはなりません。


何事も、手遅れ、では仕方ありません。

知らなかった、では、やはり済みません。



正確な情報を知り、今の事実を知り、その上で、何ができるのか、何をするのか、今何をするべきなのか。そこがあなたの選択肢であり権利です。


先送りの国にずっと住んでいると、いつもはニュースを見るたびにそれを批判している自分のはずが、しかし自身もこうして彼の地のことでは自身の責任と義務をずっと先送りしていることには気が付いていません。


「今」であり、「何を」です。

後でとなると、それは「急ぎ」ではなく、「慌てて」、となってしまいます。

「何を」の選択肢もその時にはほぼない状況で、それでは大損害となりがちです。


いずれやることなら、今やるべきです。


迂回路についてを散々計画して、各役所で話し合い、ようやく合意を取り付け、技術の粋を集めて最高のものを作り上げた時、、、迂回させるものも人もいない、、、では笑い話にもなりません。

やるべきことをシンプルに決めたら、あとは即です。



特にこういう時です。

例えば今こういう時だからこそ、現実のハワイ島の姿とそしてそこにある自身の土地を見に行ってみる。

そういうことを「今」予定してもいい時です。

普通の時にわざわざ普通の観光旅行をするためにいくより、ずっといいです。

本当の姿を見ることができます。感じることができます。

そしてこれを体験できる機会はあまりないです。


その上で、自身の土地の場所をこのときに改めて認識し、実感すべきです。

溶岩流という現実からどれほどのところに位置しているのか、熱は、匂いはどうなのか。

周りの住民は今何を感じているのか、環境はどうなっているのか。


何もない普段に訪れても、いわゆる観光地を巡り、ガイドブックに出ているレストランと、リゾート地の広大な敷地内にある設備や施設だけで時間を過ごし、そして帰国です。

でも今なら、ワイルドな本当のハワイ島を、確かに今なら感じることができます。

こういう時でも普通に暮らすロコの姿を見ることもできます。


ついでにあなたの土地を、どこにあるかも知らないその土地を見て、そして周囲を感じ、与えられた責任と義務を、どうか今一度考えてみてください。


もし本当に今のこの溶岩流のこの時ですが、でも訪れたいと考える方がいたら遠慮なくお気軽に僕宛にEメールして下さい。aloha@hawaii-consultant.com

僕の現地の日本人の友人とかあるいは泊まるところだっていろいろ紹介できると思いますし、何ならご一緒できるかもしれません。


ハワイ島を感じるなら、普段よりも間違いなく今です。確かに希有な機会です。

雑誌もテレビにも載っていない、今の本当のハワイ島を、是非たっぷりと感じてみてください。

Mahalo with Aloha

笹本正明
海外ロングステイ相談室

Twitterhttps://twitter.com/hawaii96720


2014-01-28 14.11.13.jpg 2014-01-28 14.11.08.jpg
タグ:ハワイ観光
posted by 海外ロングステイ相談室 at 12:32 | ホノルル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○海外ロングステイ相談室から

2014年10月27日

ハワイ島火山・パホアへの溶岩流情報(避難勧告)

ハワイ島火山の溶岩流の最新情報は↓

Twitter https://twitter.com/hawaii96720 ←クリック




ハワイ現地時間の10月25日(土)の早朝3時50分、遂に溶岩流はパホアの町へ、アパア通りへ乗り上げてきました。


25.jpg 24.jpg 22.jpg

現在溶岩流は毎時10メートル強で進み、今墓地の辺りをパホアの街の中心部へと近づいてきています。


今後は予想経路に位置しているパホアの住民たちには、10月28日を目処に避難勧告が出される模様らしいのですが、何しろハワイの火山らしいゆっくりゆっくりの溶岩流なので、ぎりぎりでも間に合う、立ち退きたくない、という住民たちの気持ちのこともあり、この3,5日一軒一軒訪問説得に歩く郡役所の職員の姿も報道写真や動画にたくさんアップされています。(動画をクリックするとYouTube動画が見られます。)


実際に瞬時にその被害が甚大なものとなった御嶽山の噴火とこのハワイ島の火山は、火山の噴火という言葉こそ同じでもその現象は全くに違うものです。


ハワイ島の火山の今回のこの噴火は、常時活動中の火山が6月27日以降その活動に変化があり、そしてそこから日々更なる変化があり、時間を経て、時に止まり、時に活動を強めながら、ゆっくりゆっくりと溶岩流が流れてきての10月25日のこのパホアの町への到達だったわけです。


17.jpg 17.jpg 

そして(ハワイの火山の特徴的な)これだけ遅い溶岩流なので、且つその間負傷者も未だ無く、無人地帯を進んできたこともあり、代々火山の島に生まれ育ち、つまり溶岩流の現象に元来詳しいロコたちなら尚のこと、ここまで来ても尚、万一の場合はまだぎりぎりでも避難はできる、そしてそもそも郡役所の命令ではなく、あくまでペレのお導きに抗わずに従うというその気持ちは理解できる。


12.jpg 13.jpg


確かにここは火山の島なので、今までこの溶岩流が、わざわざ人の住む地域を避けて進んできたことについても、必ずしも偶然ではないのでしょう。


つまりは、そもそも危険度の高いところを元来分譲はされてはこなかった、ということでもあるのかもしれません。


11.jpg


水の流れも溶岩の流れも基本的には同じで、土地の高低差でその流れが決まる部分は多いのだと思います。


谷が流れを定め、高い岸壁が侵入を防ぐ、しかしそれでも予想の及ばない未知の部分も当然まだまだあります。


勢いであったり、強さであったり、、、そもそも溶岩流は生き物なのでその活動の生命力そのものが読みにくいのでしょう。


15.jpg 16.jpg


この数ヶ月間専門家たちによりいくつものの予想が発表されました。


でもその予想のほとんどが、パホアへの到達は本来もっともっと早い時期になっていたのだけれど、しかし大方の予想に反して約一ヶ月遅れて昨日の到着となりました。


ゆっくりゆっくりと進んだ溶岩流は、その間何度か歩みを止め、そのことはロコ曰く「ペレの思案中」と呼ばれていました。

ペレはこれからどうするか今考え中、、、だと。



23.jpg 19.jpg

この先のことは、、、もちろん予想はいろいろ出ているけれど、そしてでも、やはりこの先のことは誰にも分からない。


確率としては、やはりそもそもの分譲地の成り立ちや土地の形状を考えると、いずれこのまま130号線を超え、ハワイアンショアーズという分譲地とハワイアンパラダイスパークという分譲地のちょうど間を、その無人地域を進み、やがて海へ流れて出る、というのが一番多い予想経路のようだ。


 南プナ地図.jpg 緊急時の道.jpg


しかしそのときまで、さて、この分だとどれほどの日数が更にかかるか、それはまったく予想はつかない。




現実にわずか1週間前まで、本当にアパア通りへ乗り入れるかさえどうなのかと、にわかに疑問視された期間だって、僅か1週間10日前にあったのだ。ここ数日活動はずっと弱まっている、もしかするとこのまま沈静化していくのでは、、、と。



1.jpg 電柱.jpg

しかしここ3日また活動は活発となり、そしてアパア通りを超えた。



6.jpg 5.jpg


今墓地の辺りを毎時10メートル強で進んでいる。もうすぐパホアの街の中心地へ届く。


墓地.jpg 26.jpg



そしてパホアの街の中心部で、この辺りでまた土地の形状が変わるので、その時の溶岩流の勢いとの兼ね合いで、その後についてはまたその時になってみないと分からないのだろう。



言えることは、パホアの街はこのことで変わるということ。



21.JPG


2004年、2005年の米国住宅バブル期に、米国本土からこのプナ地域に移ってきたリタイア組のニューリッチ層の住民たち、ヒロから車で30、40分の農業くらいしか産業のないこの地に、決して経済的に恵まれてはいない層の古参のロコ住民たちが静かに暮らすこの地に、こうした米国本土の団塊の世代が一気に入ってくることによりプナ地区の人口は爆発的に増えていき、それに伴いこの片田舎のパホアの街にも大型スーパーが複数店舗建ち、洒落たレストランがいくつもでき、開発は更にもっともっと進もうとしていて、代わりに古い商店は静かに閉まりと、昔ながらのオールドパホア街はこの10年でがらりと様変わりをしていた。


2014-02-13 16.27.43.jpg 2014-02-12 10.23.29.jpg

辺鄙で一般受けなどするはずもない、でも言い知れぬ愛おしさのある小さな町だったこのオールドパホアは、最近では日本の観光本にまで見開きの写真入りで登場するくらいにまでなっていて、何と「是非訪れたい町」の一つとして、扱い良く紹介されている。


 2014-01-29 15.28.07.jpg 2014-01-29 15.28.39.jpg 2014-01-29 15.12.19.jpg


しかしその姿もまもなく無くなる。



 2014-01-29 14.21.34.jpg 2014-01-29 14.28.12.jpg


溶岩流の幅がだいたい40メートルほどというので、もちろんパホアの街全てを覆い尽くすものではない。しかしどこで分断されようと、一旦溶岩流が来たらもう10日前の街の姿には再び戻ることはない。




街は一時無くなり、そしてその後年月を経て再び別の姿として生まれ変わる。




あの観光本にも載ったパホア・タウンは無くなる。



2014-01-29 14.17.32.jpg 2014-01-29 14.18.28.jpg


そして歳月を経て別のパホアとしてまた生まれ変わる。




それがこの火山の島の日常でもあり、歴史でもある。



7.jpg 10.jpg

迂回路を急ピッチで工事する。


ボランティアが自然にたくさん現れる。

困っている隣人に手を差し伸べる。

食べ物を分け与える。水を汲み運んでくる。


それこそがいつものこのハワイ島。



4.jpg 3.jpg  

全てはペレのお導き。


だからこそ、人間たちは余計なことを考えないで、今できることをする、今すべきことをする、先を憂いていても仕方ない、それはペレの決めるべきことだから。




それよりも目の前に困っている人がいたら、まず助ける。まず自分のできることをする。




みんなオハナ(家族)だから。




島という一つの運命共同体の土地の上で暮らす、皆家族だから。



電柱カバー.jpg 溶岩流の上の橋!.jpg



こういう時だからこそ、ハワイのロコの逞しさ、楽観と達観が改めて伝わってきます。



生まれながらのロコでなくても、ここに長くいると自然と人にやさしくなれる、そういう島だと改めて感じます。


普段の観光の時に感じるハワイ島より、きっと今が一番ハワイ島らしい慈愛に満ちているのだと改めて感じます。



その逞しさ、そしてそれでもその笑顔、、、



だから、心から、、Aloha, our thoughts go out to our Ohana in Pahoa...


笹本正明
@海外ロングステイ相談室
http://hawaii-consultant.com/  


2014-02-15 10.53.24.jpg 2014-02-15 10.53.21.jpg 


posted by 海外ロングステイ相談室 at 10:39 | ホノルル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○海外ロングステイ相談室から