2008年05月28日

海外不動産購入時の注意点

海外不動産購入時の注意点

購入時には、「売却時」の説明を詳しく受けておいてください。

2008-04-11.jpg


いきなり水を差すようで恐縮ですが、これはとても大切なことです。

購入時、今あなたは夢と希望に満ちておりますが、ロングステイには必ず終わりがきます。

その時、どうやって不動産を処分するのか初めによく説明を聞いておくことが大切です。

国により、外国人に対する不動産売買に制限があるところ割と多いのです。
新築の購入は出来ても、中古の売却は出来ないとか、売買に価格制限があるとか、税金面での条件とか、いろいろあるのです。

特にアジア地域の場合、所有権付の不動産を購入できる国が非常に少ないです。
たとえ売買可能な国でも、外国人が購入して良い不動産については、いくら以上の不動産限定というように、制限を設けている場合が多いのです。

とても嫌な言葉ですが、「日本人価格」、あるいは外国人価格ということがございます。

自国民の手の届く不動産は外国人には買わせない、外国人には高価な不動産を買ってもらう、という政策だとしたら、、、、売却時には売り手がとても限られてしまいます。

最初によくよく気を付けておかなくては、最終的に外国人にしか売ることのできない不動産を買わされる可能性もあるのです。





posted by 海外ロングステイ相談室 at 22:17 | ホノルル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ○ハワイ不動産の購入
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック