2009年02月03日

ホノルルへ(日本人のトラブル)

日本の人は「簡単に決めてしまい」、「あとで複雑なトラブルになる」そういうケースが多い、、、地元のエスクロー官や会計士からそう言われました。

確かにそういう傾向はあると思います。

P1030595.JPG


どうしてそんなトラブルに成ってしまっているのですか?
実際に相談を寄せられたケースにはそういう「?」のつくケースが少なくありません。

そしてそういうケースの場合、「完全解決」、は既に困難となっている場合が多いのです。


特に「結果的にお金を騙し取られた」というようなケースでは、訴訟を起こしたところで、結局は無いものからはお金を取り返すことは出来ません。

出来ることは「最悪の事態から出来るだけ遠ざかるようにすること」、その程度しかもはや手の打ちようがないのです。



P1030566.JPG

だから最も大切なのは「何より一番最初」です。


我々日本人の多くは、一度その人のことを信じてしまうと、その人の全ての面をも丸ごと信じてしまってはいないでしょうか?



特に海外のこと、自分には分からないことだらけの時、そんな時に現れた救世主、そういうような位置づけで「最初にたまたま出会ったに過ぎない」セールスマンや親切な現地の人を、そういう目で見てしまってはいないでしょうか?

P1030567.JPG

僕は今ここホノルルにいて、同行者であるクライアントのトラブルの最悪の事態からの回避のために、複数の会計士やブローカーとコンタクトを取っているのは、彼らの解釈や方策が人により大きく違うからです。


一人の会計士が「これは出来ない」と言ったとしても、別の会計士は「出来るよ」といともあっさり言う場合もあります。
普通は「出来る出来ない」以上に、解決方法がまったく変わってくるので、回収できる金額や、手続き内容が大きく違ってくることが多いのです。

だからいくつかの腕の良い専門家とコンタクトを取ることは必要なことです。

P1030552.JPG



あなたの出会ったその人は、間違いなく良い人だと思います。

でも良い人でも犯罪に手を染める場合もあります。

たとえば詐欺師とは常に良い人です。


P1030494.JPG

良い人の中にある悪い面を、あなたが起こしてしまっている事だってあります。


あなたはまだその人のある一面しか知らないのです。


P1030489.JPG

セカンドオピニオン、それを持ち出来るだけ複数の話を聞いて、その上で判断してください。


トラブルの解決に最も有効な方策は、「それを事前に防ぐこと」しかないと思います。









posted by 海外ロングステイ相談室 at 04:12 | ホノルル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○ホノルルへ・ヒロへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック