2008年02月25日

海外ロングステイ その不安#1

海外生活。海外ロングステイ。

それを決めた時、心は沸き立ちます。
たくさん出会うだろう出来事を想い、胸躍ります。

でも、ふと現実を考えます。
病気になったらどうするんだろう?
ペットはどうやって連れて行けばよいのだろ?
留守宅の管理は誰にお願いしよう?
考え出すときりがないくらい、心配事が増えてきます。

con07.jpg

やっぱり、一週間の旅行にしようか。

結局いつもの結論に戻ります。

海外生活、海外ロングステイは、断片を移動して周る旅行ではありません。
たとえ一時的にでも、そこに根をはり暮らすことです。
まるで落ち着ける我が家のようにその家で生活し、たとえば地元で習い事をしたりして、気の合う仲間を見つけ、交流する。近くのマーケットやカフェに通ううちに、声を掛け合うようになる、些細な交流。そういうものが大きなかけがえの無い喜びとなるでしょう。そこは外国です。

今まで海外旅行で店員さんに声をかけられることはあっても、普通の人たちと交わったこと、残念ながらなかったでしょう。

海外から来た留学生がたった一ヶ月間のホームステイのことを、いとおしく忘れないのはホームステイ先の家族との触れ合いの思い出がそうさせているのだと思います。決して東京タワーや六本木ヒルズを観光したからではないでしょう。
コミュニケーションは不自由だったでしょう。しかし人と人はそれ以外で結びつくものは、確かにあるのだと思います。

その想いを味わわないで、また今年も外国の六本木ヒルズを見に行きますか?

con11.jpg  con12.jpg

ふと、現実。知らないことは不安を生みます。対処できるはずのことでも、する術を知らないがために、不安は何十倍にもなり、やがて、諦めよう、となるのでしょう。

解決の方法は必ずあります。そしてその答えは決して一つではありません。まずゴールを定め、そのためにどうするか、です。


お手伝いが必要な時は、声をかけて下さい。知っていることもありますし、もちろん未だに知らないこともたくさんあります。

僕が海外で長く暮らせたのも、初めにそういう人たちと出会えたからです。それはやはりいとしい思い出として、僕の中に今でも残っています。

http://hawaii-consultant.com/



posted by 海外ロングステイ相談室 at 21:37 | ホノルル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○海外ロングステイの不安
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック