2019年04月17日

タイムシェアの売却

訪れたハワイ旅行で、まるで魔法にかかったように購入したタイムシェア。

「またここに来よう」「毎年来よう」「金額も割と手頃だし」と。

もちろん最初のうちは良かったです。
毎年利用しました。
利用できない時にはポイントの振替もできました。

特にハワイに別荘を持っていた時には、使い勝手も最高でした。
90日間の滞在中、例えば都内から軽井沢や熱海へ向かうように、ヒロからコナへと月一で通ったものです。

でも今ではもうそれほど使っていません。というより全く使っていません。
ポイントの振替だけです。
ハワイの別荘はもう売却してしまい、だからそれだけのために毎年行くことなど考えにくいですし。


もちろんそれでも費用は発生しています。
毎年毎年数千ドル、所有している限りそれはそうなります。

ただそのお金があれば、例えば日本国内で旅行もできます。
近場の海外旅行だって行きたい時に行きたいだけ行けるでしょう。
でも本当はいっそ老後の蓄えに回したいです

 IMG_1506.JPG IMG_1505.JPG

タイムシェアは確かに不動産です。
でも体感としてはゴルフの会員権のようでもあります。
だってせっかくのハワイ不動産としてのその価値は上がっていかないのですから。
逆に再販時には買った金額に到底及ばない価格での売却となるのですから。

何しろその市場は閉鎖的です。

一般のハワイ不動産市場の場合だと、世界中から広く買主を募るシステムがあります。
透明性があり、開放的で、誰もがどこからでも、全ての売り物件を探すことができます。
その上手続きだってシンプルです。
極端に言えば、DEEDと呼ばれる権利譲渡証書が登記所で登記されれば、それでもう所有権は移転されるくらいにシンプルなのです。

一方のタイムシェアの場合には、広い市場など存在していません。
個々の街場のタイムシェア再販業者がそれぞれに商っているだけです。
だから例えばマウイのカーナパリのある大手会社のタイムシェアを売却するためにと、たまたま見つけたホノルルの再販業者に預けてもいつまでも売れないことだって十分あり得るのです。だってその業者は、また別の大手の、例えばワイキキの虹色のタワーを持つタイムシェアの再販を得意とする業者だったりするのですから。

更にはタイムシェア再販時には、これまた一般不動産の売買時には無い手続き過程を踏むことにもなります。
売り出しをし、買主よりオファーが届き、そして合意となり、しかしそのまま登記へ進むわけではなく、まずはタイムシェア会社が拒否権を行使できるのです。そして場合によっては拒否権を発動し、買主がタイムシェア会社自体となることもあり得るのです。
それは売買の時のみならず、例えば売買無しで権利をご子息などへ譲渡する際も同様です。
例え譲渡人と譲受人同士で合意していても、しかし第一拒否権はタイムシェア会社にあるのが、このタイムシェア不動産の特徴なのです。

また売買無しの名義移転の際には、各タイムシェア会社により様々な決まり、手続き方法、そして負担金などあります。
それは一般のハワイ不動産の名義移転のそれに比べて、あまりに煩雑で、且つその費用は安いものとは言えません。

一例としてある大手タイムシェア不動産の場合ですが、名義移転時にはまず最初に第一拒否権の解除をリクエストする証書を作成しそれを提出することから始まります。その費用が約70ドルほどです。ただしこの証書には本人認証が必要となるので日本側で別途公証役場での費用が11500円かかることになります。

更にはギフトトランスファー(無償譲渡)であることの宣誓供述書も必要で、これにも日本で公証役場での手続きがあります。

この後は別途自身でハワイ弁護士に依頼しDEED(権利移転証書)を作成してもらい(別途費用がかかります)、日本の公証役場で手続きし、そして一旦ハワイ州登記所で登記した後で(別途費用がかかります)、その後現在のDEEDや新所有者の情報なども全て含め、タイムシェア会社へ郵送することになります。その際には再び、このタイムシェア会社の場合には、約400ドルの事務手数料を求めてきます。

尚これで終わりではありません。
晴れて新所有者となったオーナー宛に挨拶や説明の通知の他にまた新規としての費用請求もあるのです。

IMG_1415.JPG IMG_1413.JPG

買う時とは大違いです。
気軽に手頃に買えるのですが、しかし手放す時にはとても厳しいです。

そもそも一般の不動産と違い、どの業者を通じて売却したら良いか、まずそこが困りどころです。
的外れの業者に依頼したら、ただでさえ売れにくい狭い市場のタイムシェア再販です、もう延々売れなくなります。

何しろ次から次へと新しいタイムシェアが売り出されているのです。
再販を大々的に扱ってしまうと、成長が止まってしまうのです。だからタイムシェアの再販市場は常に日陰です。狭く小さいのです。

その上に手続きはやたらに煩雑です。しかも思いの外に経費もかさむのです。

そして極め付きは再販業者の手数料の高さです。
一般不動産の場合、ハワイ不動産の場合、戸建で6%、安い土地でも10%がせいぜいです。しかしことタイムシェア再販の場合20%とか25%というのもザラなのです。それくらい売れない、売れにくい市場ということなのですね。

タイムシェア再販の場合、どの方法が良いのかについては、一言では本当に言い難いです。

どこの島のどの会社のどういうタイプのタイムシェアなのか、譲渡が良いのか売却が良いのか、はたまた、、、。




どうかお気軽にご相談下さい。

「海外ロングステイ相談室」ができて、今年で12年目となります。
でも最初の頃となーんにも変わってはいません。
いつでもここは、あなたのための個人的な相談室です。

笹本正明



海外ロングステイ相談室
ホームページ   http://hawaii-consultant.com/
Eメール          aloha@hawaii-consultant.com
Twitter          https:twitter.com/hawaii96720



posted by 海外ロングステイ相談室 at 10:17 | ホノルル ☀ | Comment(0) | ○ハワイ不動産の売却