2014年11月28日

ハワイ島火山情報(サンクスギビングの日のパホア)

ハワイ島火山の溶岩流の最新情報は↓

Twitter https://twitter.com/hawaii96720 ←クリック



パホア11.jpg

「The Pahoa Village Road was reopened to all traffic at noon yesterday 」

(パホア・ヴィレッジ・ロードの通行制限は昨日正午をもって全て解除されました。)




そして今日は、現地日付の感謝祭の日で、祝日です。



本来の感謝祭(Thanksgiving)の趣旨とは違ってくるだろうけど、きっとハワイ島では特にプナ地区のパホアでは、今日の日は「ペレの女神」へ感謝をしながら七面鳥を食べている家が多いのかな、と勝手に想像します。



静かな、穏やかな祝日です。


Happy Thanksgiving to all of you !




パホア7.jpg パホア10.jpg 


そんな祝日の今日、パホアの街の溶岩流先端部近くに暮らす歳の離れた友からシーズングリーティングのEメールが届いたので、今のハワイ島南プナ地区に住む住民の一人の声として、下記に訳しながら紹介したいと思っています。

(もちろん個人名については伏せています。)



パホア2.jpg パホア1.jpg パホア3.jpg




Dear Friends,


友へ


Please excuse the email blast; I thought I’d give everyone a quick lava eruption update this holiday.


今日の感謝祭の祝日に、我が友たちへハワイ島の現在の溶岩流状況を伝えたく思います。尚手紙ではなくこのようなEメールによる配信をお許し下さい。


Thankfully the lava from Kilauea Volcano has been in a stall at the flow front nearest us since October 30, though it continues to be active with numerous upslope surface breakouts.


幸いなことに、我が家に近づいていた溶岩流の最先端部は10月30日以後進んでいません。でも、経路途中で噴出している箇所はまだいくつかあります。


Before stalling, the lava had made its way to the edge of town before unexpectedly ceasing to advance, but not before it had overtaken a Buddhist cemetery, consumed a house and displaced over 1700 area students from schools potentially in its path. Since then, the closest recent flows have remained still, with little to no activity

near the front.


失速直前、いよいよ街へと迫っていた正にその直前、溶岩流は突如失速し、そのまま停止しました。いえ、正確には、、街境にあった墓地を飲み込み、一軒の家を焼き、更にはその後の予想経路に位置していた1700人以上の生徒たちが通う学校を立ち退かせました。しかしその時以後、溶岩流先端部は活動を止め、その後動いていません。


Even so, the volcano’s lava eruption output continues to be as active as ever at the source, with new surface flow breakouts presently occurring about 3 miles upslope from town. The steadily oozing downslope movement of these new outbreaks is now our biggest concern.


しかし先端部以外では、まだ火山活動は続いていて、途中噴出流は現在もまだパホアの街から南西に5キロほど離れたところで活動しています。心配はまだ尽きません。

But hey, the good news is we’re still here!


でも嬉しい誤算です。だって今日この日もまだ、我々夫婦はここで暮らせているのです!


This current eruption has been going on since 1983, and shows no signs of abating any time soon. Realistically, it could continue erupting for years or even decades. Despite the erratic nature of this slow-moving lava flow disaster, we give thanks in this Season of Gratitude that we have at least thus far been spared from what seemed on the dark day of October 30th to be the inevitably imminent destruction of our town within days if not hours.


実際に今回の火山活動自体は1983年から始まったもので、まだまだ終息の兆しはないようです。おそらくは、今後数年数十年火山活動自体は大きく小さく引き続き続いていくのでしょう。しかし感謝祭の今日、10月30日のあの日、溶岩流先端が街中へとぎりぎりまで迫ったその時のことを思うと、今、こうして今日の日を迎えられたことに深く感謝せずにはいられません。


That the lava suddenly and unexpectedly ceased all forward movement October 30th−literally only yards from a residential subdivision and less than 100 yards from our main highway in and out of our community−seems nothing short of a Miracle to those of us living on its fiery edge.For everyone so inclined, our community continues to welcome and appreciate your prayers.


10月30日、溶岩流は思いがけず突然に、その歩みを止めました。文字通りあとほんの少しの距離で街の商業・居住地域へとなるところでした。そしてその先は南プナ地域の唯一の幹線道路への乗り上げへと、正にもうぎりぎりにまで迫っていたところでした。正に奇跡的です。きっと皆の友たちのたくさんの祈りが通じたのでしょう。


Also on the upside, we’ve heard from many residents sharing similar stories with each other. All describe the outpouring of love, friendship, and touching gestures of genuine care, kindness and affection gushing forth in abundance from family and friends both near and far in response to our volatile dire straits. For those of us in Pahoa, this bounty of heartful support has been the life-sustaining silver lining to the life-suffocating sulphuric clouds at times befouling our air!


今回の災時にあって、しかしでも、遠かろうが近かろうが家族から友たちからの、たくさんの励まし、愛、親切、祈りに、我々がどれだけ励まされたことか、どれほど心癒されたことか、、、我々夫婦だけでなく地域住民たち皆一様にそう話しています。たくさんの皆からの、我々パホアの住民たちのための惜しみない心温まる支えの数々が、正にこのヴォグの煙った空と同じ気持ちの毎日の中で、心の支えであり希望の兆しでした。


As everyone knows, the heart knows not distance when it comes to love. No matter what radical life changes may lay ahead, my wife and I feel especially rich and blessed this year with an abundance for which to give thanks.


「愛」は例え離れていても伝わることを我々は知っています。たくさんの「愛」をもらい、妻にとり私にとり、とても実り豊かな素晴らしい1年だったと改めてそう思いそして感謝しています。


And so dear friends, from the bottoms of our hearts, we extend our gratitude to each and every one of you for the many loving kindnesses you’ve shown us in the many beautiful ways you have−Thank you! Thank you! Thank you!


友よ。心からの感謝の気持ちを。たくさんの愛と親切に対して、感謝、感謝、です。


Your outpouring of love and kindness,


Are a Life-Changing Blessing!


You are the gift,


And we the fortunate recipients


For whom it makes all the difference.




溢れる貴方の愛と親切心は、


時に誰かの人生を変える大きなギフトとなります。


貴方の思いは、それを受け取った幸運な誰かの心を、


きっと変えることでしょう。




This holiday season know we are fondly thinking of you, our hearts bursting with gratitude and appreciation for your friendship, and wishing you and yours a very Happy Thanksgiving.


今日のこの感謝祭に改めて貴方への感謝の思いを伝えます。心からの感謝の思いを込めて、、、「ハッピー・サンクスギビング!」


And to all on both coasts and everywhere in the middle of the country, presently or soon to be in the path of major snowstorms and/or heavy rainstorms over this holiday week, may you be protected and secure. Safety first!


そして今日の祝日に大雪や嵐の地域に居る友たちよ、どうか安全に大事無く過ごして下さい。無事が何よりです。どうかどうかご自愛下さい。


Bless your hearts,


お祈りしております。


Your friend


友より


http://zohopublic.com/zohocampaigns/happy_thanksgiving_zc_v5_364000003755004.jpeg




明日のことはもちろん誰にも分かりません。


本当に神がかりに、奇跡的とも思えるほどに、パホア・ヴィレッジ・ロードへあと150メートルと迫った溶岩流は、しかしそこでピタリと進行を止め、そこから今1ヶ月が過ぎました。そしてその先端部は今冷え固まり始めています。


でももちろん不安です。

火口から、そして途中からの噴出はまだ完全に終わったわけではないので、だからまだまだ不安は残ります。


何よりずっと何ケ月もこういう状況下の中で、住民たちのストレスはぎりぎりのことでしょう。



でも奇跡だって起こります。


人の優しさや思いにも触れます。


こういう時でも、こういう時だから、その声は励ましとなり癒しともなります。




感謝します。感謝の心を深く思います。



今日は確かにそういう日です。



感謝する日です。



Thanksgiving です。


Happy Thanksgiving to all of you.





そして、アロハの想いを彼の地の友へ。


Aloha. Our thoughts go out to our Ohana in Pahoa.


笹本正明
@海外ロングステイ相談室
http://hawaii-consultant.com/  

溶岩7.jpg



posted by 海外ロングステイ相談室 at 11:31 | ホノルル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○海外ロングステイ相談室から
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック