2011年08月15日

ハワイ島ワイコロアビーチリゾートのコンドミニアム

8月13日午後5時45分に「相談室(個別質問BOX)」の問い合わせフォームより、「ハワイ島ワイコロアビーチリゾートのコンドミニアム」に関することでご連絡を頂戴しましたSさん、、、。 

問い合わせフォームに記載していただいた連絡先のEメールへ何度返信しても、残念ながらどうしてもエラーとなってしまい送受信の後直ぐにこちらに戻ってきてしまいます。


おそらくはお問い合わせフォームへEメールアドレスをご記入の際に、よくあるたまたまの打ち間違えなのでしょうが(私もこういうの時々ありますので。笑)、残念ながらこれにより小生からSさんへお問い合わせの件についてのご連絡を差し上げることができません。 


234199318.jpg 234199319.jpg

お問い合わせの「ハワイ島ワイコロアビーチリゾートのコンドミニアム」に関しては、これは昨年の4月に小生が個人的に親しいハワイ現地の売主からの依頼でたまたまブログに載せた物件だと思います。(お問い合わせの件はこの物件のことで間違いないでしょうか?)

この物件に関してはブログに載せた途端に思いがけない程の、驚くほどのたくさんの反響を頂き、更にはブログに記載して一年以上が経過しても未だに問い合わせていただくことの多い物件です。

この物件はビスタワイコロアというコンドで、ブログでご紹介した部屋はお蔭様で早々に買い手が見つかりました。  


234199317.jpg 234199320.jpg


今はこういう時期ですから、正直言って、はっきり言って、売り物件は次から次へと出てきます。

もちろんその中にはこのビスタワイコロアの物件もあります。

あらゆる新しい物件が、情報が、毎週のように、毎日のように、MLSにどんどん掲示され追加されます。
 

ただ、いわゆる「アフォーダブル」な物件はMLSに掲示されると、ほんの数日か1週間もするとたいていすぐに「アンダーコントラクト」に表示が変わります。

一方他の多くの物件はずっと表示は「アベイラブル」のままで、MLS掲示後100日経過、162日経過、、というものばかりがずらりと並ぶ昨今です。


つまりどんなスローなマーケットでも、どんな好景気な市場であっても、ほんの3日や1週間で掲示から表示が変わるもの、掲示から姿を消す物件に関してだけは、不思議と変わらないようです。

それがいわゆる「アフォーダブル」な物件であり「リーズナブル」な物件ということだと思います。
 


234199316.jpg 234199313.jpg

我々日本に住む非居住外国人の場合、良さそうな物件があってもそうそうその度に飛んで見に行くというわけにはいきません。

コスト高にもなるし、更にはいくらなんでも明日明後日に突然思い立って行けるケースなど多くはないでしょうから、物件のアポイントメントとって3週間後の内覧のためのチケットを買って、、、そのためにわざわざ見に行っても、果たしてその物件は価値が、、、どうでしょう、、、、3週間もそのまま掲示されたままの物件です。

1ヶ月後もまだ市場に残っている物件の内覧をするために、わざわざ時間を割いてコストをかけて、ハワイまで飛ぶ、、、、その必要性は、、、どうなのでしょう、、、、。

内覧を申し込んでエアを予約しようとして、でも予約する前に売れてしまった、、、本来はそういう物件こそ見る価値があるもの、、、。



いつまでも売れない物件には必ずそれなりの理由があるものなのです。 





非居住外国人ですから、そうそう自身で飛んでは難しいです。そしてそれは現実的ではありません。コストパフォーマンスも悪すぎます。

ましてこの時代、写真も動画も、あらゆる情報は遠くに居ても相当に精度の良いものを手に入れることができる便利な時代です。



だから自身で行く時にはいっそハワイ不動産の契約時に選択できる「インスペクション期間」(買主やその代理人が現実の物件をチェックし、そしてその期間内なら正当な理由があれば中途解約もできるオプションを最初に選択できる)のようなものを利用して、契約後にきちんと日にちを特定しハワイへ飛び、そこで初めて自身でチェックするという選択肢だって、堂々と利用したっていいのではと思います。

234199306.jpg

アフォーダブルとかリーズナブルとは、つまりは須らくバランスです。

この物件なのにこの価格!この物件なのにこの条件!


でもその前に一番大切なのは、まずは本人が理屈抜きに閃いた場所、それが何より一番大切です。




その上で、今度は、もちろん価格、そして当然環境、そしてエトセトラ、エトセトラ、、、。 


234199307.jpg

 「海外ロングステイ相談室」ではホームページにも記載してありますように、相談料というものは一切頂いてはおりません。
何度でも繰り返し相談していただいても無料です。

しかしもちろん相談室はボランティア団体ではありません。
私自身は主にハワイ不動産に関わる仕事の、つまり営利目的の一個人事業主にしか過ぎません。

ただこういう相談室のような場所を始めた根本には、やはりごく普通の日本の方でも、現地の人たちと同じ条件で普通に当たり前に、向こうで楽しく生活できるようになることを目指してですので、、、、そのためにはまずは話をしないことには、それ以前にまずは話を伺わないことには、、、、つまりはまずはあなたの目指すもの、イメージしていること、それを知りたいのです。それを知らないでは、何も動きようがないのですから。

