2010年03月19日

日系人の町

先週、、ヒロとホノルルへ行った。

毎度毎度の出張旅行。

当然海水パンツもビーチサンダルもトランクに入っていない。

荷物はパワーブックと分厚い書類のファイルで占められる。


IMGP0724.JPG

それでもやっぱり心が躍る。


毎度毎度のことなのに、毎度毎度高揚している。


そこに行くと、心が強くなっていることを感じる。

息を吸い、太陽を肌に受ける、、、、

言い知れぬ力が身体にみなぎってくる。


がんばっていきましょ!

ハワイ出張だけは、何故だかいつも特別だ。

IMGP0732.JPG IMGP0733.JPG

喧騒のホノルルから一路ビッグアイランドへ向かう。

たった45分で別世界だ。
 

ノスタルジックで、静寂で、のどかで、そして空が広い。

人が少ない、日本人はほとんどいない。 

今回タナカさんやイトウさんやイシバシさんにお会いしたけど、誰一人日本語を話せない。
既に皆、3世、4世、、、、ここで生まれてここで育った世代。

ここヒロが我が街、ここビッグアイランドだけが故郷だ。

日本はあまりに遥か遠い。
ホノルルにしたって、遥か遠い、ここはヒロ、日系人が多く住む町。
 


IMGP0725.JPG


11号線から130号線へ分れ、右手に高校を過ぎ、左手にファーマーズマーケットを過ぎると、やがて二つに道が分れる。

つい数年前までは何も無いただの三叉路だったそこに、4年ほど前からショッピングエリアが出没し、今また隣接する地に新たなショッピングエリアが建設中だ。

今度のそこには「ロングスドラック」が入る。

うわさではずっと「ウオールグリーン」が入るといわれていたのだけれど、今はもうそこにロングスの建て看板がしっかりある。


実はこのロングス、カリフォルニアやホノルルでは常にレジに列の絶えることの無いお店として有名で、だからこの地にその店が入るということはかなり衝撃的なことなのだ。

つまりロングスのマーケットリサーチ担当者の読みが当たれば、この周辺地域は今後大いに期待が持てる地域となるだろうし、もし外れれば僅か1,2年で撤退しているというわけだ。


それにしても便利になったものだ。

この周辺地域に限らず、もっと海よりのもっと火山口に近いサブデビジョンに暮らす人たちにとり、この地にこういうショッピングエリアができたこと、それももっと規模を大きくし今更に拡大していることは、暮らしをとても楽にしていくことだろう。

海岸のカラパナの火山口近くからは、今まで一番近いショッピングセンターまでは1時間以上も掛かった。
でも今ではここまでわずか数十分。
 


便利になる。
そしてそうなると当然、人は集まってくる。
つまりは、地価だってやがて上がるかもしれない。


つまりロングスの成功は、ロングスのマーケットリサーチ担当官の分析は、この周辺地域の人々の生活だけではなく、その経済を劇的に変えてくれるかもしれないのだ。



それにしても、「ロングスドラック、、、まさかここでお目にかかるとは、、、確かにいまだに信じられない。
  


IMGP0739.JPG


今回の出張で、ハワイの杜にまた家が建つことになった。

日本語を話せない日本の苗字をもつヒロの子の手により、家が建つことになった。 


毎度毎度の出張旅行だけど、「ハワイの杜で生活を、、そのためなら疲れは感じない。

そのためなら何でもやってみる。


必ず素敵な生活を、、、ここでのあのわくわくの生活を満喫するために、、、。

IMGP0478.JPG

ハワイの杜で生活を、、


だから今は、少しだけ踏ん張りましょう。
 


時は変わります。

あのロングスだってこの地にやって来たのです。 


今からが、このどん底からが、ようやくスタートです。  


IMGP0784.JPG IMGP0802.JPG

ハワイ、ヒロ、、、。
 

日系人が多く暮らす町。

日本で生まれた日本人の僕なのに、ここを訪れると何故だか不思議にふるさとに戻ってきたようなそんな気分にさせてくれる、ここはそういう特別な町。 


この地の空気を大きく吸い込み、貴重な太陽を浴び、、、、言い知れぬ力を身体にみなぎらせて、、、

さあ、もう少しだけ、がんばっていきましょ!
 

マハロ   

IMGP0807.JPG
posted by 海外ロングステイ相談室 at 16:53 | ホノルル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○ハワイの杜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック