2008年03月02日

シンドバットの冒険

遠くに行きたい。知らないどこかにいってみたい。

City001.JPG  City005.JPG

子供の時から、ずっとそう考えていた。

知らないどこかにきっと、わくわくするシンドバットの冒険のようなものがあると、そう信じていた。

そして大人になって、知らないどこかに行き、そこに住みつき、暮らした。

シンドバットはいなかったけど、冒険は確かにあった。
どきどきは毎日で、でも時々心の底から嬉しかった。

今も遠くに行きたいと思う。
ふつふつと思っている。
そして、きっといつか再び遠くにいくだろう自分がわかる。

大人になったら変わるって言っていたよね?
でもぜんぜん変わらないんだ。
どうしてくれる?

遠くにはいつもわくわくする、どきどき、がある。それがたまらない。
posted by 海外ロングステイ相談室 at 19:11 | ホノルル ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ○and others
この記事へのコメント
何処か遠くへ向う時 

ドキドキの楽しさが、ナカナカの心細さと相対位置にあるとすれば・・・
前者の方がお日様に近いですね(:

ワクワク 好奇心 探究心 冒険心
興味シンシンのシン・・・
心と身体 両方の健全性は重要なポイントですから 
Traveling Soulに乾杯

素のままの心の部分が 旅を求めるのかも知れません?
その余白は素敵です。

Lucky・幸運で在る事も又確かなり・・・ 

旅立つその場所に、置いていくものもあるでしょう。

それぞれ求めるものは違っていても 心が見るのはPeacefulな情景

センセーショナルなものよりも、しっくりと馴染む 洗いざらしの感触だったり
有名なナントヤラよりも、ありきたりの何処かの国の日常だったり

ナントナクの誰かの微笑みに、ナントナクの微笑みで応える事は、怖い事などではないでしょう

Let go , and enjoy・・・
Yes? 

楽しみに読ませて頂いております。
 
Mahalo(:
Posted by CHIZ at 2008年11月22日 09:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック