2020年02月12日

ハワイ不動産の固定資産税の支払い方(改)

前回のブログの中で、ハワイ島不動産の固定資産税の支払い方の一つとして「国際郵便為替」を紹介しましたが、しかしこの方法2020年1月から廃止となってしまったそうなんです。

そうなると、そもそも銀行間電信送金を受け付けていないハワイ郡役所もしくはほとんどの自治管理組合への支払いについては、今後は、ハワイ現地に銀行口座を持たない多くの日本人土地所有者の場合、もうクレジットカードによるオンライン・ペイメントしかないということになってしまうのかもしれせん。(あるいはご友人などでハワイ現地に銀行口座を持っている人に頼み、その人の小切手を利用させてもらうとか)

尚ハワイ郡役所宛に固定資産税を支払う場合には、請求書の右中ほどにあるATTENTIONの囲いにあるURL https://payments.ehawaii.gov/propertytax/hawaii から支払い画面に入り、まず自身のTMKをタイプし、そして次の画面へ行き支払い金額を打ち込み、また次の画面へ行きクレジットカード情報を記載するという工程となります。
もちろんこの画面は全て英語です。日本語の記載は一切ありません。

それから各分譲地(サブディビジョン)の自治管理組合(アソシエーション)から届く、組合費もしくは道路補修費などの支払いはもっと簡素で、請求書にそのままダイレクトにクレジットカード情報を書き込み、それをハワイへ返送するということになります。

カード手数料のことも当然ありますが、何よりカード情報を海外へ知らせるということに抵抗感がある方も多くいるものかと思います。しかし現地に銀行口座がない以上、外国人である我々に残された選択肢は現状かなり少ないです。


85127964_2692222944160585_7252226015018090496_o.jpg  84993168_10214352051108895_1159689746000117760_n.jpg

あと、ハワイ現地の銀行口座ですが、これに関しても今後は軽い気持ちで解約しないことです。

先の海外小為替の廃止と同じように、海外振り出しの小切手の換金業務に関しても、現在ではほぼ全ての日本の金融機関が辞めてしまっております。
なのでハワイの不動産を売却した際などに発生する各種還付小切手の類も、現状日本で換金することは至極困難なのです。

だから完全にもう必要ないとなるまでは、決してハワイ現地の銀行口座を解約しないことです。

そしてまた、解約時にも注意が必要です。

必ず解約した口座の残金を日本の銀行宛に「電信送金」で送金してもらうよう依頼することです。

断りがない場合、通常アメリカの銀行では残金を小切手で郵送して来るからです。
しかしあなたの現地口座は既に閉じられてしまった以上、その小切手を換金する場はもう無いということになりますので、どうかくれぐれもご注意を。



「海外ロングステイ相談室」ができて、今年で13年目となります。
でも最初の頃となーんにも変わってはいません。
いつでもここはあなたのための個人的な相談室です。

どうかお気軽に何でも訊いて下さい。


笹本正明

海外ロングステイ相談室


Eメール        aloha@hawaii-consultant.com
posted by 海外ロングステイ相談室 at 09:32 | ホノルル ☁ | Comment(0) | ○ハワイ不動産の売却