人の生活には必ず人それぞれの個性があるので、カタログ販売のように物件だけ並べていても、きっとそれだけでは多くのミスマッチも起こる気がするのです。つまり物件は所詮物件で、目的はその方に合ったハワイ生活そのものなのだと思うので。


何よりまずは最初に個人個人の方の目指すもの、目指したいもの、それは漠然としたイメージのようなものでいいのです。
たとえ今現在本人自身が明確に具体的なイメージを掴めていなくても、、それはいいのです。というか、きっとそういうものです。知らないのですから、当然なのです。


だから我々のような業者は、まずとことん話を伺い、その上であれこれと我々が動いて、具体的な情報を収集して、具体的なプランとしてつめていき、もしあなたが、あーこれこれ!こういうモノがほしかったんだよ、と言ってくれれば、それが最高なのです。
 


ともかく事前にきちんとお話を伺っておきたいのです。
それがないと必ず後でズレが生じますし、ミスマッチや、無駄な手数も増えるし、更には出費もかさむと思うのです。



IMGP0756.JPG IMGP0757.JPG 

更には、我々非居住外国人のハワイ生活には、現実問題として、現地の人たちと違い、例えば不動産だけ、学校だけ、車だけ、確定申告だけ、というカタチで、それぞれに別個に、、、ということはできません。

生活である以上、必ずすべてのことはリンクしているし、またそういう前提で最初から計画していかないと後で問題が発生しやすくなります。
良い不動産業者から安く質のよい不動産だけ買った、でもその家はキャッチメント式(雨水ろ過)の水道で(ハワイ州では意外とそういう地域が今尚たくさんあります)、だから常駐している現地の人には問題はないけれど、数ヶ月留守にする日本人には、いちいちタンク内の清掃、水抜きなど、手間がかかるなど、そういうこともあります。 
もっと言えば、火災保険の金額の極端に高い地域、火災保険に加入できない地域、、、、だってあります。
人に貸すときのゾーニング指定による地域地域による賃貸システムの違い、、、、もあります。
当然そういうのはかなり日本と違いますし、更に現地のアメリカ人と非居住外国人である我々とでは制約や税率のことなども含めその多くがそもそも異なっています。
 

何事も個別にではなく、できるかぎり、特に最初は俯瞰で捉えていった方が良いように感じています。   


Jacuzzi_MLS.jpg

私は個人事業主で且つただシンプルに大好きなだけが理由でこの仕事をしております。

そういうことで私のすることは限定はしていません。

まずはお客様からお話を伺い、そしてその方の求めているものをとにかく何とか全力で掴み取ろうとし、そしてあとはそれをゴールに、全てのコネクションをフル稼働です。

基本は「良いものを安く」ですが、あとはもちろん手続きの前後のこと。

特に我々非居住外国人の場合は、不動産取引そのものだけではなく、前途しましたようにこれに派生する諸々全てに、いろいろな情報や手立てが必要となってくるので、ですから私の場合はそれこそその方のニーズにより、関わること全てに今までもこの先もお手伝いしていくことになります。
(つまりは必要なときは一番近くに、でも普段はずっと遠くにいる、というスタンスです)
 


希望によっては、例えば物件購入後に向こうに一緒に行き、例えば私の懇意の庭師やリフォーム業者などを直接引き合わせ、お客様の希望を基に、その場で皆で喧々諤々しながら、庭つくりや、リフォームをしたり、、、、、あるいは現地でのユニークな学校や、そういうものをご希望により手配したり、もしくは必要のある無しはいろいろあるとして、例えば不在時の管理をしてくれる緊急時の対応をしてくれる現地に暮らすバイリンガルの日本人をご紹介したり、、、、いろいろです。 


個人なのでフットワークも軽いです。親しくなった顧客の方の中には、夜中や明け方にも普通に電話してくる方もいますし、日曜土曜もあまり関係ありませんが、でもそういうことは自身まったく気になりません。
もともとが時差のある海外のことですし、それにこのハワイ不動産に関する問題は、顧客にとって金額的にも決して小さなものでもないですし、それでいて問題はかなりとても個人的なことでもありますので、本当に顧客それぞれに付き合い方やそのリクエストは様々で、そういうものだと思っています。

ただもちろんこちらもたまには電話に出られない場合はありますが、その時には時間を改めて掛けなおしますので、その辺りはお互いに気楽にハワイ流でいきましょう! 


ともかく、、、、

8月13日午後5時45分に「相談室(個別質問BOX)」の問い合わせフォームより、「ハワイ島ワイコロアビーチリゾートのコンドミニアム」に関することでご連絡を頂戴しましたSさん、、、もしこのブログを読んでいただけましたら、是非再メールしてください(ただ今度は誤字脱字に注意しながら、、、笑)。

aloha@hawaii-consultant.com
マハロ&アフイホウ
笹本正明
海外ロングステイ相談室

0bd95ebd0ba95fb1f4c56150f36fc02ee43b03e4.jpg


posted by 海外ロングステイ相談室 at 11:35 | ホノルル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○海外ロングステイ相談室から
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック