2009年11月15日

ホノルル出張(1)

今週からハワイに滞在しています

この気候があれば何もいらない、、、、僕にとってのハワイとは基本的にそういうシンプルなところ

ただごろりとビーチで寝転び、暖かな日差しを受けながらうつらうつら、、、、、。

幸せとは、こういうことかなあと改めて思う

暖かな日差し、温かな仲間。
太平洋の真ん中の孤島で、奇跡の確率で存在する天国の島
人生の時折に、奇跡のタイミングで出会う素敵な仲間たち

幸せとは、、、きっとそういうことだと思う。

IMGP0004.JPG IMGP0006.JPG IMGP0009.JPG


ハワイ島不動産(ヒロ地区でのある事件)

最近書きました上記ブログ記事、これに対しての反響を多数頂いております。

実は件の会社以外にも、今も昔も日本人を巡る海外不動産トラブルは後を絶ちません。

一つ会社が潰れても、手を変え品を変え、時には会社名だけを変えまた同じような行為を繰り返します。

実は僕は今、この件とは違うある種の詐欺事件の解決のためにホノルルに滞在しています。


本当に「どうして?」というくらいに、日本人をめぐるこういう一連の事件は、絶え間なく次から次へと起こっています。

IMGP0020.JPG IMGP0018.JPG



僕の仕事はあくまで、ハワイを初め海外へロングステイされたい人、海外留学や、海外ビジネスをされたい人、そういう個人やそういう法人のための各種サポートです。

長らくアメリカで暮らしており不動産業などに従事しておりましたので、ことアメリカの諸処に関しては些かの自負を持って出来ることがあります。

しかし僕は日本国内の法律家でもありませんし、消費者センターなどに関わって仕事をしている立場の人間ではありません。

だからこのような詐欺事件や悪徳企業に対して皆様が「出来ること」についての判断をすることは傲慢なことと考えます。
僕ができることは、皆様が「したいこと」「されたいこと」、それについてのサポートだけです。


IMGP0024.JPG


海外をもっと気軽に、もっと楽しんで欲しいということでこの仕事を僕はしております。

ですから海外を食い物にしている法人なり個人に対しては怒りを覚えます。許すことはできません。

しかしだからといって日本での法的根拠のない僕の立場で、何かについてジャッジメントすることもやはり傲慢ですし、そしてその行為についても許されることとも思いません。

IMGP0008.JPG

相談をお寄せ頂いた方の、その損害の全てを取り戻してあげることは僕にはできません。

でも被害にあわれた方には、これ以上もっと悪いことには巻き込みたくはない、そのために出来ることは何でもやりたいと思っています。

そしてこれ以上の損害を被らないように、更に本来の目的がハワイ生活だったなら、楽しいハワイなら、そういうことなら手遅れということなく今尚十分提供できる自負はあります。


IMGP0019.JPG

異議申し立て期限日までにできること、、、。

期限のあることですから知らないまま終わってしまっていた、というよりは出来るだけたくさんの関係者の方に知っておいてもらいたいとは思います。

しかしお知りになった後の判断はあくまでご自身でされるべきことだと思います。

判断され、もし弁護士なり消費者センターなりに相談に行かれ、しかしそのような機関はハワイの法律等には明るくはないでしょうから、その時には僕のほうで必要な証拠や証明をお出しすることはやぶさかではありません。出来ることは何でもさせていただきます。

でも決心もされていないのに、第三者の僕のようなものが、いたずらにあおり先導する、そのようなことはやはり慎むべきことと思っております。


IMGP0027.JPG IMGP0029.JPG


ハワイ島に何の罪もありません。

それ以前に、こういうのは全て日本で全て行われたことです。

日本の今回の企業を含む悪徳業者たちがハワイ島を食い物に、日本で勝手にやった(やっている)ことです。


とても素敵な島です。

広島や山口からの移民、、、、実際に私が知り合った人たちもそういう人たちの娘さんや息子さんがおります。

ハワイ島プナ地区ももとはサトウキビ畑です。
そこには我々の先人達、日系一世たちがいたのです。

白川モーテル、手島レストラン、90才くらいになっていますが、今も現役で、訪ねて行く度にいつも温かく迎えてくれます

滞在中の僕の楽しみはそういう人との触れ合いです。

古くどこか懐かしい、そういう言い知れぬ人情が、不思議にあの島にはあります。

ここホノルルにはない、そして東京にはもちろん無い、そういう懐かしい感情がそこにいくといつもこみ上がってきます。

そこにあの気候、あの奇跡の気候、僕個人はそれ以外何も要らない、何度も行っているのですが、でも行く度に毎回そう思ってしまいます。


プナ地域は、多くの日本人にとり、南国リゾートというイメージとは大分かけ離れた地域であるように思います。
多くの人の思うハワイのイメージとは、大きくかけ離れた地域であるように思います。

でもこれが本来のハワイです。
ワイキキのそれが本来人工なのだと思います。


そして現地プナでの人々は、そこで暮らす人々は本当に素敵な人が多いです。

今尚残る人情がこの地にははっきりあります。




全ての事件は日本で起こっているんだと思います。

この地の不動産の安さを悪用し、ハワイというイメージを悪用し、日本で日本人を対象に悪さをする、今尚それが続いています。


この地が大好きな日本人の一人としてできることは、そしてこういう一連の事件は当然この地には何の責任も無いわけで、ですから今後も「行きたい方のためにまともな手続きを」それをこつこつ続けていくしかないと思っています



一方で出来れば今後は、、、、

例えば今後はハワイ郡役所の住所をご自分のご自宅宛てに変更し、ご自身で固定資産税の支払いをされてみるとか、そういうこともどうか考えてみてください


今回の事件を初めとして、日本の海外不動産会社をめぐる一連のトラブルの現況の一つは、「お客様自身が何一つそのことに関わっていない」ということもあるでしょうから、何としてもせめて最初と最後は自身の手を通っていてほしいと思うのです


委任は簡単です。ましてや全権委任はもっと簡単です。
でもそれをすることでまた不透明な部分がでてきます。

もしご理解できないことの場合には、ご理解できるまで何度でも質問して下さい。

何度でもお答えします。
その上で、ご多忙などのことで、一部委任する、そういうことなら喜んで何でもさせていただきます。



とにかく、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい



             ハワイ島不動産(ヒロ地区でのある事件)についてや
       他の
ご質問お問い合わせは「海外ロングステイ相談室までお気軽にどうぞ。 


追申:
11月10日より約1ヶ月ハワイに滞在予定です。
したがいましてその間日本の携帯電話には出られませんし、
またFAXの受け取りは適いませんのどうかご了承下さい。
Eメールは通常通り、ハワイ滞在中も変わらず受け付けております。
ハワイで使用中の携帯電話の番号はその時お知らせいたします。
(もしくはこちらからお電話申し上げます)


IMGP0032.JPG IMGP0033.JPG

posted by 海外ロングステイ相談室 at 10:53 | ホノルル ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○ホノルルへ・ヒロへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック